Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

04 Limited Sazabys

2015年11月号掲載

04 Limited Sazabys

メンバー:GEN(Ba/Vo) KOUHEI(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

メジャー・デビュー以降の追い風を感じながら制作に臨んだにもかかわらず、フォーリミこと04 Limited Sazabysのメジャー第1弾シングル『TOY』は思いのほか、難産だったという。しかし、難産だったからこそ、シングルとは思えない聴き応えの作品が完成。何よりもリード曲の「Letter」が印象づける新境地とともにバンドの成長が感じられるところがいい。『TOY』リリース後は初のワンマン・ツアーを行うことも決定。GENとKOUHEIのふたりに"これまでで1番つらかった"という制作の舞台裏を語ってもらった。

-『CAVU』(2015年4月リリースの1stフル・アルバム)をリリースしてからいろいろ心境の変化もあったんじゃないですか?

GEN:音響さんを始め、メンバー以外に仲間が加わってチームの人数が増えたんですよ。セットリストの作り方も含めてみんなの意見も聞きながら、その仲間とツアーを40本近くやってきたので、チームの結束力はかなり強くなったと思います。人数が増えたこともそうですけど、メジャーからのリリースってことで、自分たちも責任感が出てきましたね。もちろん誰かのためではなく、自分のためにやってるんですけど、仲間が増えた分、誰かのためにもやらなきゃというか、誰かのためにもしっかりしなきゃっていう気持ちはメンバーみんな出てきたと思います。ある意味、プロとしての自覚とか責任感とかが出てきたと思うんですけど。

KOUHEI:音楽だけに専念できることが幸せだなって思います。こういう生活ができる人自体少ないと思うんですよ。その幸せを僕らは手に入れられているんで、まずそこが1番嬉しい。でも、満足しているわけではなくて、そういう生活をさせてもらっているからこそ、さっきGENが言った責任感もそうですけど、いろいろな意味でしっかりしなきゃっていうのは『CAVU』を出してから改めて思いましたね。

-それを踏まえたうえで、今回のシングルはどんな作品にしたいと考えたんですか?

GEN:僕らは昔から、音がどんなに激しかったり、複雑だったり、BPMが速かったりしても、メロディを大事にしてポップスと変わらなく聴きやすいものを作ってきたんです。今回は聴く人にとってハードルが低く、ちゃんとメロディで戦える作品が作れた気がします。そのうえで自分たちらしさにはこだわってるんです。

-メロディをさらにポップに聴かせるという意味で、今回、バンドの成長を感じました。

KOUHEI:結果、そうなったかもしれないけど、狙ったわけではないんですよ。歌をしっかりと聴かせたいから気づいたらシンプルになっていたんです。

GEN:譲りあえたというか。

KOUHEI:これまではフレーズやフィルひとつに対して、"俺はこれに自信があるんだ"ってところを出しちゃうことが多かったんですけど、今回は、ひとりひとりが曲に対して、"1回退いてみる"とか"メロがいいから前に出なくていいか"とか考えられたから......それが成長と言えば成長かもしれないですけど、"ポップに聴かせたいからシンプルにしよう"という話は特にしなかったです。そもそも、今回の曲を作り始めた当初は、どうしていいかわからなかったんです(笑)。

GEN:メジャーで初めてフル・アルバムを出して、ツアーも回って、状況が良くなってきているにもかかわらず(笑)。今までだったら、こういう感じで広がってきているから、こういう曲が必要なんじゃないかって、なんとなく方向性はみんな見えてたんですけど、今回は本当に始めはわからなかった。

KOUHEI:それで"どうする? どうする? どうする?"って(笑)。

GEN:僕らのパンク感、メロコア感は絶対入れなきゃいけないんじゃないか、2ビートもやらなきゃいけないんじゃないかって、とりあえず作ろうとするんですけど。過去の2ビートの曲を超えてないから、"これは違うかも""じゃあ、どうする?"ってその繰り返しだったんですよ。

KOUHEI:今回初めて、僕がDTMのソフトを使って、ドラムとギターを打ち込んでからバンドに渡すっていうことをやってみたんです。それも含めてまとまらなかったので、とりあえずいろいろ試そうと、曲をいっぱい出し合って。今回の4曲でイケるってようやく思えたのはミックスが終わったときでしたね。

GEN:たしかに、できるまでは不安でしたね。僕は歌詞を書いている分、KOUHEIたちよりももう少し完成形が見えてたと思うんですけど、それでもこれでいいのか不安で......。

KOUHEI:結果、胸を張って"良い"と確信できるものになったので、良かったです。

GEN:今回、ギターが特にいいと思ってて。本当だったら作りながらプリプロで全員が確認し合いながらやるのがいいと思うんですけど、今回、完成したギター・ソロを聴けたのはレコーディング当日だったんですよ。その段階でブラッシュアップしたいと思っても、当日いきなり言えないし、言って"どうしよう!?"ってなっても困るから。その不安もあったんですよ。それぐらいギリギリだったんですけど、みんな良かったから結果オーライではあったんです。

-ひとりひとりがスキルアップしていたってことではないですか?

KOUHEI:それはわからないです。フォーリミらしさは残したまま、新しい自分たちは出せたと思うんですけど。

GEN:俺は成長したと思うけどね。