Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Lahaha

Lahaha

メンバー:キラク(Vo) イシハラレイ(Gt) マリモ(Ba) 毒リンゴ塚原(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

2016年に結成された大阪在住の4人組バンド、Lahaha。"BIG UP!"に登録した「メアリージェーン」で、"GIANT LEAP"の第1回優秀アーティストに輝いた。ファンキーで踊れる、でも爽やかな音楽性は、これからの季節にもぴったり。9月には、「メアリージェーン」も収録したミニ・アルバムをリリースする予定になっているので、お楽しみに。今回は、バンドの成り立ちから、"GIANT LEAP"、"BIG UP!"について、そして新作に関する話まで、メンバー全員に訊いた

-2016年初頭に結成されたとのことですが、何かきっかけはあったんでしょうか?

イシハラ:もともとは、キラクと僕が別のバンドで同じメンバーやって、リンゴちゃん(毒リンゴ塚原)とマリモは、また別のバンドのメンバーやって、どっちも解散したんで、いっちょやったろうや! って4人でやってる感じです。

-最初に掲げたスローガンは"THE BEATLESを超えるmusicを。"とのことですが、これは音楽性か、それともスケール感か、どちらの意味合いですか?

キラク:スケール感ですね。THE BEATLESの立ち位置も含めて、バンドを新しく作るんやったら、それぐらい大きい目標を掲げてやろうと思いました。

-では、"GIANT LEAP"にエントリーしたのも、その一歩という感じだったんでしょうか?

イシハラ:でも、最初は調子に乗ってて、自分らから(コンテストなどに)全然行かなかったんですよ。カッコ良かったら自然と有名になるやろって。でも2年目、3年目となって、しっかりいろんな人に伝えていきたいなって思って、応募し始めたのが今年からですね。

-優秀アーティストになって"よっしゃ!"って喜んだ感じでした? それとも"いきなり!?"って戸惑った感じでした?

イシハラ:そこは"よっしゃー!"でしたね。FM802でも(曲を)流してもらえましたし。

塚原:でも、次に出す作品は、("GIANT LEAP"にエントリーした)「メアリージェーン」以上のものを出さなきゃいけないなって思うようになったんで、ハードルは上がりましたね。

-"GIANT LEAP"にエントリーするために、"BIG UP!"に「メアリージェーン」を登録されたわけですが、この曲を選んだ理由というのはなんだったんでしょうか?

イシハラ:一番新しい曲やったからです。いろいろ応募していこうって思った際に、ちゃんと武器になる音源を作ろうと思って。「メアリージェーン」を武器に、今年は戦っていこうっていう気持ちがあったんですよ。今、僕らができることを全部詰め込みました。

-この曲は夏を感じさせる曲ですよね。

キラク:特に、狙ってたわけじゃないんですけど。でも、周りからはよう言われますね。