Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

嘘とカメレオン × Shiggy Jr. × ニガミ17才 × Lenny code fiction

嘘とカメレオン × Shiggy Jr. × ニガミ17才 × Lenny code fiction

HAMMER EGG

Official Site

Lenny code fiction

Official Site

ニガミ17才

Official Site

嘘とカメレオン

Official Site

Skream!、TOWER RECORDS、新人やインディーズの支援を行う音楽プラットフォーム Eggsがタッグを組み、次世代のアーティストをサポートするライヴ・イベント"HAMMER EGG"の第9弾が、8月24日に渋谷eggmanで開催される。今回の出演バンドは嘘とカメレオン、Shiggy Jr.、ニガミ17才、Lenny code fictionと、過去最強のジャンルの振り幅を誇るラインナップ。そこでどのバンドも全員初共演どころか初対面というフロントマン&スポークスマンが集合して、"バンドマンあるある"的な話題から親睦を深めて(!?)もらった。

嘘とカメレオン:チャム(.△)(Vo)
Shiggy Jr.:池田 智子(Vo)
ニガミ17才:平沢 あくび(Syn)
Lenny code fiction:片桐 航(Vo/Gt)
インタビュアー:石角 友香 Photo by RIO NAKAMURA

-これだけタイプの違うバンドが出るのも珍しいと思うんですが、共演が決まったときはどう思いましたか?

チャム(.△):全バンドさんと初対面なんですけど、これまでに当たることなかった人たち同士なので、面白い1日になりそうだなと思いました。

-お客さんもどんな感じになるのかが読めないですね。池田さんはいかがですか?

池田:おっしゃるとおりでフロアの雰囲気はどうなるかな? っていうのはすごく感じてて。いちリスナーとしてライヴを観るのが楽しみなので、自分も思い切りやろうかなと思ってます。

平沢:私も正直、対バンを聞いて、急いで他のバンドのYouTubeを観ました。最初は"ジャンルが違う!"と思ったんですが、でも、それぞれすごい活躍されてる方で、"対バンしていいんですか?"とは思いました。

チャム(.△)池田片桐:はははは(笑)。

片桐:それこそジャンルが全然違うんで、こっちもどういうテンションで行けばいいのか困ったんです。しかも順番とかも気になるし。でも、なかなか女性ヴォーカルの方と対バンすることが少なくて、いつも男臭いところばかりなので、それも新鮮で楽しみです。

-それぞれのバンドに対して"自分たちはできないな"と思うことってありますか?

片桐:この前、仙台のサーキット・ライヴ(6月30日に開催された"SUMMER TIME LOVER CIRCUIT")で嘘とカメレオンさんをフロアで観て。音はがっつり攻めてるのにステージは面白いところもあるし、音とステージの作り方にギャップがあるところがすげぇ良かったなと。

チャム(.△):ありがとうございます。

池田:このおふた方(嘘とカメレオンとニガミ17才)は周りのメンバーもすごいキャラが立ってて、それを従えて歌う気持ちってどんな感じなのかな? って思いますね。私たちはお客さんに対してオープンな状態でいることが特にイベントとかだと多いので、みなさんのお客さんとの距離感を生で見たいし、気になるなって。

チャム(.△):私は毎回ライヴごとに、お客さんに対して手渡ししてるぐらいの気持ちでいたいなと思ってて。だからステージの上下というより、ひとりひとりと顔を合わせて、距離近く感じてます。

-ニガミ17才のメンバーはみんなキャリアがあるからかなり難しいことやってると思うんですけど。

平沢:はい。ニガミ17才が私にとって初めての音楽でバンドなんです。それまでは役者業をしていたので、音楽を始めて、10年選手のメンバーがふたり(岩下優介/Vo/Gt、小銭喜剛/Dr)いてってなったとき――初めての曲が5拍子だったんですけど。

チャム(.△)池田片桐:すごい(笑)。

平沢:猛特訓して、"追い越してやろう"みたいな感じに思ってたんですけど、いざライヴをやると、気持ちはお客さんに向いちゃうもんなんだなと思って。やっぱこっちも生モノであっちも生モノだからっていうのもありますし、岩さん(岩下)がその場で全部アドリブで何やるかわからないので、そこに対してみんなで集中するみたいな。そういうところでお客さんとの一体感が生まれるんだなっていう。今、未熟ながらそういう感じなんです(笑)。

-10年選手の中に入っていくって――

片桐:無理っす。いや、緊張しかしないじゃないですか? すごいですよね。

-MVとかはあくびさんの演劇的な要素が逆に生きてる感じですよね。

平沢:MVは基本的に岩さんとふたりで考えてます。みなさんはどうされてるんですか?

チャム(.△):うちはメンバー全員でなんか雑談してる中から出てくる感じですね。小道具からすべて自分たちで揃えて。こんにゃくとかも買って(笑)。

-そういうところはお芝居も材料がいっぱいいりますもんね。

平沢:そうです(笑)。

チャム(.△):「N氏について」(2017年リリースのミニ・アルバム『予想は嘘よ』収録曲)という曲のMVがあるんですけど、そこに出てくるギャルが携帯(※ガラケー)を持っているんです。それをメンバーで古い電気屋に探し回って。で、ドラマーが1個1個ラインストーンを付けましたからね。百均で材料を買ってきて。