Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Live Eggs ONLINE 2020

Skream! マガジン 2020年08月号掲載

CAT ATE HOTDOGS

Official Site

Eggsプロジェクト

Official Site

クジラ夜の街

リュックと添い寝ごはん

Official Site

南蛮キャメロ

Official Site

2020.07.11 @Veats Shibuya / 心斎橋VARON / 札幌Sound lab mole

Reported by 三木 あゆみ Photo by chihiro / ゆうばひかり / 松本いづみ

現代の音楽の楽しみ方のひとつとして広まりつつある配信ライヴ。フェスやサーキット・イベントの醍醐味でもある"新たな音楽に出会うこと"が、自宅でもできるようになった。7月11日に行われたオンライン・フェス"Live Eggs ONLINE 2020"は、札幌/東京/大阪の3ヶ所のライヴハウスを繋ぎ、各会場の画面を行き来できるという方式で開催。全15組のアーティストがそれぞれの場所からそれぞれの魅せ方で、全国に音楽を届けていった。


eau

この日のトップバッターは北海道発オルタナティヴ・ギター・ロック・バンド、eau。繊細で琴線に触れるような透明感溢れる歌声と、情景を鮮明に描き出すギター、衝動と冷静さを兼ね備えたベースとドラムが、感情の機微を色濃くサウンドに映し出していく。"今、目の前にお客さんはひとりもいないですが、やることはいつもと変わらないと思っています"と、久保(Gt/Vo)が伝えたように、ライヴの初期衝動のようなものが画面からでも伝わってくる。ラストに披露した「「.」」では、メンバー4人がそれぞれ爆発的なエモーションを曝け出し、観ている者を前のめりにさせるようなパフォーマンスで締めくくった。


クジラ夜の街

東京のクジラ夜の街は、色鮮やかな物語を次々に展開し観客を惹きつけていく。事前のインタビューでフロントマンの宮崎一晴は、配信ライヴについて"オンラインならではの戦い方をバンドごとに見つけていかないと"と語っていたが、まさにそれを体現するような見事なライヴを作り上げていた。「夜間飛行 (Prelude)」から「夜間飛行少年」への流れでは、満点の星空に吹き抜ける風、そんなシーンが瞬く間に脳裏に浮かび上がり思わず鳥肌が立つ。同時に宮崎が"鳥肌止まんねぇよ"と言うんだから、画面越しでも繋がっているんだと感じずにはいられなかった。ラストは様々な仕掛けが施された夢幻的でロマンチックな「ヨエツアルカイハ1番街の時計塔」を披露。楽曲に強い想いを託し、画面の向こうの"あなた"との再会を固く約束した。


CAT ATE HOTDOGS

関西を中心に活動中の4ピース・ロック・バンド、CAT ATE HOTDOGSが大阪ステージに登場。ハスキーでありながら深みのあるひこ(Gt/Vo)の歌声を軸にして、多彩な楽曲で魅せていく。泥臭いロックの中に見える、ギター・カッティングなどの洒落っ気のあるアレンジも効いていて、バシッと決まった演奏には痺れた。歌がまっすぐに刺さる「Time Capsule In Space」から始まり、最後はキャッチー且つグルーヴィな「Drops」で締めくくる。おざき(Gt)が感情のままにステージの端から端まで走ったり、床に寝転んだりしている姿も痛快。ライヴの終わりには会場にいる関係者から歓声が上がるほどの熱いステージを見せてくれた。


リュックと添い寝ごはん

渋谷ステージに登場したリュックと添い寝ごはんは、キャッチーなメロディと親しみやすいキャラクターを武器に観る者を魅了する。爽やかで疾走感溢れる「青春日記」からスタートし、"今にぴったりな曲を"と紹介したミドル・ナンバー「サニー」、新機軸なポップ・チューン、代表曲のひとつ「ノーマル」など、色とりどりな楽曲で視聴者の心を豊かにしていく。バンド自身も久しぶりにバンド・サウンドを鳴らせる喜びを噛みしめている様子で、純粋にライヴを楽しんでいる表情がなんとも眩しい。ライヴ終了後、画面が切り替わる直前に宮澤あかり(Dr)がメンバーに"楽しいね!"と声を掛けていたのも、微笑ましかった。


南蛮キャメロ

大阪ステージのトリを務めたのは、揃いのストライプ・シャツの衣装が印象的な南蛮キャメロ。1曲目「青い鳥」から、彼ららしい軽快でどこか懐かしさも感じさせるフォーク・サウンドを聴かせる。陽気なギター・リフがクセになる「プリーズ・ユニヴァース」では、あんちゃん(Gt)が曲中に、自粛期間中に何をしていたかというトークも挟んで盛り上げ、ハッピーなオーラを充満させた。最後は、先が不安だった高校生の自分たちに向けて、今のように大変なことがあっても、同じメンバーでバンドをやれているから大丈夫だと言いたいと田井(Vo/Gt)が話し、高校生のときに作ったという「17歳」を披露。様々な思いが込められた歌には、グッとくるものがあった。



[Setlist]
■eau
1.1%
2.+esc(エスケープ)
3.嫌い
4.ツキ
5.9月
6.「.」 (ピリオド)

■クジラ夜の街
1.平成
2-1.夜間飛行
2-2.夜間飛行少年
3.少年少女
4.Golden Night
5.ヨエツアルカイハ 1番街の時計塔

■CAT ATE HOTDOGS
1.Time Capsule In Space
2.Kikanju
3.大富豪
4.魔法をかけて
5.雨
6.Drops

■リュックと添い寝ごはん
1.青春日記
2.手と手
3.サニー
4.Night Gimmick
5.グッバイトレイン
6.ノーマル

■南蛮キャメロ
1.青い鳥
2.プリーズ・ユニヴァース
3.Flower
4.untitle crawn
5.17歳

  • 1