Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ザ・モアイズユー

2019年04月号掲載

ザ・モアイズユー

Eggsプロジェクト

Official Site

ザ・モアイズユー

Official Site

メンバー:本多 真央(Vo/Gt) 以登田 豪(Ba/Cho) オザキ リョウ(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

back number、あゆみくりかまき等が所属するマネージメント事務所 イドエンターテインメントのオーディションでグランプリを獲得した3ピース・バンド――という説明をすると、いかにも華やかな全国デビューというイメージになりがちだが、ザ・モアイズユーがここに辿り着くまでの道のりは、決して平坦なものではなかった。何度もメンバー・チェンジを重ね、音楽性を変えながら歩み続けてきた、そんなバンドがようやくチャンスを手にしてリリースするのが、初の全国流通盤『想い出にメロディーを』だ。メロディと歌詞を大切にしたセンチメンタルな楽曲たちには、別れの切なさやバンドの決意が歌われている。彼らが目指すものはなんなのか。素朴な人柄が印象的な3人が語る熱い想いを受け取ってほしい。

-1stミニ・アルバム『想い出にメロディーを』、聴かせてもらいました。メロディの良さと歌詞で勝負していこうっていうバンドのスタンスが伝わる1枚ですね。

本多:もともと結成した当時は青春パンクっぽいバンドでスタートしたんですよ。ちょうど18歳ぐらいだったんですけど、大人になるにつれて、ライヴでパンキッシュな表現で盛り上げるんじゃなくて、シンプルに"いい曲"って思ってもらいたいっていう思考に変わったので、自然と今のスタイルに変わったんですよね。

以登田:青春パンクをやっていたときも、"歌を伝える"っていうのは根底にあったから、根本は変わってなくて。ただライヴの仕方が変わっただけなんです。

-青春パンクは、どういうバンドの影響でやっていたんですか?

本多:銀杏BOYZですね。高校2年生のとき、以登田と一緒にコピー・バンドをしたのがスタートだったんですよ。ステージで、なんと言うか、気が触れたことをやるのが正義みたいなところがあって。

以登田:最近は落ち着いたな(笑)。

-ザ・モアイズユーって、その青春パンクをやっていた頃から、オーディションで結構いいところまで進んでいたバンドじゃないですか。だから当時やっていたことも知っていて......。

本多:そうなんですか! 恥ずかしい(笑)。

-(笑)かなり変わりましたよね。

本多:ライヴで激しい表現をしていると、その瞬間は盛り上がるんですけど、"曲を届けたい"っていうことに関しては、その激しさが邪魔になっていることに気づいたんですよね。これは曲の良さを100パーセント伝えられる表現じゃないのかなって。それで、このミニ・アルバムに入っている「トーキョー・トレイン」っていう曲ができたあたりから変わってきたんです。

-それはいつ頃だったんですか?

以登田:2016年だから......3年前ぐらいですね。

-たしかにバンドのバイオグラフィを見ても、その時期からオーディションで賞を獲ったりするようにもなって、周りの評価も変わってきましたよね。

以登田:目に見えて評価が変わっていたところはありますね。そこで"自分たちは間違ってなかったんだな"と思いました。それまでは散々やってきたけど、まったく手応えがなくて、"どうしよう?"と思っていたんです。

-ドラムのオザキさんは今回のミニ・アルバムで正式加入になるそうですけど、いつごろからサポートに入っていたんですか?

オザキ:去年の10月ぐらいですね。

以登田:まだ半年ぐらい。

オザキ:それまでは他のバンドをやっていたんですよ。でも、そのバンドをやめて"どうしようかな?"ってなっているときに、このふたりと出会ったんです。それまでも、ザ・モアイズユーとは1回だけ対バンしていたんです。だから声を掛けてもらって、素直に嬉しかったですね。"あ、自分のドラムで声を掛けてくれる人がいるんやな"って。

-ザ・モアイズユーに対しては、どんなイメージを持っていましたか?

オザキ:サポートをやるって決まってからちゃんと曲を聴いたんですけど、"いい曲やな"と思いましたね。いい曲ってメロディとかリズムとか全部ひっくるめて"いい"なんです。今までこういう楽曲性のバンドでドラムを叩いたことがなかったから、面白いなと思いましたね。

以登田:最初に合わせたときから、気持ち良さが半端なかったよね。

本多:オザキ君って、前のバンドはだいぶ違う音楽性やったので、実際に音を鳴らさないと、ザ・モアイズユーとしてどういう音になるかわからん状態ではあったんですよ。でも、初めてスタジオに入ったとき、「花火」っていう曲を1曲目にやったんですけど、そのときから"これはいける"って思いましたね。

以登田:ニヤけたもんな?

オザキ:マジで(笑)?

-じゃあ、オザキさんが加入してすぐに今作のレコーディングが始まったんですか?

本多:そうですね。リョウ君が入ってくれたことで、今までにないザ・モアイズユーの曲ができたなっていうのはありますね。

-バンド結成が2011年だったことを考えると、今回の全国流通盤リリースまでには時間がかかりましたね。

以登田:そうなんですよね......。

本多:リョウ君が加入する前まで、実はドラムのチェンジが4人ぐらいあったんですよ。活動が回り出しては止まってを繰り返していたから、なかなか大きい流れに乗れないまま時間が経っていったんです。

以登田:長く活動してきたぶん、いろいろ苦労してきたこともあったので、そう簡単には心折れないと思います。なかなか結果がついてこなくて、"なんのためにやっているんだろう?"って思ったりしたこともあったんですけど、やっと全国流通までくることができたので、それもいい経験やったなと思いますね。