Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

DATS

DATS

"バンドとは無駄の極み。だからこそ意地でも続ける"――DATSが見いだした自らの存在価値に迫る

VOI SQUARE CAT

VOI SQUARE CAT

この体制になって、"今までよりもっとレベルアップしたんだぜ!"っていうところを見せたい

Sori Sawada

Sori Sawada

自分をさらけ出す行為は贅沢。だからこそ放棄せず、見直しながら生きたい

LEGO BIG MORL

LEGO BIG MORL

ぬるま湯に浸かるだけじゃない覚悟、火のないところに煙を起こしていくからこその"気配"というアルバムなんです

Bye-Bye-Handの方程式

Bye-Bye-Handの方程式

"楽しくなければ絶対にやめる"青春期の延長線上で奏でるハイブリッド・ロック

SILENT SIREN × Poppin'Party

SILENT SIREN × Poppin'Party

すぅ(SILENT SIREN)×愛美(Poppin'Party)相思相愛フロントマン対談。 "ガールズ・バンドはみんな仲間、みたいな意識です"(すぅ)

SILENT SIREN

SILENT SIREN

私たちはバンドをやりたいし、やめようと思ってやめられるものでもない、もう自分たちだけの夢じゃないんです

CAT ATE HOTDOGS

CAT ATE HOTDOGS

曲単位じゃなく"CAT ATE HOTDOGS"が聴きたいって聴いてもらえるような個性を追及していきたい

トップハムハット狂

トップハムハット狂

話題のネット発ラッパー、トップハムハット狂――春夏秋冬を描く四季EPシリーズの第3弾『Jewelry Fish』に込めた青い決意

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT

学生時代の自分から卒業できそうだなって、マイルストーンとして置いた歌詞でもあります

ハンブレッダーズ×ハートアップ×FM AICHI "ROCK YOU!"

ハンブレッダーズ×ハートアップ×FM AICHI "ROCK YOU!"

バンドをやってる時間が自分の中でずっと"青春"なんですよね

Maki

Maki

23歳までの自分の人生がこの1枚になればいいなと思って作りました

ザ・モアイズユー

ザ・モアイズユー

"満たされない気持ちっていうのが、僕が音楽をやるきっかけやった"――4ヶ月連続配信リリース曲が浮き彫りにした揺るぎないバンドの個性

Nothing's Carved In Stone

Nothing's Carved In Stone

過去の足跡を辿ることで未来を切り拓いたセルフ・カバー・ベスト作

PEDRO

PEDRO

"人生は不条理で溢れてるけど、意外とロマンチックなんだよ"って伝えたい

キタニタツヤ

キタニタツヤ

混沌の時代に希望へと導くアルバム『DEMAGOG』完成―― "自分の弱さを肯定しつつ、それでも立ち上がる強さを表現したかった"

ニノミヤユイ

ニノミヤユイ

アニソンらしさとTom-H@ckさんらしさと、ニノミヤユイの世界観が絶妙にマッチした

BiS

BiS

"自分と向き合う時間がなければ生まれない感情がたくさん"――BiSのメジャー1st EPに迫る1万字ロング・インタビュー