Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

shellfish

shellfish

メンバー:玉谷 友輝(Vo/Gt) 好成(Gt/Cho) 林 憲吾(Ba/Cho) 潰田 知久(Dr/Cho)

インタビュアー:渋江 典子

-「Up To You」も応援ソングなようでラヴ・ソングにも感じられるなと思いました。

玉谷:どっちにもとれますね。これは19歳くらいのときに作った曲です。言いたいこともシンプルで気に入ってます。

林:この曲は僕が加入してすぐできた曲なんですけど、shellfishの核になる曲というか。バンドが"俺らってこうやったっけ"って迷ったときに「Up To You」を聴いて、"あ、俺らはこっちや"って導いてくれる曲です。

玉谷:この曲はぜひライヴで聴いてほしいです。アンコールでやるといい気分で終われるんですよね。人生において大事だなと思うことを歌っています。

-新曲「退屈しのぎ」は唯一のバラードですね。

潰田:まずこの曲は入れる予定じゃなかったんですよ。

玉谷:そうそう。リスナー目線で考えると、単調やし、暗いし、どうなんやって思ってたんですけど、結果的には反応も良くて、入れて良かったです。

潰田:唯一僕らのエゴで入れた曲ですね。とにかく4人がめっちゃ好きな曲で。

好成:外のことなんにも考えてない。

玉谷:僕が女の人に騙された帰り道にできた曲です。騙されたというか、裏切りというか。この人好きになったらあかんっていうときあるじゃないですか。でも好きになってしまって......っていうもどかしさを歌ってます。

-この曲のおかげで作品のバランスがとれているような気もします。

好成:一体感が出たかもしれないですね。

潰田:これはテーマがしっかりしていたんです。

林:これはある程度ギターとヴォーカルとドラムが入った状態で貰ったんですよ。そのときはまだ3人で活動していたときで、僕がベースを入れたんですけど――

潰田:"3人じゃできんくね?"ってなってんよな。

林:3人でも悪くないけど、やっぱり音が足らんなって。最終的にギターが入って、"好成もっとこう!"って言いながら完成させました。

-「午前0時」は一気に青春が蘇るというか。

玉谷:人生で初めて書いたラヴ・ソングなんです。めっちゃ覚えてるのが、実家でひとりでギターを弾いてて、歌詞もメロディも一緒に出てきたんですよ。

林:ずっとやってるよな。

玉谷:そうやな、ずっといいって言われるから(笑)。ただただ青臭いラヴ・ソングですよね。それを今歌うことで違う表情が見えたりもするので、今回改めて収録できて良かったです。