Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

"SCHOOL OF LOCK!" とーやま校長&あしざわ教頭

2018年12月号掲載

"SCHOOL OF LOCK!" とーやま校長&あしざわ教頭

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:とーやま校長 あしざわ教頭

インタビュアー:加藤 智裕

TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネットの人気番組"SCHOOL OF LOCK!"Eggsがタッグを組んで送る、10代アーティスト限定の夏フェス"未確認フェスティバル"。今年は応募総数3,067組の中から東京発4ピース・バンド マッシュとアネモネがグランプリを獲得して幕を閉じた。そして今年もファイナリスト8組の音源を収録したコンピレーション・アルバム『未確認フェスティバル2018』のリリースが決定。例年以上に混戦だったという今年の振り返りや、この瞬間が詰め込まれているというコンピレーション・アルバム、来年開催となれば5回目となる同イベントへ向けて、"SCHOOL OF LOCK!"とーやま校長とあしざわ教頭のふたりに語ってもらった。

-今年で4回目の開催となった"未確認フェスティバル2018"ですが、振り返ってみていかがですか?

とーやま:ラスト8組の話で、"グランプリを取るだろうな"ってところがいつもだったらひと組かふた組の気がするんですけど、僕の中では半分ぐらいはグランプリを取る可能性があるんじゃないかっていうぐらいすごい混戦だった。みんなの突き抜け方が拮抗していた印象です。

-グランプリを取るだろうと思ったのはどのアーティストだったんですか?

とーやま:毎年、全部が終わってない段階に感覚でなんかあるんですよ。どこかのバンドが1曲目のギターを鳴らしたときに、ほんと瞬間ですけど"あっ、これはたぶんグランプリだ"って。それをThe Shiawaseで感じました。僕がグランプリ・アーティストを閉会式で発表するんですけど、その一瞬を見たときに、自分が閉会式で"The Shiawase"って言ってるところが頭の中で浮かんだんですよ。実際そうなることもあるし、そうじゃないときもあるんですけど。

-実際そうなったときはいつでした?

とーやま:"閃光ライオット2013"のフィッシュライフですね。日比谷野外音楽堂で観ていたんですけど、ドーンと3人で鳴らして、ギター・ヴォーカルのハヤシ(ハヤシング)がモニターの前の方まで客席に突っ込んでいくんです。その瞬間に"あ、俺閉会式で言うな"って。次の年の突然少年っていう4人組――今年も"FUJI ROCK FESTIVAL '18"に出てて、それ観てかっこ良すぎて涙が出ちゃったんですけど。突然少年のときもそう思いました。別に誰がいいとか悪いとかじゃなくて、瞬間的に感じるものはThe Shiawaseにもあったし、錯乱前戦にも感じましたね。錯乱前戦は(メンバーの)5人もそうだし、新木場STUDIO COASTに集まったみんながぐしゃぐしゃになってて。"閃光ライオット"、"未確認フェスティバル"ってこういうことだよって思いました。理屈じゃなくて、ただぐしゃぐしゃになればいいイベントというか。単純に僕の音楽人生はロックで始まっていて、ロックが身体に響く細胞でできているので、それもあるかもしれないですけどね。

-あしざわ教頭は振り返っていかがでしたか?

あしざわ:今回、マジでどれがいってもおかしくないって感じはあったんですけど。個人的にはなってしまいますが、激しくてかっこいいバンドはいるんですけど、エルモア・スコッティーズの時間は他のバンドにはない感じ。うっとりするというか、幸福感に包まれるというか。こういうバンドがグランプリを取ったりしてもいいなと思いました。あと、TRANS LUCENT LADYがめちゃくちゃ衝撃的で。出番がド頭の方だったと思うんですけど、ライヴ審査のときから良かったのがさらに良くなってて、短期間でこんな変わるんだと。めちゃくちゃかっこ良くなってたんです。"あれ、こういうバンドだったっけ!?"みたいな印象でびっくりしちゃって。短期間でライヴ審査、ファイナルとあるから集中するんでしょうけど、"どうやったんだ!?"っていうレベルアップの仕方をするんですよ。別物になっちゃうというか。なんならライヴ審査で始めてライヴをする子もいるし、そこで度胸ついたりするのかわからないですけど、よりデカくなるっていう現象があるんです。校長が言っていることと僕が言ってることがもう全然違ったりするので(笑)、みんな"誰がグランプリになるんだろう? どうやって決めるんだろう?"って感じでした。

-今年のグランプリは応募総数3,067組の中からマッシュとアネモネが獲得しました。バンドへの印象はいかがでしたか?

あしざわ:曲がスッと入ってくる。覚えてる、記憶に残ってるって大事だと思うので、みんなの中にキャッチーさが残ったんだなと。あと堂々としていたという印象があります。みんな緊張でぐわってなったりするんですけど、全然物怖じもしなくて。

とーやま:心の底からの"おめでとう!"って感じです。僕の中でもグランプリを取るだろうというのはあったので。メロディも言葉も演奏も、洗練されてるバンドだなと思って。ただ、最後僕が"グランプリ・アーティストは......"って発表するときに、"絶対自分たちの名前が呼ばれる"って思ったアーティストがめっちゃいたんですよ。それはエルモア・スコッティーズのドラムのロクロー(岩方ロクロー)も言ってたし、ステレオガールも言ってたかな。終わったあとみんなで話をするんですけど、去年は"あれはリツキだった"、"自分たちでもわかった"って、"なんで俺たちじゃないんだよ"っていうのはほとんどいなかったと思います。マッシュとアネモネがいいとか悪いとかじゃなくて、それぐらい今年はみんな勝ちに来てたし、やりきった実感もあったからこその悔しさだったんだろうなって。今まで4回やってる中で、2018年はみんなの悔しさとかが一番濃かったなと感じます。

-過去3回と比べて変わったことなどはありましたか?

あしざわ:女の子が増えているなという印象はあります。前回リツキがグランプリを取った影響かわからないですけど、ひとりで弾き語る子も結構増えてる印象があったので。なんとなくバンドが(グランプリを)取るのかというイメージがあったのかもしれないですけど、リツキが取ったことで、自分たちも取れると勇気が湧いた子たちもたくさんいたのかなと。諭吉佳作/menとかは弾き語りじゃないですけど、ニュー・タイプな感じがしました。まだ中学生なんですけど、周りと比べてどうとかじゃない、自分でやりたいことをやってる感じがあって。自分の歌を作って堂々と歌ってスッと帰っていくみたいな、今までにないタイプだなという感じがしたので、家で作ってくる子たちも今後増えてくのかなと。

とーやま:Skream!ってオルタナティヴ・ロック・マガジンじゃないですか。この8組を観て、ほんとオルタナティヴだなって思いました。ごちゃ交ぜだし、パンク・ロックがいれば、諭吉佳作/menみたいな自分でトラックを作ってるメロウな感じもいるし、かたことみたいな"THE 3ピース"ってバンドもいれば、マッシュとアネモネは今のチャートとかにもいてもおかしくないバンドだし、エルモア・スコッティーズみたくフィッシュマンズとかそういう系のバンドもいるし。毎年流行りみたいなものあるじゃないですか。例えば来年だったら、たぶん米津玄師さんみたいな人がいっぱいいると思うんですよ。最初はどう作っていいかわからないから形からみんな入るし。でも最後に残るのは結局そういう流行りとかに一切影響受けてない、自分たちの芯から音楽をやっている人たちだってことは毎年変わりないなと感じてます。変わったことという質問と真逆の回答ですけど、それがすごいなと。あとは審査委員長の蔦谷(好位置)さんや、3次ライヴ審査は、今年はサイダーガール、CHAI、Official髭男dism、井上苑子が(ゲストとして)来てくれて、応募作品とか聴いてもらってるんですよ。で、"どうですか?"って聞くとみんな口を揃えて"デモの段階で完成度が高すぎる"って言うんです。年々、右肩上がりで精度が上がっていっている感じはしますね。そりゃあ感情豊かな10代のときにどこの国の音楽でも聴くことができたら、面白いもんも生まれてくるわって。そういうとこは年々変わっていっていますね。

-特に印象に残ったことなどはありましたか?

とーやま:何回かヒゲダン(Official髭男dism)のライヴを観たことがあるんですけど、3次ライヴ審査のときのライヴがぶっちぎりですごかったんですよ。めちゃめちゃ熱くて。生徒と一緒にダメもとでお願いしたらアンコールもやってくれたんです。あとから話聞いたら、"10代アーティストにめっちゃ触発されて、とんでもない気持ちになってしまった"と激熱な演奏をやってくれたのが嬉しかった。ヒゲダンなんて、そのときにはもう月9の主題歌(ドラマ"コンフィデンスマンJP"主題歌「ノーダウト」)もやってるし、世間の人も"ヒゲダンかっこいい"ってなってるなかで、プロでもなんでもない10代のみんながそんなアーティストに火をつけたというのがすごいなと。これは忘れられないですね。