Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ircle presents「HUMANisM ~超★大乱闘編2020~」

Skream! マガジン 2020年02月号掲載

Halo at 四畳半

Official Site

the quiet room

Official Site

アルカラ

Official Site

感覚ピエロ

Official Site

2020.01.18 @TSUTAYA O-EAST

Reported by 三木 あゆみ / 稲垣 遥 Photo by MASANORI FUJIKAWA / 安藤 みゆ / シマ

2020年1月18日、渋谷TSUTAYA O-EASTにてircle主催のイベント"ircle presents「HUMANisM ~超★大乱闘編2020~」"が開催された。ircleが親交の深いアーティストたちを招いた同イベント。すべての出演者たちからは彼らへの愛とリスペクトが深く感じられ、時にバチバチと互いに刺激し合う姿も垣間見られた、ircle主催らしい人間味の溢れる1日だった。"愛情とフィーリングでどこまでいけるか"を掲げた同イベントのレポートをお送りする。


Rhythmic Toy World

トップバッターはRhythmic Toy World。1曲目、内田直孝(Vo/Gt)が弾き語りで歌い始めたのはバンドにとって大切な曲のひとつである「さなぎ」だった。会場に響く内田の力強い歌声、魂のこもったバンド・サウンドからは、このイベントへの想いがひしひしと感じられる。続く「いろはにほへと」では、ircleのメンバーの名前を使ったコール&レスポンスで観客との距離を縮めた。途中、内田から前日に奇しくも同じ会場で、この日の多くの出演者と親交の深いバンドの大切なライヴがあったことが語られる。そのあと披露された「ライブハウス」には、そのバンドや主催のircleをはじめ、共に歩んできた仲間たちへの想いが溢れていた。ラストは熱い応援歌「僕の声」をしっかりと届け、最高のイベント・スタートを切った。(三木 あゆみ)


[Setlist]
1. さなぎ
2. いろはにほへと
3. とおりゃんせ
4. ライブハウス
5. 僕の声


INKYMAP

続いて"元気良くいこうぜー!!"と飛び出してきたのは、INKYMAP。ステージから乗り出すほどの勢いでスタートした「Shine」では、サビで全員の拳が上がる景色が痛快だ。畳み掛けるように、疾走感のあるナンバーを続け、聴き手の底に眠っていた熱いものを湧き上がらせていく。Kazuma(Vo/Gt)が、ircleは大好きな先輩だということを話したのち、"めちゃくちゃいい日にしようぜ! 仲間の歌を歌います"と、披露された「白銀の夜に」は、優しい光で包み込むような温かさが感じられた。最後はエモーショナルなロックを鳴らす「Take The Lead」。とにかく全力投球でフロアに向かい、多くの人を巻き込んでいくバンドのパワーに圧倒された。(三木 あゆみ)


[Setlist]
1. Shine
2. Time Loop Stories
3. Mantis
4. 白銀の夜に
5. Reminder
6. Take The Lead


感覚ピエロ

出音一発でO-EASTに衝撃を与えたのは、感覚ピエロ。ソリッドで激しめな「Sing along tonight」の歌い出しから、鋭い刃で心臓を突き刺されるような感覚に陥り、まんまと感覚ピエロの世界に引きずり込まれる。"悪いけど、ircleのために魂込めてやらせてもらいます! かかってこいよ"と横山直弘(Vo/Gt)が放ち、アグレッシヴな「疑問疑答」と「拝啓、いつかの君へ」で追撃。そして、ド派手なビートで躍らせた「CHALLENGER」、会場全体を巻き込んで盛り上げた「A-Han!!」を経て、フロアのテンションが最高潮のままラストの「O・P・P・A・I」へ。大合唱も巻き起こし、約30分間で充実のアクトを見せつけていった。(三木 あゆみ)


[Setlist]
1. Sing along tonight
2. 疑問疑答
3. 拝啓、いつかの君へ
4. CHALLENGER
5. A-Han!!
6. O・P・P・A・I


BUZZ THE BEARS

"ircleが呼んでくれました!"と登場したのは、BUZZ THE BEARS。彼らはこの日、最速パンク・ナンバーを投下しまくり、なんと全部で9曲も演奏していった。「サンライズ」を筆頭に、そのスピード感で攻めまくり、フロアもそれに置いていかれないように食らいついていく。また、はじめましての客に対して越智健太(Gt/Vo)が"なんか変なの出てきたって感じの目線、最高です"と言っていたのだが、徐々に後方まで巻き込んでいく様はさすがだった。全員を躍らせたポップな「光り」、越智が"30秒もあれば人の気持ちは変えられる"と力強く叫び披露した「180°」、歌詞のひとつひとつを大事に紡いだ「ライブハウス」など、渾身の9曲で我々の心をぎゅっと掴んだまま駆け抜けていった。(三木 あゆみ)


[Setlist]
1. サンライズ
2. クライマー
3. MY WAY
4. 光り
5. サクラ
6. 180°
7. ライブハウス
8. 約束
9. 雨


ラックライフ

ラックライフは、ステージに上がる瞬間からもうすでに煮えたぎっていた。その気合を爆発させるかのように、一発目にアッパーな「リフレイン」をぶちかます。PON(Vo/Gt)が、"ircle、大好きなバンドやで"、"ircleはircleというひとつの生き物として生きているバンドやと思う"と思いの丈をぶつける場面が何度もあり、全5曲、一曲入魂する姿からは、彼らのこのイベントと仲間への想いの強さが感じられた。"日々を生きるあなたたちが頑張れる力を、今日持って帰れるように"とラストに歌われた「サニーデイ」では、気持ちが先行しすぎるあまりPONが冒頭の歌詞を飛ばしてしまうひと幕もあったが、それだけの想いは、彼らの音楽と共に十分すぎるほど聴き手の心に届いたであろう。(三木 あゆみ)


[Setlist]
1. リフレイン
2. 初めの一歩
3. 理想像
4. Lily
5. サニーデイ