Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G

Skream! マガジン 2021年06月号掲載

YOU MAKE SHIBUYA

Official Site

アルカラ

Official Site

2021.04.16 @SHIBUYA UNDER SCRAMBLE(バーチャル会場)

Reported by 宮﨑 大樹

渋谷区公認の仮想現実プラットフォームとして生まれた、仮想現実上の渋谷の街"バーチャル渋谷"。この"もうひとつの渋谷"が誕生したことで、これまで日常的に渋谷へ行き来していた人はもちろん、世界中の人々が、自宅から、あるいは移動中にも、気軽に渋谷の街へ行き、そのカルチャーに触れ合えるようになった。

言うまでもなく、渋谷という街は、日本のカルチャーを発信する中心地的な存在。そして、これもご存じの通り、新型コロナウイルスの感染拡大により、日本のエンターテイメントの多くは窮地に追い込まれている。

そういう状況下においても、渋谷のカルチャーを絶やさず、拡大して発信し続けていけることが、バーチャル渋谷の意義のひとつだ。また、渋谷という一種のブランドを掲げて発信していくことで、それが日本を象徴するカルチャーのひとつとして届けられていくことも重要だろう。

そんなバーチャル渋谷の中にオープンしたライヴハウス"SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G"で、総勢100組/約20日間に及ぶライヴ・イベントが行われた。このライヴハウスの設立と本イベントは、渋谷の文化を救う"YOU MAKE SHIBUYAクラウドファンディング"の資金使途として、コロナ禍において活動が制限されているアーティストに表現と発信の場を提供した。

すでにレポートを掲載した3月31日のこけら落とし公演の次に開催された4月16日には、Bentham、The Cheserasera、アルカラが出演。

初めてライヴをした街が渋谷だというBenthamは、オゼキタツヤ(Vo/Gt)が"すごい時代ですね"と感慨深そうに語りつつ、目の前にお客さんはいないながらも、いつも通りのライヴのように、お客さんを見据えて音楽を届けていく。そんな彼らのパフォーマンスを受け、たくさんのアバターが拍手で応えていたのも印象的だった。

続くThe Cheseraseraは、このパンデミックについて"大事なのは、とにかくこうやって音楽を好きでいる心を忘れないで、また出会えたことだなと思います"と語る。そうして2020年に感じた想いを込めた曲「グッドラック」で、優しく繊細なパートから徐々に感情を爆発させていく。そんな彼らの想いを受け取れる、背中を押されたステージだった。

そして、4月16日のトリを務めたのはアルカラだ。小気味いいリズムの「アブノーマルが足りない」で走り出す彼らに触発されて、多くのアバターによるサイリューム、拍手、紙吹雪が入り乱れる。MCでは"この時期に、こうやってアーティストも裏方もイベンターも、エンターテイメントに可能性を感じて必死にもがいている姿が俺はすごく美しいと思っています"(稲村太佑(Vo/Gt))と語った。そんな彼らの姿も、またとびきり美しかった。

こうして本格始動した本ライヴ・イベント。渋谷の各ライヴハウスがブッキングに携わったことにより、様々な音楽ジャンルのアーティストが"SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G"のステージに立ったのだが、そうしているうちに、バーチャル渋谷の中で興味深い現象が起こった。いつの間にか、アバターたちがライヴハウスの案内係をやったり、案内図に扮したアバターになったりと、自主的に行動を起こしていったのだ。バーチャル渋谷という生まれたばかりのまっさらな土地の上で、独自の文化が芽生える。何か新たな現象、シーンが発生する前触れにも感じさせた出来事が起きた。アーティストも観客も、まだまだ手探り状態ではあったはずだが、今後バーチャル・ライヴハウスならではの盛り上がり方やコミュニケーションが発生するのかもしれない。また、20日間で延べ3万人の来場があったこのイベントでは、最終日の5月23日に、ライヴハウス内で花火を打ち上げるスペシャルな演出もあったという(ライヴハウスで打ち上げ花火という、非現実的な演出も可能なあたりは実に面白い)。2020年に一気に普及したライヴ配信。その文化、演出が、これからどんなふうに発展を遂げていくのか楽しみだ。

今回バーチャル渋谷にライヴハウスが誕生したということ。これは、決して大袈裟ではなく、瀕死の状態にあるライヴハウスやアーティストに生活の糧と希望を与え、エンターテイメントの可能性、底力を提示したと言えるだろう。

なお、今回出演したアーティストたちの曲で構成されたプレイリストが、Spotifyで公開されている。イベントに参加した人も、そうでない人も、ぜひチェックしてほしい。

Spotifyプレイリスト
  • 1