Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

-KARMA-

2018年11月号掲載

-KARMA-

-KARMA-

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:畑山 悠月(Vo/Gt) 斉藤 陸斗(Ba/Cho) 金田 竜也(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

高校2年生のときにEggsにアップロードした楽曲がウィークリー・チャートで1位を獲得したほか、地元札幌の大型フェス"JOIN ALIVE"には高校生として初の出演。インディーズ・シーンでじわじわと注目を集める高校3年生の3ピース・バンド -KARMA-が、初の全国流通盤ミニ・アルバム『イノセント・デイズ』をリリースする。ギター、ベース、ドラムという無駄のない3人編成で鳴らすシンプルなバンド・サウンドに乗るのは、なんとなくうまくはいかないけれど、言うほど悪くもない他愛ない日々。今回の取材では、そんな-KARMA-の結成から現在までの話を訊いたが、少し暴走気味に突っ走るヴォーカル 畑山悠月が巻き起こす予測不能の回答に、笑いの絶えないインタビューとなった。

-悠月さんと陸斗さんは幼馴染だそうですね。どういう経緯でバンドを始めたんですか?

畑山:僕と陸斗は小中高が同じで小1からの親友なんですけど、バンドを組んだのは高校1年生のときですね。竜也だけ高校が違うんですけど。

金田:僕は高2のときにライヴハウスでふたりと知り合ったんです。

-高校生になったらバンドをやろうと思ってたんですか?

畑山:僕と陸斗は小中で野球をやっていて、野球をやめて暇になったときに、陸斗に"お前、ベースやれ"って言ったんですよ。

斉藤:ちょうど受験シーズンだったと思うんですけど、夜公園に呼ばれて、いきなり"バンドやりたいから"って言い出したんです。他にふたりいて、そのふたりはバンドをやってたんですけど、僕だけまったくやってない状態で言われちゃって......。

金田:"言われちゃって"(笑)。

斉藤:その次の日に楽器を買いに行ってっていう感じですね。

畑山:ベースが余ってたから陸斗に頼んだんですけど、ギターとかドラムじゃなくて、いきなりベースって言われて、正直よくわからなかったと思うんですよ。もともと陸斗は三代目 J Soul BrothersとかEXILEとかが好きで、カラオケでもそっち系しか歌ってなかったから。でも、次の日に朝早くから、みんなで1時間ぐらいかけて札幌にある万代(リサイクル・ショップ)に行って、中古のベースを買いに行ったんです。

斉藤:まぁ、ワンオク(ONE OK ROCK)とか、バンドも聴いてたからね。

金田:ワンオクは誰もが通る道だよね。

-畑山くんがバンドをやりたいと思ったきっかけはなんでしたか?

畑山:音楽が好きになったのは中2のときですね。小学校のときにバイオリンを習っていて、音楽は好きだったんですけど、バンドは聴いたことがなくて。お母さんの車でミスチル(Mr.Children)の曲がかかってたのを聴いて、衝撃を受けたんです。そこから従兄弟の父にギターを貸してもらったりして、バンドをやりたいと思うようになりました。

-実際にバンドを組んだときには、カバーとかもやりました?

畑山:最初に組んだときは、今とは違うドラムとギターもいたので4人組だったんですけど、KANA-BOONとかアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)をやってましたね。でも、高1からオリジナルをやり始めて、ライヴにも出るようになって。先輩のバンドには、"生意気な後輩がいる"みたいに見られてました(笑)。

-高1からオリジナルをやってるからって?

畑山:そうなんですよ。で、学祭でKANA-BOONのコピーをした映像をYouTubeにアップしたら、結構拡散されてバズったんです。そのおかげでライヴを観に来てくれる人も増えたんですけど。そしたら、札幌の先輩には、"あいつらKANA-BOONのコピーが上手いからって調子に乗ってる"って言われて。ウザいなと思ってましたね(笑)。

-学年が上がって、高2のときに竜也さんが加入するわけですね。

畑山:当時のリード・ギターと意見が対立しちゃったんですよね。僕も相手も曲を作る人間だったから、それぞれ違う音楽をやりたいって感じになって。そのギターがやめたのをきっかけに、3ピース・バンドをやろうと思ったんです。でも、3回ぐらいライヴをしたときに、当時のドラムが家庭の事情もあって、バンドをできなくなってしまって。だけど、その1ヶ月後に東京でライヴが決まってて、初めての東京でのちゃんとしたライヴだったから、サポートじゃなくて、正規メンバーを入れたかったんです。それで、竜也に声を掛けて。

斉藤:だいぶ焦ってたよね。

畑山:うん。ちょうど竜也はテスト期間で学校が早く終わるって聞いてたから、授業を抜け出して、トイレで電話をかけたんですよ。

金田:図書館で勉強してたけどね(笑)。

畑山:そしたら、"めっちゃ嬉しいけど、最初はサポートじゃダメ?"って言われて。

金田:正直、"こいつせっかちすぎだろ"と思ってました。

畑山:でも、そのまま一緒にスタジオに入って、サポートで1回もライヴをしないまま、いきなり新メンバーとして加入してもらったんです。

金田:あのとき、覚える曲が多くてめっちゃ忙しかった(笑)。

畑山:でもさ、もともと俺らのこと好きだったでしょ?

-それ、自分で聞いちゃうんだ(笑)?

斉藤&金田:あはははは!

金田:ライヴには2、3回行ってましたけど......。

畑山:俺ら、高校生の中でもライヴをいっぱいしてる方だったんですよ。

金田:あの界隈の高校生はみんな-KARMA-を知ってましたね。

畑山:それで"入ろう"っていうのもあったでしょ? ちょっと名前が知られてるから、そこに入ったらフォロワーが増えるっていうのもあったでしょ?

金田:いやぁ......(笑)。

畑山:当時、音源化はしてないけど、ライヴで「年上の、お前」っていう曲の評判が良くて、ライヴを観ただけでコピーしてくれる子もいたんですよ。だから、お前もアレだろ? 入ったら、「年上の、お前」のドラム叩けると思ったでしょ?

金田:まぁ、そうだね(笑)。

-(笑)金田さんは、どういう音楽に影響を受けてるんですか?

金田:僕はマキシマム ザ ホルモンですね。いろいろな音楽を聴いてきましたけど、最初はそれだったと思います。小学生ぐらいのときに、ずっと車でかかってたんです。最初は、"これ何語?"みたいな感じだったんですけど(笑)。

畑山:だから、みんなルーツが違うんですよね。ミスチル、ワンオク、ホルモン(マキシマム ザ ホルモン)。

--KARMA-の曲を聴いてると、マイヘア(My Hair is Bad)とかハルカミライとか、最近のバンドの影響も受けてるのかなと思いましたけど、そのあたりは?

畑山:僕が3ピースをやろうと思ったのは、マイヘアの影響もあるんです。これ、ちょっとコアなファンっぽく調子こいてるみたいですけど、まだマイヘアが札幌でキャパ200人ぐらいのハコでやってるときに、ライヴを観に行ってたんです。だから少なからず影響は受けてるけど、メロディだったらハルカミライ。今年、ツアーにも出させてもらった(4月23日に開催された"赤く青く燃えてツアー"の苫小牧ELLCUBE公演に出演)んですけど。あのころ作った曲はハルカミライみたいな曲ばっかりだった(笑)。

金田:マジでユニゾンばっかりだよね。サビで全員歌うっていう。