Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

androp

2012年02月号掲載

androp

メンバー:内澤 崇仁(Vo&Gt)

インタビュアー:山口 智男

昨年9月にリリースした1st full album『relight』が現在もロングセールスを続けるandropが2月15日、1st single「World.Words.Lights. / You」と1st DVD『LIVE DVD "angstrom 0.3 pm" @SHIBUYA-AX』を同時リリースする。2009年12月にデビューした4人組。以来、音楽そのものを届けたいという純粋な想いと研ぎ澄ました音楽性が時代に求められるように支持を集めてきた。これまで行ってきたワンマン・ライヴは全公演がソールドアウトしているという。ピアノをフィーチュアしたダンス・ナンバーの「World.Words.Lights.」とドラムが暴れまわるアグレッシヴなギター・ロック・ナンバーの「You」――対照的な2曲を収めたバンド初のシングルと、映像と照明と音響が一体化したと謳われるライヴの魅力を捉えたLIVE DVDに込めた想いを、フロントマンの内澤崇仁に聞いた。

-2011年はandropにとって、どんな1年でしたか?

去年は3rd album『door』と1st full album『relight』、CDを2枚出させてもらって、ツアーも全国ツアーを2回、フェスも今までで一番出させてもらいました。僕らにとってはとても充実した音楽三昧の1年でしたね。その一方では3月の震災をきっかけに音楽と向き合うことがたくさんあったと言うか、自分達にとって何が必要で何が不必要か、これからどうしていくべきか、音楽をやるたびごとに考えさせられることが多かった1年でした。

-たとえば、何が必要で、何が不必要だと思ったんですか?

僕が必要だと思ったのは…アルバムを作るきっかけと言うか、アルバムに込めたテーマにもなったものなんですけど、希望だったり光だったりっていうものを、僕らは常に音楽に入れていきたいということを再確認しました。前まではぼんやりしたものだったんです。曲は自由に受け取ってもらいたいと思ってたので、希望だったり光だったりというものが曲を通して、最終的には感じ取ってもらえればいいなと思って、これまでは作ってたんですけど…3月以降はそれがより明確になったと言うか。

-聴いた人には希望とか光とかを確実に感じてほしい、と?

感じてほしいと言うか、確実に曲に入れていきたいってことですよね。

-ああ、それをどう受け止めるかは聴き手の自由なんですね。

そうですね。確実に入れていきたいと僕は思って、それが確信…僕の中で決まったことでした。

-逆に不必要なことって?

不必要って言うのかわからないけど、うーん、別にそうしてたわけじゃないんですけど、妥協するようなことだったりとか、「ま、これでいいか」っていうようなこととかは、音楽に対して思わないようにしようと改めて誓ったと言うか、常に徹底して向き合おうと思いました。そうじゃないと伝わらない。ステージの上でも自分自身が感動しなければ、感動っていうのはお客さんに伝わるわけがないって、そういうことを常に感じていようと思いましたね。

-1st full album発表直後のツアーがアルバムのタイトルを冠したツアーにならず、今年2月からのツアーがアルバムのタイトルを冠したツアーになるのがちょっと不思議だったんですけど。

1st full album発表直後の「one-man live tour“angstrom 0.4 pm”」はライヴハウス・ツアーだったんです。普段はあまり回れないような所や、これまであまり行ったことがないような所で、自分達の音楽を会場の大きい小さい関係なしに伝えることが目的だったので――これまでのツアーの意図と何ら変わらなかったので、それまでの延長で「one-man live tour“angstrom 0.4 pm”」と題したんです。だから、『relight』に入っていない曲もたくさんやりました。今回の「one-man live tour“relight”」は、文字通りアルバムのタイトルを冠したツアー。アルバムのテーマを伝えることに一番重きを置いてやります。「one-man live tour“angstrom 0.4 pm”」では、ほとんどやらなかった『relight』の曲を、やっとみんなに聴いてもらえることができるので今から楽しみです。

-じゃあ、リリースは昨年の9月だったけど、アルバムはまだ全然、新鮮なんですね?

うん、新鮮ですね。まだ自分たちの中で消化している最中と言うか、アルバムの曲を練習する中で「この曲は、こういう捉えかたもできるんじゃないか」って教えてもらうことも多い。その曲を、みんなはどういう顔をして聴いてくれるんだろうって、そういうことを考えると楽しいですね(笑)。