Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

BRADIO

Skream! マガジン 2021年12月号掲載

2021.10.09 @Billboard Live TOKYO

Reported by 蜂須賀 ちなみ Photo by umihayato

東京、大阪で開催中の"BRADIO Billboard Live 2021"はBRADIO初のビルボード・ライヴ。BRADIOがビルボード(Billboard Live)。そう聞いて、きっと似合うだろうと想像した人も多かったことだろう。そんな想像がオープナーの「Super Wonderful」によって早くも現実に変わった。ギターのカッティングが生むグルーヴを取っ掛かりに、躍動するバンド・サウンド。ビルボードはラグジュアリーな会場で、観る側も演る側もドレスアップしてきたり、なんとなくかしこまった感じになったりする。一方、ステージと客席の距離が非常に近く、演奏の生の質感が伝わってきやすい会場でもあるため、客席が温まるのに時間はかからない。声が出せなくとも、その場で揺れたり手拍子したりしながら楽しむ観客。歌声を豊かに響かせつつ、右手でメンバーを煽るしぐさをする真行寺(貴秋)。それに伴い、さらに熱量を上げていくサウンド。バンドのキメに合わせて真行寺が"今宵ひとり残らず全員まとめてパーティーの向こう側へ連れて行ってよろしいか!"と投げ掛ける最高の幕開け。そこから一転、今度は甘いサウンドとともに挨拶をメロディに乗せ、そのまま「Sugar Spot」が始まった。

Billboard Live TOKYO、10月9日の1st セットは真行寺、大山聡一(Gt)、酒井亮輔(Ba)+サポートの結城泰範(Dr)、奥野大樹(Key)、EFFY(Key)、佐伯ユウスケ(Cho)の7人編成=通称"BRADIO7"での初ライヴでもあった。キーボードが2名いるため、曲に合わせて様々な音色を鳴らせること、そして真行寺に引けを取らない佐伯のパワフルなヴォーカル(ふたりの掛け合いが見せ場になる場面も多かった)がこの編成の特色だろう。ジャズの要素を散りばめた「Sugar Spot」。歌と鍵盤の二重奏からしっとりと始まる「Playback」。"レゲエmeetsゴスペル"的な温かさはそのままに大人びた雰囲気を纏った「Switch」(真行寺のスキャットがトランペットのように聴こえてハッとした)。モータウン調の原曲に対し"前半は星空の下で鳴らすバラード、そして後半からポップに展開"という構成に変貌していた「All I Need Is You」――。MCで"楽曲の持つ可能性を発見できる公演になるんじゃないかと"と言っていた通り、シックでスウィートでソウルフルな、ビルボード仕様のアンサンブルが素晴らしい。特に印象的だったのが、テンポを落とし、スウィング調に変貌した「感情リテラシー」。曲中3回登場する"「ようこそどうぞ はじめまして」"が鍵となっており、ここで真行寺がたっぷりとロング・トーンを聴かせてくれたほか、このフレーズを境にバンドが表情豊かに展開する様がたまらなく楽しかった。

"嬉しすぎて嬉しい気持ち"、"こんな気持ちになったの初めてってくらい"と手応えを言葉にするも、楽しい時間はあっという間。"待ちきれなくてすぐ戻ってきちゃった"と笑いながらのアンコール「Back To The Funk」まで10曲を届けたあと、バンドはステージを去り、真行寺は去り際に"音楽って素晴らしい!"と叫んだ。普段よりコンパクトながらも、それ以上に濃密なライヴだったのは言うまでもない。もともと"コンセプトに則ってバシッとキメる"ことが得意なバンドではあるが、特に2020年以降は、様々な魅せ方のライヴにトライしていたため、その成果が実った形だ。いつ何時でも"「音楽って素晴らしい」を共有したい"という想いを体現してみせる彼らへの信頼は募る一方である。


[Setlist]
1. Super Wonderful
2. Sugar Spot
3. Playback
4. Switch
5. All I Need Is You
6. 感情リテラシー
7. 真っ赤なカーチェイス
8. アーモンド・アーモンド
9. 人生はSHOWTIME
En. Back To The Funk

  • 1