Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ゆるふわリムーブ

2017年06月号掲載

ゆるふわリムーブ

Eggsプロジェクト

Official Site

ゆるふわリムーブ

Official Site

インタビュアー:沖 さやこ

-(笑)歌詞を見ている限り、網谷さんは結構溺愛系の恋愛をする方だなと。

網谷:何をするにも目の前しか見えないんですよ。だから好きな人ができると、その人のこと以外どうでもよくなる(笑)。だからいまはバンドのことしか見えていないし。大事なものがひとつあると、そのほかのものがなんでも後回しになっちゃうんです。

-バンドのことしか見えていないいま、もし一世一代の恋に落ちたら、網谷さんはどうなっちゃうんでしょう?

網谷:......選べないですね~!

高宮:そこは嘘でも"バンド"って言えよ(笑)。

-ははは(笑)。アルバムに収録される新曲「夜を越えて」、「かくれんぼ」(Track.4)、「スカーレット」(Track.7)はバンドのできることを広げた曲にもなっていると思いました。

網谷:少なくとも1曲はいままでの僕らにない感じの変化球を入れたいなと思って「かくれんぼ」を作って。この曲はメンバー全員頑張りました(笑)。初のベース・ソロも入っているので、レコーディングもみんなひいひい言っていて。

高宮:"わ、なんかいままでと違うの来た!"と思いました(笑)。いままでやってきた曲とはジャンルが違うので、セオリーとして正しいのかどうかわからないというか......。言ってしまうと何が正解かわからない(笑)。でも、やってこなかったノリの曲なので、叩いていてすごく楽しかったです。

-「かくれんぼ」はイントロのリフレインするギターが印象的で、ループ・ミュージック的なノリの曲でもありますから、たしかにバンドにとっても変化球だと思います。

網谷:この曲はそのリフレインするギターがきっかけになってできた曲なんですよ。それからサビの"君は隠れもしない~"という歌詞とメロディが出てきて、そのあとにクラップも入って、メロディもどんどんいままでにない感じになって。ここまでやるなら振り切った方がいいなと思ってベース・ソロとギター・ソロを入れて、ちょっと妖しい感じの雰囲気にしてみました。

-「夜を越えて」はいままでのゆるふわリムーブの進化形というか。

網谷:疾走感がすごい曲なので、仮タイトルは"勢いがあるなぁ"でした(笑)。

-"勢いがあるなぁ"ってなんだか他人事な(笑)。「モノローグ」寄りの曲ではあるけれど、この曲よりもセンチメンタルな雰囲気があります。

網谷:「モノローグ」は"みんな頑張ろうぜ!"という曲だけど、「夜を越えて」はポジティヴなものにもネガティヴなものにもどっちにも取れるような感じの曲だと思います。希望が見える曲にするつもりだったんですけど......ネガティヴな感情を出しているときの方が自分らしいものが出てくるんですよね。だからポジティヴなものもネガティヴなものも混ぜて、どっちにも受け取れるものにしたくて。

-なるほど。「スカーレット」は失恋を綴ったミディアム・ナンバー。切ないけれどちゃんとさようならをしている、次に繋がる曲だと思いました。それは歌詞だけでなく、楽器隊のサウンドにも出ていると思います。

高宮:「スカーレット」は恋愛にかかわらず、うまくいかないときのことを思い出すので沁みる曲ですよね。演奏しているときもそれを噛みしめて。ギターの久保も"沁みるわー......"と言ってました。

網谷:僕はフラれたんですけど、久保はフッたんですよね。久保の相手は僕と似たタイプの子だったので、"あいつはいまこういう気持ちなんかなー......。苦しいわ"と悲しみながら弾いてくれました(笑)。

高宮:じゃあフるなよ! って思うけど(笑)。

-ゆるふわリムーブというバンド名もTwitterのタイムラインでたまたま流れてきた"バンド名診断"で決めたという前情報から"どんな方々なんだろう......?"とは思っていたのですが、案の定全員ちょっと変わり者でした(笑)。網谷さんも、波長の合ういいメンバーが揃ってよかったですね。

網谷:よかったです。メンバーがリムーブしすぎたのでメンバー・チェンジはもういいです(笑)。

-ははは。ゆるふわリムーブはアッパーな曲もミディアム・テンポの曲も、どちらも武器として使えるタイプのバンドなんだなと思いました。

網谷:最近はバラード系の方が得意なのかな? なんて思ったりもしています。でも「夜を越えて」みたいな攻めた曲もやりたいですし、やっぱりどっちもいけるのがいいですよね。楽曲のバリエーションは多い方がいいかなと思っているので、今回は「かくれんぼ」みたいな曲も作れたし。これからも常に自分たちの色を消さずに"いままでと違う曲"を作って、いろんな曲を作って新しい場所を発掘していきたいです。