Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

K

KNOCK OUT MONKEY

KNOCK OUT MONKEY

夏が似合うライヴ・バンド KNOCK OUT MONKEYが、さらに暑苦しくパワーアップ! リリースに先駆けた全国ツアーが盛り上がるなか、ハイテンションなフル・アルバムを解禁!

the knowlus

the knowlus

"誰々っぽいって言われることから脱却したかった" バンドのオリジナリティを追求した2年ぶりのミニ・アルバム

kobore

kobore

"今それが歌いたいから歌う"という感覚で曲を作っていきたい

kobore

kobore

いらないものがどんどん減ってきたことで"kobore"が見えてきた

kobore

kobore

"またライヴハウスでkoboreが観たい"って思ってもらえるようなバンドになっていきたい

kobore

kobore

現場でしっかりお客さんを掴んでいくことが経験に繋がりやすいし、これからもそこは大事にしたい

KODALINE

KODALINE

僕たちの音楽は日々の生活、毎日の感情や出来事を正直に歌っているだけなんだ

kOTOnoha

kOTOnoha

点を繋いで線にしたい、さらに線と線を繋いで円=縁にしたい、という思いが活動の根幹

KOZUMI × それでも世界が続くなら

KOZUMI × それでも世界が続くなら

このバンドは音を寄せ合うというよりは、奪い合う感覚に近い。いい戦いをした仲みたいなアルバムなんです(伊東 潤)

KULA SHAKER

KULA SHAKER

様々な巡り合わせがあって、アルバムを作るのに十分な理由が整った 僕たちはこのタイミングを、過去を振り返りつつも前を向く機会にしようと思ったんだ

KULA SHAKER

KULA SHAKER

『Pilgrim's Progress』全体に“優しい楽観主義”が流れている。物語のほとんどが悲劇的な内容なのにも関わらずにね。