Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

2017年10月号掲載

グッドモーニングアメリカ "八王子天狗祭2017" 座談会

Halo at 四畳半

Official Site

グッドモーニングアメリカ

Official Site

-グドモは愛されてますね。では、Gacharic Spinとの出会いは?

KOGA:私たちのバンドは去年の長崎のイベント(※[AIR Presents "LIVE SHUFFLE ! 2016"])で一緒にやらせてもらって。でもその前に深夜のラジオ局で、たなしんさんが全身ギンギラギンの衣装でエレベーターから降りてきて。ラジオだから姿は映らないじゃないですか。プロ意識がすごい! と思って。

一同:ははははは(笑)。

KOGA:それが第一印象ですね。で、私たちはエンターテイメント性の強い不思議なバンドだから、長崎でもなかなか話し掛けてもらえる機会が少なくて。でもグドモのメンバーはみなさん優しく声を掛けてくれて。(金廣)真悟(Vo/Gt)さんと打ち上げでいろんな話をしたんですよ。"ガールズ・バンドと一緒にやる機会も少ないから、一緒に何かやれたらいいね"と言われて。今回誘っていただけて、すごく嬉しくて。私たちはイロモノ扱いされることも多いから。

グドモ渡邊:金廣が"めちゃくちゃ仲良くなった!"と言ってて。珍しいんですよ、あいつがそういうことを言うのは。クセの強い人間ですからね(笑)。

KOGA:そうなんですね!

たなしん:言っちゃあ、俺もイロモノなので(笑)。それでライヴを観ると、かっけー! みたいな。そのギャップを感じてもらえたらいいなと。ぜひライヴを観てほしいですね。

-今回の中で唯一のガールズ・バンドですからね。

グドモ渡邊:そうですね。今回も繋がりのあるバンドばかりだけど、バラエティに富んでると思うんですよ。Gacharic Spinもそうだけど、ゴールデンボンバー、175Rだったり。今回のメンツを見て、どう思うのか聞いてみたくて。HIROKAZさん、どうですか(笑)?

HIROKAZ:僕的に熱いのはゴールデンボンバーとCOUNTRY YARDが並んでいるという。

グドモ渡邊:ははははは(笑)。

HIROKAZ:絶対一緒にならないメンツだから、それが熱いなと。

白井:僕、COUNTRY YARDのHayato(Mochizuki/Vo/Gt)さんとはアイドル繋がりで仲良くなったんですよ。

グドモ渡邊:えっ、マジで!?

白井:フェスで欅坂46を観たときに、紹介したい人がいると言われて。初対面だったけど、欅坂好きで仲良くなって、1時間ぐらいサシで話して。欅坂の番組が放送されるたびにLINEしてるんですよ。だから、俺はバンドマンとしてのHayatoさんをまったく知らないんです。あのアイドルオタクのHayatoさんが、どんなライヴをするのかなって。それが楽しみですね(笑)。

グドモ渡邊:はははは、それヤバいね。明平はどうですか?

岸:そうっすね。前回TOTALFATさんが出てたじゃないですか。Kuboty、打ち上げさん......。

グドモ渡邊:何、動揺してんだよ!

一同:ははははは(笑)。

岸:Kuboty(Gt/Cho)さんと打ち上げで、3次会ぐらいまで行って、"お前のギターはクソすぎるから教えてやるよ"って言われたから、Kubotyさんとスタジオに行ったんですよ。そこで"俺は今こんなギター(フレーズ)を作ってるんですよ"って弾いたら、Kubotyさんは寝ちゃってて。

一同:ははははは(笑)。

たなしん:その新曲はできたの?

岸:できました。その曲をぶつけたいっす。

HIROKAZ:結果、Kubotyはあんまり関係ない(笑)。