Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Leap Light

Leap Light

メンバー:綾部 壱晴(Gt/Vo) 上江洲 佳(Ba) 秋元 ライス(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

2016年に結成された、平均年齢22歳の3ピース・バンド、Leap Light。"BIG UP!"に登録した「世界一長い夜」で、 "GIANT LEAP"の第2回優秀アーティスト"2nd GIANT LEAP PRIZE"に輝いた。その年齢ならではの"子どもと大人の狭間"をエモーショナルに表現した歌と演奏は、胸を打つものがある。8月には会場限定EPのリリースもあり、これからますます注目すべきバンドになっていくと思う。乞うご期待! そんなバンドの、初々しい初インタビューをお届けする。

-2016年結成ですよね。この3人はどのようにして集まったのでしょうか?

綾部:みんな高校の軽音楽部のOBなんですけど、公園で軽音楽部OBで集まってバーベキューしてたときに僕が秋元に"バンドやろうよ"って言ったんです。ベースはどうしようかってなって、上江洲さんはその場にいなかったんですけど"暇そうじゃない?"ってことで声を掛けました(笑)。もともとは部活の先輩、後輩です。

-軽音楽部のときは、一緒にバンドはやってなかったんですか?

秋元:1回だけやったよね?

綾部:うん。でも、みんな学年もバラバラなんで。

上江洲:僕が一番年上なんですけど、外でバンドをやっていたんです。でも、ちょうどそのバンドを抜けた時期に声を掛けてもらって、"暇だからやるか"と(笑)。

-最初は軽いノリだったんですかね(笑)。でも、ギアが入ったタイミングがあったのかな?

綾部:きっかけはそんな感じですけど、始まったら軽い感じではなかったんですよ。

-いろんなルーツが見える音楽性ですけど、特に誰のルーツが反映されているんでしょうか。

綾部:完全に俺です。詞曲を作ってるので。

上江洲:でも、(綾部のルーツとなっている音楽が)好きじゃないわけじゃないんです。やってるうちに、だんだん感化されていったところもありますし。僕は、高校時代にELLEGARDENのコピー・バンドをやったりしていて、あと、ひなっちさん(ストレイテナー/Nothing's Carved In Stoneの日向秀和/Ba)が好きでした。大学時代は人間椅子を聴いたり、洋楽を聴いたり......って感じだったんですけど。

秋元:自分はパンクやミクスチャー系ですね。10-FEETやDragon Ashみたいな、ライヴが楽しいバンドが好きです。

-上江洲さんと秋元さんの趣向も、楽曲からは見えますね。ただ、フォーキーな方向性は綾部さんのルーツなのかな?

綾部:古い音楽が好きだったんですよ。尾崎 豊、玉置浩二、サザンオールスターズとか。大学入ってからはマイヘア(My Hair is Bad)やKOTORIを聴き始めました。

-Leap Lightとしても、いろんな曲がある中で「世界一長い夜」を"BIG UP!"に登録し、"GIANT LEAP"の第2回優秀アーティスト"2nd GIANT LEAP PRIZE"に輝いた現在があるわけですが、まずこの曲でエントリーした理由からうかがえますか?

綾部:曲作りに凝ったんですよね。2月にリリースした会場限定1st EP(『世界一長い夜』)にも収録されているんですけど、この中では一番好きな曲だったし。

-優秀アーティストに選ばれたことに関しては、どう思っていますか?

綾部:正直、よくわかってないです(笑)。今まで、賞をとるとかそういうことはなかったし、実感がない。

上江洲:嬉しい以外の感情はないです(笑)。

綾部:そう。純粋に"やった!"みたいな。

-ただ、そろそろ勝負したいタイミングではあったんですか?

上江洲:それは、そうですね。

-8月には会場限定2nd EPがリリースされる予定ですよね。1st EPよりバンド感が増しているように聴こえました。ひとりひとりの役割がよりはっきり見えたり、全員がコーラスで活躍していたり。

綾部:恐縮です。1st EPのレコーディングをしたのが昨年末だったんですけど、年明けからライヴがパッとしなかったんですよ。でも、2月に1st EPのレコ発企画(2018年2月28日に大塚Deepaで開催した"君を追えば春も夜長")をしてから、何かが変わっていって。いい景色を見られたから、バンド感が増していったのかな?

-上江洲さんと秋元さんの中には、意識改革みたいなものはあったんですか?

上江洲:僕は、綾部に影響されてる部分はありますね。もちろん微妙なライヴをするときもあるんですけど、かっこいいときはめちゃくちゃかっこいいから。

綾部:気持ちわりぃ~(笑)! 普段こんなこと言わないのに!

-インタビューは、素直な想いを伝えるいい機会ですね(笑)。

上江洲:ふたりに影響を受けて、やる気が高まってきたところがあります。

秋元:僕も、メンバーから刺激を受けるところがありますよ。あとは、綾部がやりやすいように叩くっていうところを心掛けつつ、最近は強い対バンに当たっているので、そこが力になっていますね。