Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

2017年10月号掲載

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

Halo at 四畳半

Official Site

グッドモーニングアメリカ

Official Site

八王子でやる意味というか、育ててもらった場所に恩返ししたくて


-では、最後にハチテンに対する意気込みを聞きましょうか。

白井:ハチテンのメンツではHalo at 四畳半が一番歌モノに振り切ってるから、しっかり歌モノの素晴らしさを見せたいなと。一撃を残せるように頑張ります!

高橋:僕らは八王子RIPS、Match Vox出身で、グドモと同じようにライヴハウスを愛して活動しているので、イベントですけど、その場をライヴハウスの空気にしたいなと。

afoc渡邊:俺らは去年から"A FLOOD OF CIRCUS"というイベントを始めたんですけど、去年、ハチテンの模様をSNSで見て、細かいところまで気を遣って、全力でやってるのが伝わってきたから、人間味のあるイベントが好きだし、今から何してやろうかって悪巧みしておきます(笑)。

HIROKAZ:バンド主催のフェスには思い入れがあって。対バンというイメージがあるから、ほかのバンドに負けないように勝ちにいこうと思ってます。

岸:個人的にも八王子に思い出があって、自分もグドモ先輩と同じ中央大学出身で......。

たなしん:えっ、そうだっけ?

岸:はい(笑)。前回、グドモが八王子の思い出を語ってて、感動したので、自分たちもそういう風にやれたらいいなと。あと、バンドの成長を見せられたらいいなと思ってます。

大山:今日話をさせていただいて、我々がハチテンに呼ばれた明確な意味がわかったので、"アマゾンの空"という新曲をやるしかねぇなと。

一同:ははははは(笑)。

KOGA:今回、豪華な出演者を集められるのはグドモさんの人柄、魅力、歴史があるからなんだなと感じて。私たちも出演できることが光栄だし、女子の力を出せるように頑張ります!

afoc渡邊:あの、そもそもなぜ"天狗"なんですか?

たなしん:そうなんだよ、いいこと聞いてくれた。高尾山が近くにあるんだけど、高尾伝説というものがあって、天狗がいるという。

グドモ渡邊:ほんとはいないんだけどね。

一同:ははははは(笑)。

afoc渡邊:どこにもサンタさんがいるよ、みたいな。

たなしん:そうそう。いろんな山に天狗がいるけど、高尾山にもいるという。高尾山って、めっちゃパワースポットだから。去年、今年もみんなで成功祈願に行ったんだよ。なので、運気高めです! 参加していただいたら、その1年の運気は上がると思います。

-(笑)今日の対談の締めくくりとして、グドモのおふたりからひと言もらえると。

グドモ渡邊:八王子でやる意味というか、育ててもらった場所に恩返ししたくて。出てくれるアーティスト、来てくれるお客さんにも八王子を好きになってほしいし、来年も行きたい! と思ってほしいから。そこに向けて、全力で頑張ります!

たなしん:今日話してみると、みんな縁のある人たちで、このタイミングでしか集まらない人たちばかりだと思うから。俺らは最大限に準備して、皆さんをお待ちしていますので......あとは運気を持って帰ってください!