Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Lenny code fiction

2018年11月号掲載

Lenny code fiction

Lenny code fiction

Official Site

メンバー:片桐 航(Vo/Gt) ソラ(Gt) kazu(Ba) KANDAI(Dr)

インタビュアー:山口 智男

メジャー・デビューから2年3ヶ月。4枚のシングルのリリースと精力的なライヴ活動を経て、Lenny code fictionがついに待望の1stアルバム『Montage』を完成させた。"視点の異なる複数のカットの組み合わせ"という映画の用語をアルバム・タイトルに選んだところは、大の映画ファンの片桐 航らしいが、そこには1曲1曲、異なる視点からLenny code fictionの魅力を追求した作品になっているという自負が込められている。"芯があって、その周りに幅がある"と片桐は語るが、その芯とはもちろん、闘志と反骨精神を持ったロック・バンドならではの矜持だ。


シングルだけでは見せられなかったLenny code fictionらしさがついに世に解き放たれましたね(笑)


-待ちに待った1stアルバム。シビれるくらいかっこ良かったです。今だから正直に言いますけど、期待しすぎるあまり自分の中でハードルが上がりすぎちゃって(笑)。

一同:はははは!

-聴くのがちょっと怖いなって思ってたんですよ。そしたら期待を超えるかっこ良さで、いちロック・ファンとして嬉しかったです。みなさんも、かなり手応えがあるんじゃないでしょうか?

片桐:今日も聴いてきました(笑)。できあがった作品を自分で何回も聴くことってあまりないんですけど、それだけ聴き応えがあるってことなのかな。

ソラ:シングルだけでは見せられなくて、自分たちにしかわかっていなかったLenny code fictionらしさがついに世に解き放たれましたね(笑)。シングルのときは、アニメのタイアップをいただいた表題曲しか聴かないという人もいたと思うんですよ。そんななかカップリングでちらほら出していた"僕ららしさ"っていうのを、今回、アルバムということで12曲にしっかりと入れられたので、今までついてきてくれた人たちにやっと届けられるのかな。そういう意味では自信作ですね。

kazu:今回は、シングル4曲に加え、自分たちがやりたいことをやり尽くした曲が入っているので、ほんとに生の僕たちというか、ライヴでの僕たちを感じてもらえるんじゃないかな。それが曲の並びにも出ているんですけど、ライヴを意識した曲順になっているので、これを聴いてもらったら、"Lenny code fictionってライヴではこうなんだ"って感じてもらえると思いますね。

KANDAI:1stアルバムにしてベスト・アルバムじゃないかってくらい、自分たちのいろいろな面を見せることができました。

-曲の並び、ほんとにいいですよね。前半は本能剥き出しで畳み掛ける曲を並べて、ロック・バンドとして攻撃的な面をとことん見せたあと、後半じっくり聴かせるという構成は、ライヴを意識したものだったんですね。

kazu:考えていることは、そういうことです。それがライヴに反映されているんですよ。だからライヴでできるセットリストの流れにしようって、この曲順になりました。

-前半の流れがとにかくいい。こんなに激しい面を持ったロック・バンドだったんだって改めて思いました。

片桐:攻めの曲たちを頭からお見舞いしてやろうって思ってました。でも、そうしようって話し合う以前から全員が考えてたセトリ......セトリじゃないですけど(笑)、これだけ強い曲を序盤に並べることに、みんな抵抗はなかったというか、むしろそれが理想としていた形でしたね。

-ひょっとしたら外見から誤解されることもあったのかなって考えると、このタイミングで改めて、これだけアグレッシヴなバンドだということを、ライヴだけではなく、音源でも見せたかったと思うのですが、前半の流れの中では断然、「Vale tudo【MAKE MY DAY】」がかっこいい。この曲が一番好きかもしれない。

ソラ:僕も一番好きです。

片桐:1年前ぐらいに作ったんですよ。昔は結構そういうテイストの、好き勝手やってぐちゃぐちゃなぐらいの曲がかっこいいという曲作りをしてたんですけど、そのころを思い出して10代っぽい書き方をしてみようっていうのが始まりで。できあがった曲を持っていったら、その感じがみんなに伝わったみたいで、全員が好き勝手やりましたね(笑)。

-"Vale tudo"って言葉は初めて耳にしたんですけど、ブラジルの格闘技のことだそうですね。

片桐:そうです。なんでもあり、みたいな。

-素手で殴り合うんでしたっけ?

片桐:そうそうそう。そういう尖りまくった曲です(笑)。

-歌詞の中には"典型的な臆病者は既にこんな曲なんて聴かない"という一節もあって。

片桐:しょうもない奴らはこのアルバムを聴かないだろうっていうか、聴いてくれなくていいっていうぐらいの――

ソラ:"センスがある奴だけついてこい"って。

片桐:そういう挑発的な歌です。

-それは「Snatch」の歌詞からも感じられますね。

片桐:そうですね。「Snatch」の英語のコーラスは、"この飽和状態から抜け出させてくれ。甘ったるい言葉はいらないんだよ"っていう意味なんですけど、そういうことをアルバムの1発目から歌ってるんです。ぬるいのが嫌いなんですよ。ぬるいアルバムも、ぬるいリスナーも。だから、ぬるいリスナーじゃなくて、ちゃんと本気で作ったアルバムを本気で聴いてくれる人に聴いてほしいっていう。単なるBGMにされたくないっていう気持ちが序盤の曲にはしっかり入ってます。

-なるほど。周りに、ぬるいバンドがいるわけですね(笑)?

片桐:まぁ、いますね。

KANDAI:それ言う(笑)?

片桐:"なんでこんな売れてんやろ?"みたいな。全然かっこ良くないのに。ライヴも良くないのに(笑)。いや、具体的に誰っていうわけではなくて、周りに対して常にそういう反骨精神を持っていたいってことです。