Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

04 Limited Sazabys

Skream! マガジン 2015年10月号掲載

2015.09.08 @赤坂BLITZ

Reported by 山口 智男

客席の明かりが消えたとたん、歓声とともに観客がぐわーっとステージに押し寄せ、ステージに出てきた4人を手拍子で迎えた。1曲目は『CAVU』からの「Buster call」。HIROKAZ(Gt)のアルペジオに合わせ、GEN(Ba/Vo)が朗々と歌い始めると、客席から歓声が上がる。そして、ブレイクをきっかけに曲は2ビートのメロコアに変化。一気に演奏が加速したとたん、スタンディングの客席で激しいモッシュが始まった! その様子を2階席から眺めながら、もうン歳若ければ、あそこに飛び込んでいたのにと筆者は自分の歳を恨んだ(笑)。
 
今年4月にリリースしたメジャー第1弾アルバム『CAVU』を引っ提げ、全国を回ったフォーリミこと04 Limited Sazabysの"CAVU Tour 2015"。その追加公演がメンバーにとって憧れのひとつである念願の赤坂BLITZワンマン公演という形で実現した。ツアーは7月17日の地元・名古屋のワンマン公演で一旦終わっているが、その後、彼らは数々の夏フェスに出演してきたんだから、バンドのコンディションはベストだったに違いない。その証拠に「days」「fiction」と『CAVU』からの曲を畳み掛けたあと、KOUHEI(Dr/Cho)が軽快に鳴らすサビのダンサブルなビートが観客を踊らせた「Chicken race」に繋げた序盤が終わった時点で、GENは早くも"過去最高のライヴをしちゃってる(笑)"と宣言。そして、"音良くない? 男子は心臓で、女子は子宮で俺の低音をがちっと受け止めてください"と久々に演奏するライヴハウスの音の良さを噛みしめながら、2ndミニ・アルバム『sonor』収録のメロコア・ナンバー「Remember」、ギターをかき鳴らしながら終始、激しいアクションを見せていたRYU-TA(Gt/Cho)のシャウトが演奏にアクセントを加えた「knife」、ダンサブルな「ghost」、ポップな魅力が際立つメロディック・パンク・ナンバー「Do it Do it」と新旧の曲を次々に客席にぶつけ、観客はそんな熱演にモッシュしたり、手拍子したり、手を振ったり、曲に合ったやり方で応えながら、バンドとともに熱気を作り上げていった。
 
"半ズボンでやるんだった(笑)"。予想以上の盛り上がりを目の当たりにしたGENは"ここまで連れてきてくれてありがとう。ここまでついてきてくれてありがとう。去年の今ごろはBLITZでできるなんて想像できなかった"とワンマン・ライヴという形でBLITZのステージに立てた感激と、それを実現させてくれたファンに感謝の気持ちを述べたが、ライヴは中盤。しんみりするには、まだ早い。その後も『CAVU』の曲を織り交ぜ、テンポよくライヴを進めていったが、この日のセットリストが改めて印象づけたのは、メロコアをベースにしながら、彼らがそれだけに止まらない幅広い曲を作り続けてきたことだった。その延長で、より幅広い曲を作れるようになったことをアピールしたところに『CAVU』の魅力があったわけだが、その幅広さがこの日も演奏した「me?」、「milk」といったポップな曲だけではなく、「knife」のようなダークな色合いの曲にも広がったところがいい。そこにルックスも含めたポップなアピールと表裏一体とも言えるパンク・バンドらしい彼らの気骨を感じ取ったのは、筆者だけではなかったはずだ。
 
後半戦は、10月28日にリリースするニュー・シングル『TOY』から披露した新曲でスタート。ツアーの合間に行った曲作りとレコーディングを振り返って、"つらかった。ピリピリして(メンバーの)仲が悪かった(笑)"とGENは苦笑。しかし、夏の終わりをイメージしたという新曲は爽やかさと切なさが入り混じる曲調と歌の裏でメロディアスなフレーズを弾き続けるHIROKAZのギター・プレイが新境地を印象づけ、今回の追加公演をより意味のあるものにしたんだから、つらい思いをした甲斐はあったはず。
 
その後も音楽に専念できる日々が続いていることに感謝しながら、ファンに生きる力を与えることで、その恩を返したいという気持ちを語りながら、「labyrinth」、「Terminal」、「monolith」とお馴染みの曲を次々に演奏しながら、アンコールの「swim」までエネルギッシュに駆け抜けていった。
 
シングル『TOY』も楽しみだが、その『TOY』を引っ提げ、11月からはワンマン・ツアーがスタートする。"素晴らしい景色を見たい。一緒に作りたい"とこの日、GENは語っていたが、バンドにとって記念すべきライヴになるに違いない12月2日のZepp DiverCity公演では、どんな景色を見せてくれるんだろうか。今から楽しみにしている。