Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

cinema staff 「萌えもemo」【第42回】

2019年04月号掲載

cinema staff 「萌えもemo」【第42回】

大嫌いな寒さが終わったと思ったら花粉症がつらい時期に入ってきました。そんな私は、最近は町中華にどっぷりハマっております。今回紹介したいのは、神奈川県横浜市鶴見駅にある"ニューいろは"

まずこの外観、"中華のお店"という表記、"いろは"の看板、緑に白抜きの異質な"ラーメンいろは"の文字、100点満点。店内も、年季の入ったメニュー表、ラーメンが500円という安さ、おつまみメニューも豊富、そして大将が鍋を振り、女将さんの丁寧な接客もまたたまりません。ただ僕はラーメンは基本あまり好きじゃないので食べません(笑)。瓶ビールの大瓶が600円も嬉しい。チャーハン(580)、餃子(330)を注文(最近はだいたいこの3点セット、一人の場合半チャーハンがあればなお嬉)。この日は友人と二人で共有、友人はさらに"つけめん"を注文しておりました。今考えるとこの店でたくさんあるメニューからあえてつけめんを頼むって発想、不思議な奴ですね。餃子は、野菜多めのあっさり味、そしてもうこのチャーハンが絶品、この色味もちょっと珍しい(醤油?)、味の染みた細かい豚肉もたまりません。素晴らしい町中華でした。滅多に行くところではないですが、また次も寄りたい。


さて、何故鶴見駅に行ったかというと、アナログレコードプレスの会社、東洋化成へカッティングという作業の立会いのために行きました。ここで今回の一枚に繋がってくるのですが、私のやってるレーベルLIKE A FOOL RECORDSから4/13のレコードストアデイにリリースするmy young animalとCHIIOのスプリット7インチを紹介です。つまり、宣伝です。



岐阜県中心に活動する、6人組インディーロックバンドmy young animalと、都内中心に活動する男女混合4ピースインディーロックバンドCHIIOによるスプリット。my young animalは、2年前に1stアルバムをLIKE A FOOL RECORDSからリリース、CHIIOも同じ時期に1stアルバムを3P3Bからリリース、ライブを通して2バンドが急接近、僕もCHIIOのメンバーとは元々仲良かったし、大好きなバンドなのでこのリリースが出来て嬉しい。

my young animalは、シンセを含めた6人組というメンバー編成を最大限に生かしたシカゴ音響派なポストロックなサウンドメイク、mya特有ギターアルペジオの絡み、今作もお馴染みコーラスで参加のレミ街のアヤ嬢のコーラスも生きまくったメロディワーク、そして、ラストのカタルシスが流石な"awake"収録、CHIIOは、隙間をうまく利用したミニマルなバンドサウンド、中盤~終盤の緊張感を解き放つジャングリーで壮大なパート、そこに独特の言葉のセンス、演奏と絡み合うメロディワークが素晴らしい"marble"収録。
共に、Death Cab For Cutie、The Sea and Cake辺りのインディーロックな空気感の2バンド、最高に相性バッチリです。アートワークも2バンド、私も敬愛するFootball, Etc.のDaniel。
7インチ、カッティング立会いもめちゃくちゃ良い経験になったし、色々こだわれて楽しかったし、ただぶっちゃけお金はかかりますよね~(笑)。内容は間違いないので是非、お願いします。本当に。
cinema staffの方も、無事復活、こっから色々返していきます、頑張ります、よろしくお願いします!
(このコラムを書く間に15回はクシャミをしました。)


cinema staff

2003年、辻 友貴(Gt)、飯田瑞規(Vo/Gt)、三島想平(Ba)により前身バンドを結成。2006年に久野洋平(Dr)が加入し、現在の編成となる。2008年、残響recordより1stミニ・アルバム『document』をリリースし、2012年に1st EP『into the green』でメジャー・デビュー。オルタナティヴ、エモ、ポスト・ロックに影響を受けたセンス溢れるポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギター・ロック・バンドとして人気を高めている。2017年5月に6thフル・アルバム『熱源』を発表し、10月には初の日比谷野外大音楽堂ワンマン公演を敢行。2018年6月、アルカラとのスプリットEP『undivided E.P.』をリリース。2019年4月28日よりNHK総合にて放送のTVアニメ"進撃の巨人"Season 3 Part.2のEDテーマを担当することが決定している。

Related Column

2019.06.12 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第43回】
2019.04.08 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第42回】
2019.02.07 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第41回】
2018.12.10 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第40回】
2018.10.11 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第39回】
2018.08.08 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第38回】
2018.06.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第37回】
2018.04.11 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第36回】
2018.02.09 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第35回】
2017.12.15 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第34回】
2017.10.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第33回】
2017.08.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第32回】
2017.06.01 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第31回】
2017.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第30回】
2017.02.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第29回】
2016.12.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第28回】
2016.10.21 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第27回】
2016.08.17 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第26回】
2016.06.10 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第25回】
2016.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第24回】
2016.02.18 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第23回】
2015.12.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第22回】
2015.10.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第21回】
2015.08.11 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第20回】
2015.06.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第19回】
2015.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第18回】
2015.02.05 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第17回】
2014.12.08 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第16回】
2014.10.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第15回】
2014.08.09 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第14回】
2014.06.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第13回】
2014.04.03 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第12回】
2014.02.03 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第11回】
2013.12.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第10回】
2013.10.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第9回】
2013.08.23 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第8回】
2013.06.10 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第7回】
2013.04.01 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第6回】
2013.02.19 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第5回】
2012.12.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第4回】
2012.10.18 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第3回】
2012.08.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第2回】
2012.06.15 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第1回】