Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

A11yourDays

2016年09月号掲載

A11yourDays

Eggsプロジェクト

Official Site

メンバー:SOGYON(Vo) 二見'JOHN'伸一朗(Gt) Masaya(Ba) UK(Key) Kohey(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

躍動的なピアノ・ロックに、爽快に駆け上がるメロウな歌心を持ったメロディを響かせる5人、A11yourDays。日本語、英語、韓国語というメンバーの言語が取り入れられた歌はキャッチーで、結成から半年少々の短期間で、"イナズマゲート2016"の準グランプリ(2016年のグランプリは不選出)を獲得し、"イナズマロック フェス 2016"への出演が決定。また、7月には"Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016"のBorn Next STAGEにも出演しており、大きな舞台へと突き進んでいる。9月14日にはライヴハウス限定シングル『City』をリリースし、9月18日の"TOKYO CALLING 2016"に出演する5人に、話を訊いた。

-2015年11月に結成ということですが、どういうバンドにしようというビジョンはあったんですか。

UK:最初は探り探りでした。私とヴォーカルのSOGYON君が曲を作れるから、まずは曲を作ってから考えようと。

SOGYON:最初は、ギター・ロックというよりはもうちょっとピアノを入れた、遊び心のある、新しい音楽をやってみようかという感じでした。

-ふたりの作る曲には、何か共通点はあったんですか。

SOGYON:結構違いますね、自分の曲はまだ世には出ていないんですけども(笑)。どうしても好きな要素が入ってしまうので、それをどうA11yourDaysにしていくかを考えながら、模索していますね。

-みなさん音楽的なルーツや、好きなものは近いんですか?

SOGYON:バラバラです。僕は洋楽が好きで、一番好きなのはMAROON 5ですね。あとはブラック・ミュージック、ソウルやR&B、ダンス・ミュージックも好きです。

UK:私は洋楽も聴くんですが、ルーツはJ-POP。なので、サウンドは基本的に洋楽に寄せているんですけど、メロディはJ-POPになりがちです(笑)。

Masaya:俺はロック、パンク、スクリーモばかり聴いてます。

JOHN:もともとは日本のソロ・シンガーだったり、アニソンだったりを聴いていました。高校に入ってBUMP OF CHICKENを聴き始めて、それからはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTとかガレージな方にもいって。そのあとは周りの影響でブルースや、John Mayerとか海外のギタリストの曲を聴くようになって、根底にあるのはそのあたりですね。

Kohey:僕は昔から邦ロックで、最近になって洋楽も聴き始めた感じです。ドラムを始めたきっかけも、凛として時雨で。

-これだけバラバラな音楽をどうまとめるんですか。

Masaya:ノリで(笑)。

SOGYON:UKの書く曲がいい曲なので、それに合わせて、個人のてんでバラバラなものを個性としてまとめるという感じですね。

-UKさんは曲を作って、そのサウンドをどう5人で仕上げていくかという部分で、具体的にどうしてほしいかはメンバーに伝えるんですか。

UK:ある程度アレンジした段階のものをみんなに投げて、そこからそれぞれ広げていくんです。こだわりが強い部分は文章にしますね。特に細かいフレーズの指定はないんですけど。大まかなキメとか展開の仕方みたいなのは、みんなわりと忠実にやってくれているのかな(笑)。

Masaya:こだわりがすごいので。

-9月にリリースするシングルの表題曲であるTrack.1「City」は、結成当初からやっている曲で、ライヴの定番曲でもあるそうですね。

UK:活動当初からある曲ですね。いろいろと曲を作っている段階で、デモが上がったときに"これでしょ"って、みんな意見が一致したんです。"これはきた"っていう感じになって、シングルにすることもスッと決まった曲でした。

-いろいろ曲を作っていく中で、UKさん自身もできたときに手ごたえがあったんですか。

UK:うーん、私的にはちょっと微妙かもしれないなと自信がない状態で出したんです。でも、みんな反応が良くて。そのとき、"あぁ、なるほど!"と(笑)。こういうことなのかというのはありました。

-みなさんも"これだ"とピンときたんですね。

SOGYON:代表作となるものを作らなきゃいけないなっていうときに、この曲をポンと出されて、"これか!"っていうのは納得したかな。

Masaya:でも、最初のデモを聴いたときは、そこまでピンときてなかったんですよね。

UK:あぁ、そうだ。途中でサビのメロディを変えたんだよね。

Masaya:それで、いいじゃんってなったのは覚えてる。

SOGYON:で、レコーディングのときには、最強の曲になっていましたね。