Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Kotone(天神子兎音)

Kotone(天神子兎音)

Kotone(天神子兎音)

Official Site

インタビュアー:宮﨑 大樹

ネット・カルチャー発の音楽が、日に日に存在感を増している日本の音楽シーン。今や"ネット・カルチャー発"とひと言で括れないほどの多様性を見せているなか、今回Skream!に初登場するのは、昨年末にメジャー・デビューを果たした神様VTuberのKotone(天神子兎音)だ。こちらの神様が歌い上げるのは、繕われた品行方正な言葉ではなく、痛快に表現された若者の"反骨精神"や"日々の不満"。そんな、ティーンエイジャーの代弁者とも言えるKotoneが、メジャー2ndシングル『Autonomy』をリリースした。アグレッシヴなデジロックの表題曲と、演奏にイシダレイジ、堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)、ゆーまお(ヒトリエ)が参加したカップリングは、いずれもSkream!読者の心に刺さりそうだ。本作とKotone自身に迫るべく、メール・インタビューを敢行した。

-今回がSkream!初登場です。本誌に"神"という存在が登場することもおそらく初めてですので、まずは読者に向けて自己紹介をお願いします。

はじめまして、神様バーチャルYouTuberとして活動しつつ、アーティスト Kotoneとして活動してる天神子兎音です!! バーチャルYouTuberを知らない方がたくさんいると思いますが、ここから少しでも興味を持っていただけたらいいなと思います!

-昨年2020年12月23日にメジャー・デビューをしてから3ヶ月ほど経過しましたが、メジャー・デビュー前後でどんな変化がありましたか?

特に変化というのはないです! メジャーというのはリリース方法や会社さんが変わった というだけで、方針が変わったわけでもないので相変わらず楽しく歌わせていただいております!

-そもそも、メジャーにフィールドを移そうと思った理由はどんなところにあったのでしょうか?

当時は別の会社さんにVTuberとしてマネジメントしていただいており、移籍の話がもちあがりまして、何社かいらっしゃったうちのひとつが、ユニバーサルミュージックさんでした。実はメジャーへのこだわりが私には特になくて、インディーズでもいいかなと思っていたんですが、ファンの方から大きくなるのが見たい、CDが欲しい、という声がたくさんあったので、ファンの方の声に応えたいなと思い、メジャー・デビューさせていただく流れになりました。

-ここ最近はネット・カルチャー発の音楽が国内のシーンを賑わせていますが、大きな括りで言えばKotoneさんは、現在そのネット発ミュージックの流れの中にいると思います。現在の環境やシーンの状況に対してどのように感じていますか?

今はネット上ではYouTubeだけでなく、いろいろなSNSコンテンツがありますよね。そこに若いティーンの子たちがたくさんいるように感じていて、若い子たちの中で流行る、耳に残りやすいアップテンポな楽曲や、気持ちをストレートに語る楽曲が人気になっているように感じます。

-そして、Kotoneさんはこのシーンの中でどう活動していきたいと考えていますか?

VTuberの音楽が何かに特化している、みたいなものは特にないと思います。みんな、人間もVTuberも一括してヴォーカリストであり、アーティストであるって部分は同じかと。

-2ndシングルの表題曲のタイトルは"Autonomy"="自主性" という意味ですが、タイトルも含め、歌詞についてはどんな解釈をしていますか?

これについては、みんなが各々感じ取ってほしいので、詳細は秘密にしていて。ただ普段思っていること考えていることを歌詞に載せました。

-サビでの力強い歌唱と、歌い上げる落ちサビとのギャップで、ヴォーカリストとしての幅を見せているなと感じました。レコーディングではどんなことを意識していましたか?

基本的には自分の感情のままに歌わせていただいていて、何かを意識というよりは 感情をぶつけて歌っている。という感じです。

-「今回の騒動につきまして。」の制作にあたって、曲を提供したANCHORさんとはどんなやりとりがありましたか?

いろいろあったのですが、最近ネット上はいろいろあるよねって話をヌルッとしていました。キャッチーでみんなが歌ったり踊ったり、マネできる歌になればいいねというのは初めに出ましたね。

-プレイヤー陣(イシダレイジ(Gt)、堀江晶太(Ba/PENGUIN RESEARCH)、ゆーまお(Dr/ヒトリエ))もめちゃくちゃ豪華ですね。上がってきたサウンドを聴いての印象はいかがでしたか?

豪華なメンバーにとってもカッコ良く仕上げていただいて嬉しかったです!!

-反抗的な謝罪が痛快な歌詞でした。歌詞への印象はいかがですか?

キャッチーなフレーズや、 英語が"とぅいまてんことね様"に聴こえたりして、とってもワイワイしてる曲だと思いました。ライヴでやったらファンの方も楽しめる曲に仕上がってますので、ぜひ楽しんで聴いていただければと!!

-Kotoneさんの特徴とも言える、こぶしを効かせた歌い回しがいいスパイスになっています。この曲の歌唱について意識していたことを聞かせてください。

かわいく、そしてカッコ良く聞こえるようには意識しました! あとは感情にまかせてって感じです!

-ちなみに、こぶしも含め、影響を受けたミュージシャンやヴォーカリストはいますか?

こぶしについては感情に任せてしまっていますが、音楽を始めるきっかけはsupercell時代のやなぎなぎさんと、坂本真綾さんです 。

-高BPMで攻撃的なサウンドの2曲が揃いましたが、改めて2ndシングルはどんな作品になりましたか?

2ndシングルは今まで出したオリジナル・ソングの中でも、デジタル・ロックと少しネタ寄りの楽曲ということで、初めてがいっぱい詰まったシングルになったなと感じます。心機一転、いろいろな楽曲に今後は挑戦していきたいです。

-ライヴで強い2曲とも言えそうですが、今後のライヴへの想いやイメージを聞かせてください。

ライヴでは バーチャル・ライヴではなく、リアル・ライヴをやりたいなと思っていて。ただ、まだ私はまったく知られていないので、もう少したくさんの方に私を知っていただきたいです。そのためにももっともっと頑張らなくてはと思っています。

-シングルが続くとアルバムへの期待も高まってきますが、Kotoneとしてこの先どんな作品を作って、届けていきたいですか?

カッコ良く、ライヴでみんなが楽しめる曲から、きれいめな楽曲にも挑戦していきたいなと思っています。あとは、私は反骨精神、日々の不満などを歌詞にしていただいて歌っているので、そこはブレたくないなと思っています。いろいろな私を出せるように頑張っていきたいです。

-最後に、今後のアーティスト活動でチャレンジしてみたいことや、目指していきたいアーティスト像を聞かせてください。

もっともっと世界中の人に自分を知っていただきたいです。そのためには自己プロデュースも頑張りたいです。今後はライヴができるようにもっと歌の練習をして、日本だけではなく、世界中でライヴができたらいいなと思っています。

  • 1