Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十二回】

2020年04月号掲載

THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十二回】

第十二回「運命」

小学生最後の大会当日、そわそわした気持ちと同時にぴんと張り詰めた緊張に包まれながら家を出た。冬の寒さが余計に緊張感を煽る。校庭までの道のりがいつもと違って見えた。何度も渡った橋も、国道を渡る歩道橋も地に足がついてないような感覚で歩いている。会場に着くとまばらにメンバーが集まってきた。何を話す訳でもなく、いつもの荷物置き場でそれぞれ準備をしているけど、皆んなどことなく違う表情をしている。きっと周りから見たら自分もそんな表情だったと思う。監督がやってきて、ラインを引いたり、みんなでコートを作り試合の準備をする対戦相手も集まってきた。今の自分の不安と他のメンバーの不安を比べたら誰が一番大きいだろう。こんな時にいつもと変わりなく平常心でいれるのはよほど自信があるか、あまり気にしていないか、楽しむ気持ちが勝っているかのどれかだと思う。負けても死ぬ訳じゃない。負けても何かが変わるわけではない。ましてや、3年間試合に勝つ為に練習をしてやってきたチームではない。ただサッカーが好きで友達の延長線上で集まってボールを追いかけていただけだ。ただ、自分の中では最初で最後の真剣な試合という感じがしてどうしても負けたくはなかった。勝ちたかった。とはいえ、ケガの不安や、心配性、神経質な性格も相まって試合前からいつも以上のプレイを発揮できる気持ちではないのは明らかだった。

監督がみんなを集めて何となくのポジションを発表する。何となくというのは、それぞれがそのポジションに特化している訳ではなく、例えば足が速い子が攻撃、体が大きい子がディフェンス、気の強い子が真ん中といったサッカーの適正よりもフィジカルや性格でポジションを選んでいる感じであった。それくらい各々あまり差がないチームだった。監督に名指しで決められたゴールキーパー以外は。ディフェンスの子にボールを蹴ってもらいキャッチをしながらアップを始める。ロングキックをしたり、ロングスローのアップをしてると、次はキーパーがゴールマウスに入るシュート練習が始まった。次々と打ってくるシュートにも、痛めた方の左足側にはなかなか勇気を持って倒れ込む事ができない。大丈夫。試合になればできる。ここで痛みを増す訳にはいかない。そう言い聞かせながらアップで体をほぐしていく。朝からの緊張もだいぶ和らいできて試合に臨む気持ちが高まってきている。

そして整列をしていよいよ試合が始まる。東白川郡内の小学校が4つほど集まりリーグ戦を行う。この試合は毎年行われているので、前の学年やその前の学年の結果をみると大体強いチームは決まっている。あとあと気づいた事だが、この試合で優勝すると県南地区大会、県大会へと大会が続いていたらしいが、監督がこのチームでどこまで本気で次の大会まで目指していたかは分からない。ホイッスルが鳴りボールが蹴り出された。最初の対戦相手はこのグループの中では頑張れば勝てそうなレベルのチームだ。ほぼ互角と言っても過言ではない。ボールを奪い合いながら拮抗した展開が続く。シュートというシュートも飛んでこない。いわゆる団子サッカーに近い形になっていた。こっちの選手がボールを奪ってドリブルをしても相手に取られ、また奪って取られの繰り返しであっという間に前半の20分は過ぎていった。ボールを触ったのも相手のパスミスをキャッチしたくらいと、ゴールキックを蹴ったくらいで、こんなに20分って短いのかってくらい直ぐに終わってしまったのを覚えている。ハーフタイムになり、監督がこのまま最後まで走りきれ。と相変わらずサッカーの中身ではなく精神的なアドバイスを送っていた。そうだ。僕らは試合に勝つ為の戦術的な練習などしてきていない。とにかく勝つためには一人一人が走ってボールを奪い取るしかない。そんな話をしてると後半が始まる合図が聞こえてきた。陣地を交代して配置についた。あと20分無失点に抑えて引き分けでも良い、次の試合に繋げたい。負けるよりは気持ち的にも前向きに次の試合に向かえる。ホイッスルが鳴り後半が始まった。前半より強くボールを奪いにいく仲間達。勝ちたい気持ちが伝わってくる。相手も激しく向かってくる。前半に引き続き団子状態の攻防は続く。

すると、センターラインの少し相手側の辺りでその塊から1人仲間のFWの選手が抜け出した。そのまま行けばキーパーと一対一になる。いけー!監督が叫んだ。キーパーが前に出損ねている。そのまま落ち着いて枠に打てば入る。ゴールに近づいていく。そしてシュート!左隅にボールは吸い込まれた。入った。やった。1得点。知らない間に来ていた親達からも歓声が上がる。前回の試合のような自陣にボールが来ない、キーパーの出番がない物足りなさなどない。純粋に嬉しかった。普段感情を出さない仲間たちも喜んでいた。よし、この1点を守り切れば勝てる。残り時間は10分ほど。最初の緊張など忘れ益々高ぶる気持ちが全身を程よく支配していた。

THE BACK HORN

1998年結成。"KYO-MEI"をテーマに、聴く人の心を震わせる音楽を届けていくという意志を掲げる4人組ロック・バンド。2001年、メジャー1stシングル『サニー』をリリース。以降、そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観からクリエイターとのコラボレーションも行う。2018年に結成20周年を迎え、海外公演や日本武道館公演を含むアニバーサリー・ツアーを完遂。2019年には12枚目となるオリジナル・アルバム『カルペ・ディエム』を発表。2020年5月からは"THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」カルペ・ディエム~今を掴め~振替公演"の開催を予定している。

Related Column

2020.10.02 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十五回】
2020.08.05 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十四回】
2020.06.10 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十三回】
2020.04.02 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十二回】
2020.02.05 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十一回】
2019.12.10 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第十回】
2019.10.10 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第九回】
2019.08.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第八回】
2019.06.11 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第七回】
2019.04.05 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第六回】
2019.02.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第五回】
2018.12.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第四回】
2018.10.04 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第三回】
2018.08.06 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第二回】
2018.06.07 Updated
THE BACK HORN 松田晋二の"宇宙のへその緒"【第一回】
2018.04.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【最終回】
2018.02.08 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十七回】
2017.12.14 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十六回】
2017.10.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十五回】
2017.08.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十四回】
2017.05.31 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十三回】
2017.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十二回】
2017.02.10 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十一回】
2016.12.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第十回】
2016.10.21 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第九回】
2016.08.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第八回】
2016.06.09 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第七回】
2016.04.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第六回】
2016.02.16 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第五回】
2015.12.13 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第四回】
2015.10.15 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第三回】
2015.08.22 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第二回】
2015.06.12 Updated
THE BACK HORN 岡峰光舟の「アラフォー戦国時代」【第一回】