Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Shout it Out

2016年03月号掲載

Shout it Out

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:山内 彰馬(Vo/Gt) 露口 仁也(Gt) 新山 大河(Ba) 細川 千弘(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-意識が高まっているのはメンバー全員共通ですね。ところで"人知れず流す涙や/拭って芽生える覚悟が/春の花のように色付き/綺麗に咲き誇るんだ"という歌詞は山内さんらしい歌詞だと思いました。強く堂々と言い切れる強さを持っている。

山内:"明日を向いてほしい"と言っている自分がまっすぐにそう伝えなければ、それを受け取る側も自信を持って前を向けないとすごく思うので、そういうものを持ってないといけないなと思うんですよね。ちゃんと僕が自信を持って言い切れるぐらい、本当に思っていることだけを書いているので。だから意識して言い切るようにしています。

-そこはずっとブレないところですよね。そして「星降る夜に」はだいぶリアレンジされたそうですね。

山内:高校時代は僕がサウンド面に全然満足できなくて、そのうちライヴでやらなくなってしまったんです。でも細川千弘というドラムが入って"こいつならこの曲を納得のいくサウンドにできるんじゃないか"と思って。

細川:この曲は夏フェスでやれたらいいなと思ってアレンジを組み直して、クラップを入れたりしました。実はこの曲、僕がこのバンドに入るときの課題曲だったんですよね。"この曲はドラム次第でいい曲になるから"とずっと言われ続けていて(笑)。ライヴで身体を揺らすポイントになるのはドラムでもあるので、フレーズをすっごい突き詰めて考えました。特にイントロはドラムで段階をつけたので、注目してほしいですね。

露口:僕が作った曲なんですけど、リアレンジができあがったときは本当にびっくりしました(笑)。アレンジでこんなに変わるんや! って。

新山:この曲もあまりテンポは速くないんですけど、「ハナウタ」とは毛色が違うのでいいコントラストになったと思います。

-この曲には"朝"と"夜"が歌詞に出てきます。『Teenage』の楽曲然り、もともとShout it Outはこのふたつを歌い続けているバンドですし、"朝"も"夜"も"明日"というものを迎えるために不可欠な存在ですから、このEPはShout it Outが歌ってきたことが向かうべきところに向かうことができた感覚がありますね。

山内:ああ......たしかにそうかもしれないですね。

-ラストのTrack.4「あなたと、」は大切な人への気持ちを歌った曲です。

山内:僕は普段からいろんなことを考えてしまう人間なんですけど、ふと自分を客観視してみたときに、周りのいろんな人の力に支えられてるなと思ったんです。今それに気づいたなら今のうちに曲にしたくて、"人は支え合って生きているけれどそれに気づけないよね"みたいなことを伝えたくて。"人はひとりでは生きていけない"ということはすごく言われてきていることなのに、なかなかそれに気づけなくて自分に価値を見出せない人が多いと感じたから、それを伝えるにはラヴソングが1番伝わりやすいんちゃうかなと思って。

新山:自分をなかなか好きになれないというのは、周りにいて支えてくれている大切な人のことも否定しちゃう......というのと近いところがあると思うんです。だから自分のことを少しでも好きになれたら、周りの人たちも自分もみんな気持ちよく明日へ向かえると思うんですよ。このEPは過去を振り返るものもあって、そのうえでラストの「あなたと、」で歌詞にもあるように"いつか迎える新しい朝"に向かうことができると思うんです。僕はバンドをやっていて明日に向かおうと思うことができたので、バンドマンとして、発信者としてそれを曲にできたことがこのEPの結論だと思っています。

細川:「あなたと、」はいい意味で全体を通してストレートな演奏になったと思いますね。

-4曲とも趣向は違うけれど、どの曲もライヴで映えそうです。こんな短期間でバンドが2ステップくらい急成長しているとは、嬉しい誤算でした。

山内:ああ、よかった。僕たちは幅を広げるつもりでこの4曲を作ったんですけど、今までとガラッと変わっているので、受け入れられなかったらどうしよう......という不安も実はちょっとあったんです(笑)。

-山内さんの頑固な部分はちゃんと残っているし、それでいてメンバーそれぞれの個性や想いを音に出せるようになっていますから、Shout it Outは"歌モノ・バンド"じゃなくて"強い歌を持っているロック・バンド"になっていくんだなと思いました。『Teenage』よりもメンバーの表情が見える。

細川:わ、それめっちゃ嬉しいです。この4曲で自分たちがしっかり明日に向かっていけたなと思いますね。

-今年はみなさんが20歳になる年ですし、20歳を目前にしたタイミングでこういう作品を世に放てることは間違いなくバンドの背中を押すと思います。

新山:このEPが3月16日に出るんですけど、そのあと早速僕が4月末に20歳になるんです。小さいころの自分にとって20歳はめっちゃ大人で、自分がそんなものになるはずないと思ってたし。そういう遠いものがすぐそこまで来ている――そういうタイミングでこういうEPを作れて、この気持ちで20歳を迎えられることに幸せを感じるし、すごく楽しみですね。