Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第七回】

2016年06月号掲載

THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第七回】

ごきげんよう、2月から始まったツアーもいよいよ終盤戦。
今回も前回に引き続きツアー中のランチ日記をつまみ食いしてみましょう!
 

ツアー15本目、盛岡。



 

なんとなくカレーが食べたくなる今日この頃。盛岡の春はもう少し、曇天で肌寒いのであります。
カレー食べたいと思ったけど目当てのカレー屋は日曜で休み、てなるとびっくりドンキーの元祖店「ベル」でハンバーグか?と思ったのですが、昨日もハンバーグ。まあ連チャンもありっちゃありなんですが、ハンバーグの味もびっくりドンキーと同じ味なんで想像できる、ってな具合でランチ難民と化す寸前で菅波さんに「わんこそばで有名な東家、かつ丼もいけるんすけど、流石にヘヴィーですよね~......」なんてこぼしてみると、「いやいや、なかなかどうしてありじゃないですか。」と返事を頂き東家に向かうことに。
2時前の入店なのにわんこそば以外のフロアもびっちり。そりゃそうか、地元の人はわんこそばチャレンジしないすもんね。私共は迷わず特製かつ丼980円をオーダー。
からの10分と待たず出てきたかつ丼はビジュアルがまず100点。椀物に一口そばが入ってるのもさすが。んでかつ丼食べてみると、
「こ、これは......」
の味王リアクションとなる完成度。お椀そばがあるためか絶妙なご飯の量、甘過ぎず絶妙な味付けに香の物がたくあんではなくガリみたいなんが付いてるのもより絶妙。そばもうめえ。
これはマイかつ丼ランキングベスト3に入るやつだわ~、とガツ食い。もう食べきろうかというタイミングで蕎麦湯が出てきて、もうこりゃ完敗であります。満点をとってるのにダメ押しの蕎麦湯。タイミング、味、雰囲気全てが恐ろしい完成度。老舗っつうのはおっかないですわ~。
食後の余韻もしみじみ満足しつつ、ライブハウスへ。いい日になること間違い梨元勝。
 

ツアー22本目、岡山。


 

14時半過ぎに岡山到着。結構な雨模様。そして半端な時間故行きたい店は大概ランチ時間終わって休憩時間。てな訳で通し営業してそうな老舗洋食屋「やまと」がライブハウス近くにあるのでそこにとりあえず向かってみます。15時ちょい前に店に着くとやってました!そそくさと入店、いつもは行列必至のこの店も雨でこの時間だとすんなりであります。岡山といえば「デミかつ丼」ていうデミグラスソースがかかったかつ丼が有名ですが、あんまり美味い!と思った印象がないので外します。洋食屋なのにラーメンが人気という特殊な店でもありますが、ライブ前ラーメンをあまり良しとしない私は密かに見えるかつカレーをオーダー。なんなんすかね、メニューに迷うとかつカレーをオーダーしてしまう男の性。菅波さんはラーメンにコロッケという特殊サイドメニューで攻めてます。程なくしてやってきたかつカレー。まずはルーとライスで。「こ、これは......」玉ねぎをめっちゃ弱火で炒め続けて丁寧な甘みのある家庭カレーの最上級的なやつです。家庭的な店の雰囲気にはまってますな。かつもちゃんと美味しい。雨の岡山に綺麗にハマるほんのり温かみを感じる逸品でありました。て、気持ちよく外出て店の看板をふと見ると「15時から16時までは麺類のみの提供」とのこと。あぶねえ、後数分入店が遅れてたら麺類縛りになるところであったのであります。あと、店にTHE BACK HORNのフライヤーが置いてあったのですが、全く我々触れられなかったのでたまたまだったのでしょう。
 

ツアー27本目、熊本。


 

本日熊本は結構な豪雨、昼間っから薄暗いかんじです。街中のアーケードには人が結構溢れてて活気はあります。が、シャッターがおりてるままの店や、まだ営業できる状態じゃない店もちらほら。てな具合でランチに行こうとしてた紅蘭亭もシャッターがおりてて閉店してる状態。仕方ないかな、て思ってたら貼り紙で「もう一店舗は営業してる」とのこと。菅波さんとそちらに向かいます。てかもう一店舗あったのね、そしてそこからライブハウスまでは激近ということも判明(照)で着いたら結構並んでますなぁ。一応名前を書いて様子見てると回転はすこぶるよいみたいで5分もすれば入店。熊本といえば太平燕(タイピーエン)ていうさっぱり豚骨スープに春雨麺が入ってるやつが有名、でこの店は黒酢酢豚も名物ってことでそれらがセットになった中華定食を。この店の女性店員さんはみんな深いスリットの入ったチャイナドレス。ちらちら見える太ももを薄目で見ながら待つこと数分、やってきました!見た目も品があるよこの定食!太平燕は相変わらずさっぱり食べやすく、酢豚も上品ながら米にあう!キュウリが入ってるのも面白いですな。別に面白くはないけど。とあっちゅう間に完食。で入り時間まで余裕をもたせていたので、気になる熊本城を見てきました。石垣がいろんなとこで崩れてて、城内への経路は通行止め。遠巻きに一周して途中、二の丸駐車場から本丸が望める所があったので、そこから現存5層の櫓、宇土櫓を見つつ天守や小天守の様子も観察。宇土櫓に繋がる渡り廊下が倒壊してたり天守屋根瓦が殆んど崩れ落ちてたり満身創痍なかんじなんですけど、なんかそこに雨の中踏ん張ってるようにも見えて心動かされます。城の復活にはまだ何年もかかるでしょうが、きっと熊本のシンボルは生まれ変わるはず!とにかく今日は観に来てくれる熊本のみんなをライブ観てる2時間は元気にするのです、かならず。はい!てな具合で6月12日のツアーファイナルまでラストスパート!

Related Column

2018.10.04 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第三回】
2018.08.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第二回】
2018.06.07 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第一回】
2018.04.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【最終回】
2018.02.08 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十七回】
2017.12.14 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十六回】
2017.10.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十五回】
2017.08.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十四回】
2017.05.31 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十三回】
2017.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十二回】
2017.02.10 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十一回】
2016.12.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十回】
2016.10.21 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第九回】
2016.08.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第八回】
2016.06.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第七回】
2016.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第六回】
2016.02.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第五回】
2015.12.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第四回】
2015.10.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第三回】
2015.08.22 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第二回】
2015.06.12 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第一回】