Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

androp

2014年08月号掲載

androp

メンバー:内澤 崇仁 (Vo/Gt)

インタビュアー:山口 智男

andropというバンドがついに完成したと胸を張る3rdフル・アルバム『period』、そして1万人の大観衆の前で演奏した国立代々木競技場での初のアリーナ公演から約5ヶ月。待望のニュー・シングル『Shout』が到着した。現在放映中のTVドラマ"家族狩り"に主題歌として提供した「Shout」他、バンドの最新モードを表現した3曲が完成。バンドのキャリアにおいてマイルストーンとなった大規模ライヴが同時にバンドをさらに成長させるターニング・ポイントにもなったことを物語る。内澤崇仁が新曲に込めたバンドの想いを、1万人ライヴの意外な裏話とともに語ってくれた。

-3月の国立代々木競技場・第一体育館公演の模様を収録したLIVE DVD/Blu-ray『one-man live 2014 at 国立代々木競技場・第一体育館』が今月27日にリリースされますね。1万人の大観衆を前にライヴをやってみてどうでしたか?

正直な話、ステージに立つまで不安でしかたなかったんですよ。もう普通に言えるんですけど、代々木でやるって決まってからステージに立つまで不安で不安でしかたなかったんです(笑)。チケットが売れなかったらどうしようとか、お客さんが来てくれなかったらどうしようとか、本当にライヴできるのかなとか考えちゃって。もちろん、代々木に向けてリハーサルも重ねてたんですけど、大きなところでやる不安はありました。会場が大きくなればなるほど、音がお客さんに伝わりにくいという印象があるんです。これまでももちろん、1曲1曲、想いを込めてやってきたんですけど、そのままステージに立ってしまったら、ステージから客席の真ん中ぐらいまでで止まっちゃって、そこから先には伝わらないんじゃないかって思えてきて、これはイカンなって。それで、もっともっと精度を高めないといけないって考えました。画像でも拡大すれば拡大するほど、粗が目立つじゃないですか。それと同じように、もっと鮮明というか、解像度の高い音にしないと後ろまで届かないんじゃないかなって考えたんですよ。

-解像度の高い音にするためには、具体的にはどんなことをやったんですか?

1曲1曲とことん話し合いましたね。もちろん全体の流れも考えました。セットリストもお客さんを置いていくようなものじゃダメだと思ったので、本当に何回も考え直しました。ちょっとのバランスの違いが大きな乱れになると思ったんです。

-その不安が消えたのは?

ステージに立って、幕が下りた瞬間(笑)。幕の前に立って、この幕の向こうに果たしてどんな光景が広がっているんだろうって思ったら、自分の思い描いている光景がそこにあるんだろうかってドキドキでした。ソールド・アウトって言ってるけど、実はお客さんいなかったらどうしようって(笑)。

-思い描いていた光景は広がっていたんですか?

いやぁ、それ以上の光景がありましたよ。幕が下りて、音が出た瞬間、お客さんの"うわー"って声が聞こえてきたら鳥肌が立って、よっしゃ。やってやるぞってなったんですよ。そこでやっと(笑)。

-今回、リリースするDVD/Blu-rayは観ましたか?

観ました。改めて、代々木のライヴが僕らandropにとってターニング・ポイントになったんだと思いました。本当に奇跡的な瞬間ばかりだったんです。ステージに立つ前と立った後では物の見え方も変わるというか、考え方も変わりました。

-どんなふうに変わったんですか?

代々木のライヴが終わったとき、達成感もあったんですけど、同時に、もっとできるはずじゃないかという気持ちもあったんですよ。今までの自分って、これはできない、あれはできないという制限を、自分から設けていたような気がして、そのせいでいろいろなチャンスを無駄にしてたのかな。無駄ではなかったのかもしれないけど、制限を設けることで、制限ギリギリのところまでしかがんばってなかったんじゃないかって思ったんです。それなら、もっと行けるところまで行ってやろうって。なぜなら、代々木に来てくれたお客さんに対して、もっといい音楽を届けたいと思ったからなんです。"今日のライヴで満足してもらっちゃ困ります、もっといい音楽を作れます"って。実際、代々木のライヴの後はいろいろなことが意欲的になって、レコーディグにおいてもライヴにおいても1曲1曲、より精度の高い音楽を作っていこうと思うようになりました。

-そう言えば、代々木のステージでも"どこにでも行けそうな気がしている"と言ってましたね。

言ってましたっけ(笑)?

-言ってましたよ(笑)。

その気持ちは今も変わってないです。それができる自分でもありたいと思いますし。

-ところで、代々木の後は表立った活動はしてませんでしたよね。その間は制作に打ち込んでいたんですか?

制作してました。今回のシングルは3曲とも代々木が終わった後に全部作ったんですよ。デモから作ってレコーディングして完パケるまで、ついこの間までやってました。

-休暇はなかったんですね(笑)?

ありましたよ。代々木が終わってからすぐに1週間ぐらい。その間、メンバーは海外に行ったりしてました。