Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BiS

BiS

"誰にもBiSをあげたくない"――凶悪なロック・チューンのメジャー1stシングル「DEAD or A LiME」

ArtTheaterGuild

ArtTheaterGuild

僕らは自分の好きなものや思い出や考えを、ちゃんと形にするだけ――オルタナと呼ばれたってロックと呼ばれたっていいし、とにかく何か感じてもらえたら

WOMCADOLE

WOMCADOLE

いつも不安を鳴らしてる。生まれた瞬間の熱々なものを歌にしたい

そこに鳴る

そこに鳴る

男女ツイン・ヴォーカルをさらに推し進めた、そこに鳴るの新たな王道

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT

何かから守るというより、その人にもともとあるきれいな何かを大切にしたいってことかもしれない

シイナナルミ

シイナナルミ

"私だけじゃないんだ"って言ってもらえると、この活動をやっていて良かったなって思います

This is LAST

This is LAST

"自分の経験が芯にあるっていうのを大切にしたい"痛ましい恋愛経験をもとに生み出される等身大のラヴ・ソング

Brian the Sun

Brian the Sun

色あせないものを作りたいけど、心情的には"これかな?"、"こっちかな?"ってずっと探してる

EARNIE FROGs

EARNIE FROGs

"今まで積んできた私たちの経験があってこそ作れた"――比類なき男女ツイン・ヴォーカルが紡ぐオレンジの輝き

Rei

Rei

人の背中を押すと同時に、自分の軸を強化しなきゃいけないという 危機感とも向き合いながら作った作品です

AZKi 1stフル・アルバム『without U』リリース記念 T.S.I(SCRAMBLES)座談会

AZKi 1stフル・アルバム『without U』リリース記念 T.S.I(SCRAMBLES)座談会

AZKiを通じ、VTuberシーンでも音楽的な遊びと革命を繰り広げる"T.S.I(SCRAMBLES)"とは?

KEYTALK

KEYTALK

ナチュラルに確信を持って進化を遂げるロック・ミュージック――ニュー・アルバム『DON'T STOP THE MUSIC』完成

zo-sun park

zo-sun park

"ルーツが見える音楽をやりたい"――札幌の新星が目指す新しさとは?

ASCA

ASCA

濃密なものになるんじゃないかな、という確信はしていました

まねきケチャ × Skream! × バイトル

まねきケチャ × Skream! × バイトル

もっと変わったバイトもやっておけばよかったなって思うんです。こういうときに、話もできるじゃないですか(中川)

Negative Campaign

Negative Campaign

"平熱のロック・バンド"が届けるリアルな焦燥感とそこにある希望

Newspeak

Newspeak

老若男女を巻き込んで、新たなロック文化を創造できる可能性に満ちたバンド Newspeakの魅力に迫る

飯田カヅキ×判治宏隆

飯田カヅキ×判治宏隆

ドラムレス、ベースレスの生音2ピース・バンドが拡張する映像的なサウンドスケープ