Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

androp × SHE'S × Halo at 四畳半

2018年10月号掲載

androp × SHE'S × Halo at 四畳半

HAMMER EGG

Official Site

Halo at 四畳半

Official Site

Skream!とTOWER RECORDS、新人やインディーズ活動の支援を行う音楽プラットフォーム Eggsがタッグを組んだコラボレーション・イベント"HAMMER EGG"。その記念すべき第10回目が12月11日に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催される。メモリアルな節目を迎えた今回は、vol.4(2016年9月30日開催)に出演したSHE'Sと、vol.5(2017年2月16日開催)に出演したHalo at 四畳半が、ひと回り大きくなって"HAMMER EGG"に帰ってくるほか、スペシャル・ゲストとして、10周年を迎えて新たな環境で活動をスタートさせているandropも出演。"HAMMER EGG"恒例のライヴ前鼎談では、3人のフロントマンに、それぞれが思う"いい音楽とは?"というテーマで語り合ってもらった。

androp:内澤 崇仁(Vo/Gt)
SHE'S:井上 竜馬(Key/Gt/Vo)
Halo at 四畳半:渡井 翔汰(Vo/Gt)
インタビュアー:秦 理絵

-3人はそれぞれ面識はあるんですよね?

内澤:(井上と渡井の)ふたりは仲がいいんですよね?

井上:まだ2回目ですね。

渡井:いやいや、めちゃくちゃ昔から一緒にやってるから(笑)。

-あははは(笑)。ふたりは内澤さんとは面識がありましたか?

渡井:僕はご挨拶をしたことがあるぐらいです。

井上:SHE'Sのツアーにも出てもらって(2018年2月19日に京都MUSEで開催した[SHE'S Tour 2018 "Wandering"])。つい最近も弾き語り(2018年8月28日に開催した"FM802弾き語り部 夏季演奏会♪")で一緒だったんですよ。

-SHE'Sの対バンに、どうしてandropを呼びたいと思ったんですか?

井上:あのツアーでは"共演したい先輩を呼ぶ"っていうコンセプトがあったんです。それで声を掛けさせてもらったら、まさかのオッケーをくださって。

内澤:SHE'Sはピアノ・ロックって言われるバンドだけど、その枠組みだけじゃない音楽性を感じてたんですよね。それで一緒に対バンするのは面白そうだなと思ったんです。

井上:そのツアーの前に大阪でイベントがあったんですけど。そのときに初めて挨拶をさせてもらって。(andropは)まだ自分がバイトをしてたようなときから聴いてたバンドやし、第一線のアーティストっていう印象だったから緊張してたんですけど、ラフに話してくださいました。

内澤:ツアーの打ち上げではサウナの話ばっかりしてたよね(笑)。

-andoropとハロ(Halo at 四畳半)が挨拶をしたというのは最近ですか?

渡井:去年、僕らが大阪で自主企画のワンマン(2017年11月25日に梅田CLUB QUATTROで開催した"Halo at 四畳半 3rd mini Album Release ONEMAN TOUR「ぼくらの設計図の描き方」")をしてたんですけど。その前日に、僕らと仲がいいLAMP IN TERRENも大阪でツーマン企画(2017年11月24日に梅田CLUB QUATTROで開催された[LAMP IN TERREN TOUR "FOR TRUTH"])をやってて、その相手がandropだったんです。それを僕が観に行ってて。そしたら、テレン(LAMP IN TERREN)のヴォーカルの松本(松本 大)に、"andropに挨拶をしよう"って言われたんですよ。僕も、竜馬と一緒で昔から聴いてたし、"アーティスト"っていう存在だったので、緊張しつつ挨拶をしましたね。

-SHE'Sとハロは同世代ですし、対バン経験もありますけど、そもそも出会いはいつだったんですか?

渡井:これは忘れもしない(新宿)MARZ。

井上:覚えてる、覚えてる。

渡井:僕は今よりも陰キャラだったんですよ。

井上:俺、金髪だったよな。

渡井:だから絶対に仲良くなれないなと思った(笑)。

井上:それ、ずっと言うよな。

渡井:(井上は)人と仲良くなるのが上手なんですよ。そのときも他の共演者と話してて。僕たちはそれができなかったから、"すげぇ!"と思ってました。

井上:って言いますけど、そのとき共通の友達もいて結構一緒に喋ったから、俺は"あ、仲良くなれそうだな"と思ってたんです。

内澤:それが何年前ですか?

井上:5年ぐらい前かな? 2013年でしたね。

-内澤さんは、バンドマン同士で仲良くなるのは得意な方ですか?

内澤:僕も、こっち(渡井)寄りですね。

井上:たしかに(笑)。あれだけ対バン前とか打ち上げで何時間も喋って、弾き語りもやらせてもらったのに、未だに俺に敬語を使いますからね。

内澤:まだ金髪に見えるんです(笑)。

井上:どういうことですか(笑)!?

-(笑)音楽的なところでは、みなさんはお互いにどういう印象を持っていますか?

井上:(andropを)リスナーとして聴いてたころは、邦ロックのアーティストとして知ったから、王道のギター・ロックをやってるバンドっていう印象だったんですよ。でも最近は、その枠から外れてきてるなと思います。自分たちの核がありながら、いろいろな挑戦をしてる。Creepy Nutsと一緒にやった「SOS! feat. Creepy Nuts」(2017年8月リリースの8thシングル表題曲)もめっちゃかっこ良かったですし。

渡井:この3バンドって大きな枠で見たときに、そこまで遠からずな存在だと思うんですよ。そういう意味で、andropに対しては"僕たちはこうなっていくべきなんだろうな"って思うんですよね。目標とすべきというか。僕らもギター・ロックから始まって、最近はいろいろなサウンドを取り入れるようになってきてるので。

内澤:ありがたいですね。そんなことを言ってくださる方はあんまりいない。

渡井:絶対にいますよ(笑)!