Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

K

Kaco

Kaco

誰かがちょっとでもキラッと光る心を取り戻してくれたり 、前を向いたりしてもらえたらいいな

KAKASHI

KAKASHI

"終わりに向かう道の中で、どう歩きたいのか? を書こうとした"――劣等感を踏み越えて掴んだ、未来へのパスポート

MiMiNOKOROCK FES JAPAN in 吉祥寺

MiMiNOKOROCK FES JAPAN in 吉祥寺

人との縁を繋げるフェス、"MiMiNOKOROCK FES JAPAN in 吉祥寺"今年も開催!2年連続出演の日本語ロック・バンド2組による世代超えた特別対談

KAKASHI

KAKASHI

狭い規模のリアルを歌って、大きいところに行けたら面白い

"KNOCKOUT FES 2017 autumn"座談会

"KNOCKOUT FES 2017 autumn"座談会

若いダイヤの原石みたいなバンドがゴロゴロ増えてきた(森本 真一郎/下北沢MOSAiC店長)

KAKASHI

KAKASHI

"群馬のライヴハウスに明かりを灯したい" 多くの盟友が集う、故郷への愛詰まった主催サーキット・イベント開催

-KARMA-

-KARMA-

"これで10代の僕らに区切りをつけられたかなと思う"――高校を卒業した-KARMA-が描いた"リアルタイムの青春"

-KARMA-

-KARMA-

"今流行る曲じゃなくて、ずっと愛される曲でありたい"――札幌発の高校生バンドが描く日常の景色『イノセント・デイズ』

kalmia

kalmia

"言葉では伝えづらい大切な部分"を代わりに歌にしたい

KANA-BOON

KANA-BOON

いろんなタイミングで自分たちの曲に救われてたんやなって、改めてわかりました

KANA-BOON

KANA-BOON

47都道府県ツアー中に、音楽で繋がる希望を改めて見直して書くことができた

KANA-BOON

KANA-BOON

これから変わっていくKANA-BOONの第一歩になる大事な1枚ができた

KANA-BOON

KANA-BOON

新曲「夜の窓辺から」は、今一番伝えたいことが生まれた曲。KANA-BOONのニュー・スタンダードです

KANA-BOON × Skream! × バイトル

KANA-BOON × Skream! × バイトル

バイトしてるときは、曲を作ることがご褒美みたいな感じやった。バイトしていたおかげで曲がたくさんできたという思い出もある(谷口)

KANA-BOON

KANA-BOON

自分が感動できる曲が生まれて、みんなで形にしたときに喜べる曲ばかりが集まったアルバム

KANA-BOON

KANA-BOON

自分たちの曲で救われた感覚を久しぶりに持てたし、そういう意味で復活感がある

KANA-BOON

KANA-BOON

夢を叶えるたびに音楽が自分から離れる感覚があって......正直、ボロボロでした

KANA-BOON

KANA-BOON

周回を走るのはもういい。このシングルからコースの外に出ようと思います

KANA-BOON

KANA-BOON

スプリットを作ったことで自分たちにないものも特化してるものも見えた

KANA-BOON

KANA-BOON

"さぁここからどうする?"って冷静に考えられた、リスタートのシングル