Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

みゆな

2018年10月号掲載

みゆな

Eggsプロジェクト

Official Site

宮崎在住の16歳、高校1年生女性シンガー"みゆな"が10月、11月に2ヶ月連続配信リリースを行う。今回が初のリリースとなるのだが、なんといきなりTVアニメ"ブラッククローバー"第5クールのオープニング・テーマ(「ガムシャラ」)&エンディング・テーマ(「天上天下」)に抜擢。Eggsにて同2曲のデモ音源をアップした際はどちらもデイリー・ランキング初登場1位を獲得するなど注目を集めている彼女にメール・インタビューを敢行した。

-現在16歳ということですが、いつから歌うことに興味を持ち始めたのでしょうか?

生まれつきハスキー・ヴォイスで声量が大きく、小学校の音楽の授業でみんなと同じように合唱が歌えず、ヴォイス・トレーニングを始めました。中学では陸上ばっかりだったのですが、腰の骨が折れてしまい、リハビリ生活をしている間にとあるオーディションを受けたところ、全国大会まで行ったことがきっかけです。全国大会では賞は取れなかったのですが、その大会のときに観てくださっていたスタッフの方が声を掛けてくださり、本格的にヴォーカルのレッスンが始まりました。

-幼少時よりロック、ソウル、ポップスなど聴かれていたそうですが、具体的にはどういったアーティストを聴かれていたのでしょうか?

小さいときは、両親がよく車の中で音楽を流していたWhitney Houstonさんや、Michael Jacksonさん、祖母が好きな美空ひばりさんを聴いていました。小学校に上がるとONE OK ROCKさんを聴き、本格的なロックに興味を持ち始めて、中学校ではcoldrainさんなども聴くようになったんです。また、玉置浩二さんや、椎名林檎さん、久保田利伸さん、ペトロールズさん、高橋 優さん、ボカロなどジャンル問わずいろんな音楽をとにかく聴き漁っていました。

-音楽配信サイト"Eggs"にて8月に「ふわふわ(デモ_20180804)」をアップされて以降、「ガムシャラ(デモ_20180916)」、「天上天下(デモ_20180923)」とアップされてきました。アップをするにつれて反響の変化など感じていらっしゃいますか?

まず、無名の私が急に「ふわふわ」を出して、みなさんが聴いてくれるものか不安でしたが、初めての投稿でランキングにも載せていただき、お気に入りをしてくださる方もとても多くてすごく嬉しかったです。また、「ガムシャラ」、「天上天下」は(デイリー・ランキング初登場)1位を獲得でき、みなさんが応援してくださっていると実感するたび自分のモチベーションが上がるので、とても感謝しております。

-そして10月2日に「ガムシャラ」、11月21日に「天上天下」の配信限定リリースが決定しました。率直に、リリースが決まったときどのように思われたのかを教えてください。

もっとたくさんの方に私の歌を聴いていただける機会だと思っているので、その日がとても待ち遠しいです!

-さらに「ガムシャラ」、「天上天下」はTVアニメ"ブラッククローバー"第5クールのオープニング&エンディング・テーマに決定したとうかがいました。初リリースにして大役を任されることになりましたが、こちらも決まったときはいかがでしたか?

あの倖田來未(※第4クールのオープニング・テーマを担当)さんの次に私が務めることになり、最初は緊張と不安でしたが、いい曲ができたので、倖田來未さんに引き続き私の歌も好きになってもらえたら嬉しいです。

-「ガムシャラ」は"ブラッククローバー"主人公のアスタとリンクするタイトルですが、オープニング・テーマというのを意識して制作されたのでしょうか?

主人公のアスタと私は年齢も近いし、境遇もすごく似ているので、オープニングというよりも、アスタと自分への応援ソングとして制作しました。

-パスピエの成田ハネダ(Key)さんが作編曲を担当されていらっしゃいますが、初めて楽曲を聴かれた際の印象を教えてください。

震えました((((;゚Д゚))))!

-「天上天下」は歌詞に"天上天下 皆 唯我独尊"といった釈迦の言葉が使われているなかで、"これふぁぼ・RTで拡散"といった現代の言葉が交じっているのが面白いと思いました。作編曲と一緒に作詞を担当されている佐伯ユウスケさんとどのように制作を進められたのですか?

日々いろんなことで悩んだり壁にブチ当たったりしていて、そんな悩みを吹き飛ばすような歌にしたいなと思っていて......。その気持ちを佐伯さんに話したときにキーワードとして"天上天下唯我独尊"と出てきました。意味はなんとなく知ってはいたんですが、改めて深く知るとすごく今の自分に響いたんですよね。ありがたい言葉だし、その意味など知らない自分の同じ世代の人たちも知った方がいいと思って、普段自分が使うTwitterなどのツールを絡めた表現をしてみたらより伝わりやすいかな? と。佐伯さんと相談しながら決めました。

-歌詞を書かれる際に意識されていることはありますか?

意識していることは特になく、ただ"ガムシャラ"に書いています(笑)。

"a-nation 2018 supported by dTV & dTVチャンネル"の長崎公演(2018年8月4日にハウステンボス内 ロッテルダム特設会場で開催)に出演されたり、アニメ・タイアップに起用されてのリリースがあったりと怒濤の1年だったと思いますが、2019年はどんな1年にしたいと考えていらっしゃいますか?

2019年もずっと自分の歌を歌い続けて、みなさんの心に少しでも届いてくれれば嬉しいです。

-現状、これからのライヴ・スケジュールは発表されておりませんが、ライヴを観れる機会も増えていくのでしょうか?

増えていくと思いますので、ぜひTwitterInstagramをチェックしてください。そして、聴きに来てくださいっ! 待ってまぁァァァす!

-今後の目標をお聞かせください。

"フェスと言えばみゆな。みゆなと言えばフェス"と言われるようにたくさんの音楽フェスに出演したいです!

-最後にSkream!読者へひと言お願いします。

まずみゆなを覚えていただけると嬉しいです! それと同時に、TVアニメ"ブラッククローバー"もぜひご覧ください!

DIGITAL RELEASE INFORMATION


1st配信限定リリース
「ガムシャラ」
2018.10.02 ON SALE

2nd配信限定リリース
「天上天下」
2018.11.21 ON SALE

  • 1