Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

GRIOTTO

Skream! マガジン 2018年12月号掲載

バンドハラスメント

Official Site

リアクション ザ ブッタ

Official Site

2018.11.09 @渋谷WWW X

Reported by 杉江 由紀

もはや、ロック・フェスとは名ばかりなのか、その中味はアイドルから芸人からなんでもありで、やたらとあからさまな儲け主義が先行するものが多くなってしまった昨今。まだ規模こそややミニマルだとしても、こんなにもロックへの純粋な情熱とバンドへの真摯な愛を持って運営されている音楽イベントは、久々に観た気がする。

"音楽業界を少しでも盛り上げたい、今「本当にカッコいい」音を発信しているアーティストとジャンル、年齢を問わずイベントを作りたい"という想いから3年前に始動したという"GRIOTTO"は、ライヴハウス 渋谷TSUTAYA O-Crestのスタッフであるだいち氏がプロモーターを務めているもので、今回は"GRIOTTO"史上最大キャパである渋谷WWW Xに気鋭の6バンドが集結し、4時間半にわたる熱演が繰り広げられることとなった。

この夜の一番手としてまず威勢のいい狼煙を上げてくれたのは、3ピース・バンドとして10年以上のキャリアを持つリアクション ザ ブッタ。10月17日にリリースされたばかりの最新ミニ・アルバム『Single Focus』からの楽曲「Tightrope Dancing」や「You」をはじめとして、全5曲を手練れたプレイとダイナミックなサウンドにて提示してくれることに。

かと思えば、"今を叫ぶバンド"koboreは、今年5月に発表された2ndミニ・アルバム『ヨル ヲ ムカエニ』からの楽曲たちを中心に、「爆音の鳴る場所で」や「ヨルノカタスミ」など全7曲を、零れ出すどころか溢れんばかりの熱量の、圧の高いパフォーマンスで観衆たちにぶつけていく。

一方、"サスフォー"の愛称でも知られている名古屋発のSuspended 4thは、ここまで路上ライヴで叩き上げてきたというバンドとしての底力を、ユニゾンのキメ具合が粋な「INVERSION」や、YouTubeにて40万再生を達成したという「ストラトキャスター・シーサイド」を含めた全5曲で遺憾なく発揮してみせ、いい意味での曲者ぶりを大発揮。

また、"#日曜日だし邦rock好きと繋がりたい"を通じて"こんなライヴどうですか?"とのアピール・ツイートをしたこともあるVOI SQUARE CATは、その言葉どおりのパフォーマンスで盛り上げてみせ、「Jump!Jump!」ではメンバーたちがフリのレクチャーを行うことで、より場の空気を一体化させることに成功したのだった。

はたまた、群馬は前橋の雄として6年以上の活動歴を持つKAKASHIは、来たる12月5日にリリースするという2ndミニ・アルバム『PASSPORT』から「ドブネズミ」をいきなり投下。ありのままの現在進行形なバンドの姿を顕示してみせながら、ビート・ロックのメッカ、群馬の出身らしく骨太で潔いサウンドを武器に攻めていく様は、さすがと言えただろう。

こうして各バンドが凌ぎを削っていくなか、今回の"GRIOTTO"をトリとして締めてくれたのは、10月31日に初のフル・アルバム『HEISEI』をドロップしたバンドハラスメントにほかならない。この日は彼らからしてみるとアルバム・ツアー"バンド名だけでメタルバンドって 勘違いされがちの僕は、バイトの面接に落ちた。全国ツアー2018-2019"の初日でもあったということで、『HEISEI』のリード・チューン「ゼロショウウオ」しかり、じっくりと聴かせにかかる「光線」しかり、アンコールとして演奏された代表曲「君と野獣」しかり、どの曲においても説得力のある旬な音を聴かせてくれていた気がする。"僕らにとってこの[GRIOTTO]は、どのバンドよりも思い入れが強いイベントだという自信があります。だいちとの付き合いも一番長いし、「いつかあのハコを埋めてぇよな!」とか夢もお互いいっぱい語り合ってきて、今こうしてその夢がひとつずつ実現していってる気がします。どんなにすげぇフェスに出たって、どんなにデカいイベントに出たって、この[GRIOTTO]を超えるものに俺は出会ったことがない!"(井深康太/Vo)

次なるシーンの担い手として、高いポテンシャルを持ったロック・バンドたちのみが集ったこの"GRIOTTO"が、ここからより規模を拡大化し強い存在感を持っていくことを、音楽ファンとしてはぜひとも願いたい。


[Setlist]
リアクション ザ ブッタ
1. Tightrope Dancing
2. リード
3. You
4. 火花
5. ヤミクモ

kobore
1. 爆音の鳴る場所で
2. 夜を抜け出して
3. 幸せ
4. ヨルノカタスミ
5. ティーンエイジグラフィティー
6. テレキャスター
7. 君にとって

Suspended 4th
1. INVERSION
2. BIG HEAD
3. Betty
4. ストラトキャスター・シーサイド
5. Sky

VOI SQUARE CAT
1. Re Start
2. 絶対宣言
3. Jump!Jump!
4. 共に

KAKASHI
1. ドブネズミ
2. 本当の事
3. 流星の中で
4. 違うんじゃないか
5. ドラマチック

バンドハラスメント
1. Sally
2. ゼロショウウオ
3. 一人隠れんぼ
4. 解剖傑作
5. 光線
En. 君と野獣