Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

2018年10月号掲載

swanflight

Halo at 四畳半

『swanflight』

Release Date : 2018-10-17
Label : 日本コロムビア

テーマは"悲しみ"。それを悲嘆するだけではなく、人生の糧として引き連れてゆく、そんなメッセージを託したHalo at 四畳半のメジャー・デビュー・フル・アルバムだ。ピッピッピッ......と心電計が無機質に一定のリズムを刻むような「ヒューズ」に始まり、自分だけのヒーロー像を模索する寺岡呼人のプロデュース曲「ヒーロー」、ダンサブルなビートに乗せて自分自身を騙す嘘を吐き捨てるような「擬態」、"終わり"という名の未来に向けて命を燃やす「アルストロメリア」、そして優しく物語の幕引きを告げる「魔法にかけられて」まで、どの曲が欠けても成立しない全12曲。一切妥協なく磨きあげた楽曲には、ライヴハウスで生まれ育った、紛うことなきロック・バンドであるという彼らの誇りと矜持が詰まっている。(秦 理絵)


Related DISC REVIEW

ANATOMIES

メジャー・デビュー作『swanflight』から1年3ヶ月ぶりとなるフル・アルバム。タイトルに"解剖"や"分析"という意味を掲げた今作は、これまで"人間を人間たらしめるものはなんなのか?"という根源的なテーマに向き合い続けてきたハロが、そのテーマをより深く掘り下げる意欲作になった。人間を"身体"と"心"とに分解したときに見えてくる二面性、あるいはもっと複雑に絡み合う様相を、詩人 渡井翔汰(Vo/Gt)が丹念に言葉で語り尽くす。サウンド面では「イノセント・プレイ」と「蘇生」の2曲で、前ミニ・アルバム『from NOVEL LAND』に続き、出羽良彰をプロデューサーに起用。これまで以上にダイナミックで深遠なサウンド・アプローチに、このバンドの飽くなき探求心を感じた。(秦 理絵)


from NOVEL LAND

昨年10月のメジャー・デビューから8ヶ月。バンド最大キャパとなるマイナビBLITZ赤坂でのワンマン・ライヴも成功させたHalo at 四畳半の4thミニ・アルバム。出羽良彰がプロデュースを手掛けたリード曲「リビングデッド・スイマー」や、壮大且つ深遠な「メイライト」をはじめ、これまで以上に大胆にシンセや打ち込みのサウンドを導入した今作は、バンドの可能性を押し広げる意欲作になった。ハロらしく宇宙を連想するワードがあちこちに散りばめられた歌詞には、やがて燃え尽きる命の期限を想いながら、自らの運命を掴み取ろうという闘争心が滲む。ここ数作で獲得した緻密なサウンド・プロダクションが充実の季節を迎えつつ、同時に爆発した抑えようのない衝動がロック・バンドらしくていい。(秦 理絵)


swanflight

テーマは"悲しみ"。それを悲嘆するだけではなく、人生の糧として引き連れてゆく、そんなメッセージを託したHalo at 四畳半のメジャー・デビュー・フル・アルバムだ。ピッピッピッ......と心電計が無機質に一定のリズムを刻むような「ヒューズ」に始まり、自分だけのヒーロー像を模索する寺岡呼人のプロデュース曲「ヒーロー」、ダンサブルなビートに乗せて自分自身を騙す嘘を吐き捨てるような「擬態」、"終わり"という名の未来に向けて命を燃やす「アルストロメリア」、そして優しく物語の幕引きを告げる「魔法にかけられて」まで、どの曲が欠けても成立しない全12曲。一切妥協なく磨きあげた楽曲には、ライヴハウスで生まれ育った、紛うことなきロック・バンドであるという彼らの誇りと矜持が詰まっている。(秦 理絵)


Animaplot

タイトルは、Animaとplotを組み合わせた造語で、"生命の構想図"という意味。この作品でHalo at 四畳半が問い掛けるのは、"「人を人たらしめるもの」は何か"という内省的なテーマだ。ロボットと人間の違い、身体の左に心臓があるか、夢や希望を抱けるか、いつか命が尽きるかどうか。時に寓話的な切り口を使いながら、あるいは独白のようなかたちをとりながら、それぞれに独立した全7曲は、まるで共鳴し合うように私たちに深い疑問を投げ掛けてくる。かつてないほどに様々な楽器とサウンド・アプローチを取り入れながら、辿り着くラスト・ナンバー「点描者たち」で導かれるハロなりの答え。そこまでに紡いできた6つの物語が、最後の1曲を美しく響かせるために存在していたかのように思わせる結末は、あまりにも感動的だ。(秦 理絵)



Related INTERVIEW

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

"身に纏ってたものを脱ぎ捨てたら、すごく人間臭い作品になった"――迷いや葛藤をありのままに曝け出した2ndフル・アルバム『ANATOMIES』

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

"メンバーの想像を超えて、新しい扉を開いた1枚になった" 音楽的冒険と新たな決意を刻んだ"手紙"のようなニュー・ミニ・アルバム

"Don't Stop Music Fes.TOCHIGI 2019"座談会

"Don't Stop Music Fes.TOCHIGI 2019"座談会

"トリのマジックに最高のバトンを渡したい"――絆を大切にする熱いバンドたちが5年目の"栃フェス"を盛り上げる!

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

"いつの時代も「歌がいい音楽」が正義だと思ってる"――信念を貫く渾身のメジャー・デビュー・アルバム『swanflight』完成

androp × SHE'S × Halo at 四畳半

androp × SHE'S × Halo at 四畳半

"心に届く音楽を届けていきたい" 正解のない"歌と言葉"に真摯に向き合う3バンドが夢の共演

Halo at 四畳半 × Skream! × バイトル

Halo at 四畳半 × Skream! × バイトル

アルバイトは、今何ができるかを考えて頑張ることが大事だと思うし、そういう力を身につけさせてくれる時間(渡井)

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

"八王子天狗祭2017"開催目前!主催のグドモ×バラエティ豊かな出演者7組の豪華座談会が実現

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

ただ生きるのではなく、人として美しく生きるために、Halo at 四畳半が確信を持って届けるひとつの答え

カフカ × Halo at 四畳半 × Bentham

カフカ × Halo at 四畳半 × Bentham

"イケてない俺たちの足掻きを見てほしい。三者三様の叫びというか、魂を" やるせない想いを根っこに持ち、確固たる意志で進化を遂げる3バンドが登場!

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2016" 座談会

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2016" 座談会

バンド史上最大の勝負となる"八王子天狗祭2016"開催目前。出演バンドとの熱い絆に迫る座談会が実現!


Related LIVE REPORT

渡井翔汰(Varrentia/Halo at 四畳半) / 高津戸信幸(MAGIC OF LiFE) / 竹内サティフォ(ONIGAWARA) / Gum-9(O.A.)

渡井翔汰(Varrentia/Halo at 四畳半) / 高津戸信幸(MAGIC OF LiFE) / 竹内サティフォ(ONIGAWARA) / Gum-9(O.A.)

2022.11.30 @下北沢LIVEHOLIC

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

2021.06.08 @渋谷TSUTAYA O-EAST

ircle presents「HUMANisM ~超★大乱闘編2020~」

ircle presents「HUMANisM ~超★大乱闘編2020~」

2020.01.18 @TSUTAYA O-EAST

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

2019.07.19 @Zepp DiverCity(TOKYO)

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

2019.02.09 @マイナビBLITZ赤坂

HAMMER EGG vol.10 SPECIAL

HAMMER EGG vol.10 SPECIAL

2018.12.11 @渋谷TSUTAYA O-EAST

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

2018.10.16 @千葉Sound Stream sakura 
2018.10.17 @渋谷WWW

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

2017.12.02 @渋谷TSUTAYA O-EAST

KAKASHI presents "灯火祭2017"

KAKASHI presents "灯火祭2017"

2017.10.28 @高崎clubFLEEZ / 高崎clubFLEEZ-Asile / 群馬SUNBURST

HAMMER EGG vol.5

HAMMER EGG vol.5

2017.02.16 @渋谷eggman

cinema staff presents「シネマのキネマ」

cinema staff presents「シネマのキネマ」

2016.11.30 @東京キネマ倶楽部

八王子天狗祭2016

八王子天狗祭2016

2016.11.05 @エスフォルタアリーナ八王子