Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

cinema staff 「萌えもemo」【第38回】

2018年08月号掲載

cinema staff 「萌えもemo」【第38回】

頑固親父の経営する酒場も良ければ、夫婦で経営するアッタカイ酒場も良いし、女将1人で経営する酒場も全部魅力的。最近、最高な女将さんがいる地方の酒場に連続で出会えたので今回はそんな話を。

まずは鹿児島の「とくちゃん」。たぶん繁華街からは少し離れた、その一角だけ酒場が密集した面白い場所にあるお店。もう30年以上の酒場、77歳、まだ夕方営業始まったばかりでも日本酒を片手に、たばこを吸うファンキーなママがいるところ。お品書きはなく、その日仕入れた料理がおまかせで出てきます。この日は刺身、卵焼き、冷奴、ポテサラ、里芋、世間話などフレンドリー(ちょっとトゲあり)にしながら、最後は「まだ食べれる?」と聞かれ、「ごめんなさい、もうお腹一杯です......」と言うとおにぎりを持たせてくれました。ちゃんと飲んで2,000円とは。鹿児島の観光委員みたいな方とも会えて、あぁやっぱり地元の人に愛される店なんだなぁと思って最高な気分に。


そしてもう一つは島根の「にかく」というお店。ここも外に看板もなく何も情報がない勘だけ頼りにイン、案の定常連さんで埋まってる。こちらのママは着物?というか和服で、振る舞いから喋り方まで超上品、不安がってると優しく声をかけてくれ、島根の人じゃないと伝えると単品の刺身しかメニューにはなかったのを、少しずつの盛りにしてくれたり、名物の最高あごだしおでんもいただいたり。ママの見た目そのままな丁寧な料理。途中からこの日はたまたま娘さんも手伝いできてて。またこの掛け合いもほっこり日本酒がすすむ。最高なママすぎて、次の日も時間ない中寄っちゃいました。こんな最高なママは他にはいません、絶対にまた来たい。


あ、なんか二軒書いたら酒場の文量の方が多いような......酒場について書いたりする場所はこのコラムくらいしかないから、ノッてきちゃうんですよね......。てことで音楽の方は、最近新譜をリリースした、女将......ではないですが女性Voバンドを2つ紹介しましょう。Cacie Dalager嬢率いるNow, Nowと、Jess Abbott嬢率いるTancred。実はJess Abbott嬢は元Now, Nowのメンバー(仲違いで脱退とかじゃないみたいです)。

Now, NowはここのコラムでもとりあげたことのあるPedro the Lion的バンドサウンド、音数は少ないながらドラマチックなアルペジオフレーズ、切ない唄、素晴らしいサウンドプロダクションが最高な感じでしたが、Jess Abbott嬢が脱退した後の最新作はエレクトロ要素、アコースティック要素がちょいと増え、しかしバンドサウンドもしっかりとキープ、完璧なバランスの曲達が集まったアルバムとなってます。"AZ"、名曲です。元デスキャブ(Death Cab For Cutie)、Chris Wallaのレーベルってのもまた良き。


TancredはNow, Now滞在時から活動していたプロジェクト、こちらはもう少し軽やかで爽やかなインディーギターロックサウンドといった感じでしょうか。突き抜けキュートなJess Abbott嬢のヴォーカル、楽曲の良さはピカイチです。


この2バンドに限らず昨今の女の子ヴォーカルのバンドが本当に良いアーティストが多い、ちょいと食傷気味な気もしますが、こっから淘汰されてくまた面白いシーンになっていく気が。僕はやっぱり高い声って好きなんだなぁ。今後も女性Voに注目です。

あ、最後に。

cinema staffはというと絶賛ライブしまくり期間続行中です。4ヶ月間連続東名阪クアトロツアーももう3ヶ月目、Saucy Dogと。その合間を縫ってアルカラとスプリットツアーもやります。みなさま、来て~!


cinema staff

2003年、辻 友貴(Gt)、飯田瑞規(Vo/Gt)、三島想平(Ba)により前身バンドを結成。2006年に久野洋平(Dr)が加入し、現在の編成となる。2008年、残響recordより1stミニ・アルバム『document』をリリースし、2012年に1st EP『into the green』でメジャー・デビュー。オルタナティヴ、エモ、ポスト・ロックに影響を受けたセンス溢れるポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギター・ロック・バンドとして人気を高めている。2017年5月に6thフル・アルバム『熱源』をリリース。10月には初の日比谷野外大音楽堂ワンマン公演を成功させた。2018年6月、アルカラとのスプリットEP『undivided E.P.』をリリースし、それに伴うスプリット・ツアーを8月3日より行う。さらに9月には自主企画"OOPARTS 2018"の開催が決定。なお現在は、4ヶ月間連続東名阪クアトロ・ツアーを敢行中。

Related Column

2018.08.08 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第38回】
2018.06.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第37回】
2018.04.11 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第36回】
2018.02.09 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第35回】
2017.12.15 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第34回】
2017.10.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第33回】
2017.08.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第32回】
2017.06.01 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第31回】
2017.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第30回】
2017.02.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第29回】
2016.12.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第28回】
2016.10.21 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第27回】
2016.08.17 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第26回】
2016.06.10 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第25回】
2016.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第24回】
2016.02.18 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第23回】
2015.12.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第22回】
2015.10.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第21回】
2015.08.11 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第20回】
2015.06.16 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第19回】
2015.04.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第18回】
2015.02.05 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第17回】
2014.12.08 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第16回】
2014.10.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第15回】
2014.08.09 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第14回】
2014.06.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第13回】
2014.04.03 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第12回】
2014.02.03 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第11回】
2013.12.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第10回】
2013.10.04 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第9回】
2013.08.23 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第8回】
2013.06.10 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第7回】
2013.04.01 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第6回】
2013.02.19 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第5回】
2012.12.13 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第4回】
2012.10.18 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第3回】
2012.08.14 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第2回】
2012.06.15 Updated
cinema staff 「萌えもemo」【第1回】