Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

A11yourDays

2017年03月号掲載

A11yourDays

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:SOGYON(Vo) 二見'JOHN'伸一朗(Gt) Masaya(Ba) UK(Key) Kohey(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

2015年に結成して間もない昨夏、"Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016"のBorn Next Stageと、"イナズマロック フェス 2016"の風神ステージに出演するという快挙を成し遂げたA11yourDays。貴重な経験を経て、この3月に1stミニ・アルバム『you,』をリリースする。ヴォーカルのSOGYONは韓国と日本のハーフ、ギターのJOHNはアメリカと日本のハーフというボーダレスな感覚を活かしながら、とびきりポップなピアノ・ロックを鳴らす彼ら。新作には、大舞台を見据えたポップスから、横ノリのファンク・チューンまで、彼らの個性がギュッと凝縮されている。メンバー全員に、ここに至るまでを訊いた。

-去年は、結成1年という早さで大きなふたつのフェスに出られましたよね。そもそも、結成したときから"このバンドは行ける!"みたいな自信はあったんですか?

SOGYON:根拠のない自信はあったんですけど、挫折やメンバー・チェンジもあって、不安も出てきて。そういうなかでフェスに出られたことで、また自信がつけられましたね。

-その経験も、今作には反映されていますか?

SOGYON:100パーセント反映されています。去年の活動すべてが、今回のミニ・アルバムに詰め込まれていると思います。タイトルの"you,"も、あなたが聴いてくれないと何も始まらないっていう意味なので。

―",(カンマ)"が付いているじゃないですか。この意味は?

SOGYON:あなた"と"っていう意味です。

-なるほど。バンド名からも"すべてのあなたの日々を彩りたい"っていう意思を感じますが、その気持ちがさらに強まったからこそ、今作のタイトルに繋がったんですか?

SOGYON:まさにそうです。このバンドの楽曲を携帯とかに入れてもらって、聴いてくれる人と日々を共に過ごしていきたいと思っています。

-今作には振り切れたポップ・ソングが詰まっていますが、それも、不特定多数の人たちに聴いてほしいという気持ちの表れなんでしょうか。

UK:試行錯誤があっての今だと思います。最初はいろんなことをしていて、一番ハマるのはどれだろうね? って言いながらやってきた結果、こういうところに辿り着きました。

-最初のいろんな曲って、どんな曲があったんですか?

SOGYON:よく、ゲーム音楽っぽいって言われてたんですよ。今と全然違います。

-どうやって今のようなポップ・ソングを生み出すようになったんですか?

SOGYON:勉強しましたね、UKさんから。

UK:(笑)私のルーツは、J-POPや洋楽のポップスなので。