Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第三回】

2018年10月号掲載

THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第三回】

第三回「入部」

小学生の部活動に入るきっかけは友達の影響も大きい。僕もそのひとりだった。運動系の部活は、ソフトボール、サッカー、バスケットボールだけだったので活発な子達は大体そのどれかに入った。当然、野球っ子だった僕はソフトボール部に入りたかったのだけど、仲が良かった周りの友達がほとんどサッカー部に入ると言っていて、あまり自分から意見を言うのが苦手だった僕は、友達の「お前ももちろんサッカー部だよな?」の一言に、「うん」と答えてしまった。そして、ソフトボール部に後ろ髪を引かれながらまんまとサッカー部に入ってしまった。正直、そんなにボールを蹴ったりする事もなくサッカーとは無縁だったのだが、ただ一つサッカーを覚えさせられたのが五つ上の兄貴の存在だった。兄貴はサッカーが大好きで部活もサッカー部に入り、よくサッカーの試合の番組を見ていた。夕方6時くらいから海外のサッカーの試合を放送するテレビ東京の「ダイヤモンドサッカー」という番組を一緒になって観ていた。ユベントスとか、ミランなんてイタリアのチームを知ったのもその番組だった。ジーコにプラティニ。知識はあったがサッカーとの接点はその程度。更に昔から長距離走が苦手で、走るのは短距離専門だったので、サッカーで20分とか走りまくるのも辛そうだなとも思っていた。

そんなこんなでいよいよ練習の日が来たのだが、監督は一切校庭には来なくて、バラバラにみんな自由にゴールにシュートしたり、パスをしたり、しばらくしてそれから仕切るやつがチームを分けてゲームをする。そして暗くなると職員室から「もう帰れ~」と声がかかり練習が終わる。なんとも自由なものだった。結局それは卒業するまで変わらなかった。時に、友達がみんなで今日は面倒だから帰ろう、となると一緒に帰ったりもしていた。試合になると、ポジションはいつもミッドフィルダーを任せられていた。守りと攻めの両方のバランスを必要とするミッドフィルダーは凄く難しく、常にただグラウンドを駆け回りボールを追っかけ回るだけの何にも役に立たない選手だった。試合だけに来る監督から「晋二、そこはお前の範囲だぞ!」といつも怒られていたが、自分もいまいちなんで怒られているのか理解していなかった。チームももちろん強い訳はなく、いつも遠征に行ってはボロ負けしていた。正直、心のどっかで最初はサッカーに興味はなかったものの、せっかくサッカーに部に入ったのだからもっと上手くなりたいとも思っていた。昔から何処か真面目気質があったのか、やるならしっかりやりたい。中途半端はやだ。そんな性格もあってか、監督にはもっと詳しくサッカーについて教えて欲しいと思っていたが、現実は放任プレーだった。

僕が通っていた小学校は、県なのか国なのか記憶が曖昧だが、健康指定小学校みたいのに指定されていて、休み時間は裸足で校庭を走り回ったり、一人一人1.5mくらいの竹の棒を使って独自の体操をしたりと、健康を意識した取り組みが盛んに行われていた。その一環だったのか、小学四年生の冬くらいにあの有名な日本のサッカー選手、釜本(邦茂)さんが僕の小学校にサッカーを教えに来てくれた事があった。今でも日本のサッカー界にとって物凄い影響を与える偉大な選手。その頃はどれほど有名な選手かは分かってはいなかったものの、凄い選手と一緒にサッカーをするというのは、少年心にサッカーの楽しさを強く焼き付け、益々サッカーへの興味を深めていく理由としては有り余るものだった。とはいえ、その後も相変わらず選手としての結果は何も出せないではいたが、確かにサッカーを好きになり始めている自分がいた。そして小学校五年生になったある日、突然監督からこう告げられた。「これから晋二はゴールキーパーな」。

それから僕は6年ほどゴールキーパーと付き合っていく事となる。
 

THE BACK HORN

1998年結成。"KYO-MEI"をテーマに、聴く人の心をふるわせる音楽を届けていくという意志を掲げる4人組ロック・バンド。2001年、メジャー1stシングル『サニー』をリリース。以降、そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観からクリエイターとのコラボレーションも行う。2017年、史上2枚目となるベスト・アルバムをリリース。2018年に結成20周年を迎え、3月にミニ・アルバム『情景泥棒』を発表。10月17日には、インディーズ作品の再録アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』をリリースする。現在、全国ワンマン・ツアーを開催中で、そのツアー・ファイナルとして2019年2月に日本武道館公演を行う。

Related Column

2018.12.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第四回】
2018.10.04 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第三回】
2018.08.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第二回】
2018.06.07 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第一回】
2018.04.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【最終回】
2018.02.08 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十七回】
2017.12.14 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十六回】
2017.10.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十五回】
2017.08.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十四回】
2017.05.31 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十三回】
2017.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十二回】
2017.02.10 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十一回】
2016.12.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十回】
2016.10.21 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第九回】
2016.08.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第八回】
2016.06.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第七回】
2016.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第六回】
2016.02.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第五回】
2015.12.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第四回】
2015.10.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第三回】
2015.08.22 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第二回】
2015.06.12 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第一回】