Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チーナフィルハーモニックオーケストラ

2016年06月号掲載

チーナフィルハーモニックオーケストラ

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:椎名 杏子(Vo/Pf) 柴 由佳子(Violin) HAPPY(Dr) 角谷 奈緒子(Viola) Sohey(Cello/Ba) ほしやま かなこ(Harp)

インタビュアー:沖 さやこ

チーナのメンバーが中心となり2015年に結成された"チーナフィルハーモニックオーケストラ"が、5曲入りの初音源を作るために"Eggsサポートプロジェクト"にてクラウドファンディングを実施している。サポート・メニューは"コーラスとしてのレコーディング参加権"など、リスナーもCDの制作などに参加できるという普通ではなかなかできない経験ばかり。そこには"オーケストラの一員になってほしい"というバンドの願いがあった。

-チーナのメンバーを中心に、チーナフィルハーモニックオーケストラを2015年に結成。なぜこのような大所帯バンドを組もうと思われたのでしょうか?

椎名:チーナで『DOCCI』という2ndミニ・アルバムを出した2014年あたりから、"チーナフィルハーモニックオーケストラという大所帯バンドを組もう"という話が具体的に進んだんです。チーナはもともとヴァイオリンやコントラバスが入っているちょっと変わった編成のバンドなので、もっと曲の広がりやオーケストラ感を表現したい、もっと飛び出したいなと思って。......以前は、もっとロック・バンドっぽくなりたかったんです。でも、HAPPYが加入する前にチーナをサポートしてくれていた小宮山純平さん(※チーナフィルハーモニックオーケストラでパーカッションを担当)が"いや、チーナはロック・バンドじゃなくてフィルハーモニックオーケストラだろう"と言ってくれて、それが結成の大きなきっかけになったんですよね。そっちの方向性で表現を追及する方がみんなも楽しいかな?と思って。

HAPPY:僕がチーナに加入して、だいぶ慣れてきたかな......と思っていたころに出たフィルハーモニックオーケストラの話だったので、楽しみな反面プレッシャーもすごくて痩せました(笑)。でも、僕はもともとチーナが好きだったので、この編成で演奏すれば曲の持つイメージが膨らむなとわくわくしてました。

-メンバー集めはどのように進みましたか?

椎名:今までチーナに関わってくれた人の中で、一緒にバンドをやったら面白そうな人たちにお願いして。SoheyさんはSOURでエレキ・ベースを弾いてて、趣味でチェロをやってたんです。SOURはバンドとしてすごく好きだったし、そういう人のセンスも取り込みたくて。

Sohey:誘ってもらったときに絶対楽しくないわけがないと思ったけど、担当楽器がチェロだったので、最初はどう断ろうかと思って(笑)。でも、チェロも持ってるだけだともったいないし、演奏できる機会があるのは大切だなと思って......いろんな言い訳をしながら"それでもいいならやります"と答えました。

柴:楽しんでやってくれるであろう人たちに声を掛けさせてもらったんですよね。例えば奈緒ちゃん(角谷)もいろんなところでヴィオラのお仕事をしてる人なんですけど、バンドの近くで音を鳴らしていることが多いぶん、ラフな雰囲気があって。

角谷:私はチーナのファンだったので"面白そう!"とすぐOKしました。

ほしやま:私も声が掛かって、すぐに"楽しそう!"と思いました。私の弾いているハープは出せない音があって、バンドに合わせて音を鳴らすことがそれまでほとんどなかったので、最初は不安もあったんですけど、"自由でいいよ"と言ってもらえて。

椎名:......フィルハーモニックオーケストラとはいえ、わりとみんなクラシックとはひと味違う人たちなんですよね。かなりクセのあるメンバーが揃ってると思います(笑)。バンドの先輩としてアドバイスもしてくれるので、チーナとしてもすごくためになっています。ただ、普通のバンドよりも人数が多いぶん、楽しいけど大変なこともいっぱいあるので、たくさんライヴすることはなかなか難しいんですけど、いろんなイベントから声を掛けていただいてみんなで1年やってこれました。

-今回"Eggsサポートプロジェクト"にてクラウドファンディングで初の音源リリースを計画中とのことですが、なぜこのような方法を取ろうと思われたのでしょうか。

椎名:もともとCDを出すことは無理だろうなと心の底から思ってたんですよね。みんな他にも活動しているし、普通のバンドがレコーディングするよりも広いスタジオを借りないといけないですし。でも、チーナフィルのメンバーが"CD作らないの?"と言ってくれたし、ライヴをやっているとCDを聴いてほしいなとも思うし。それで結成から1年経って、CDを作ろうと思ったんですよね。そのときに事務所の社長が"あなたもオーケストラの一員になりませんか?という言葉が、これからのチーナフィルの活動にすごく合っていると思う"とこの方法を提案してくれて。チーナフィルはお客さんからとても応援してもらっているバンドなので、お客さんもメンバーになって一緒にバンドを盛り上げていけたらすごく楽しいなと思ったんです。