Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SAKANAMON

SAKANAMON

メンバー:藤森 元生(Vo/Gt) 森野 光晴(Ba)

インタビュアー:秦 理絵

"10周年"という言葉の力を最大限に利用して、華やかな2018年を駆け抜けたSAKANAMONが3ヶ月連続配信シングルをリリースする。バンドが次のフェーズへと進む決意を高らかに宣言する「コウシン」、節分にピッタリのユーモラスな和テイストの「鬼」、別れと旅立ちのストーリーを想像させるミディアム・テンポの「アフターイメージ」。三者三様の世界を描く曲たちには新たなチャレンジもあり、11年目のSAKANAMONがさらに唯一無二の道を突き進んでいくことを十分に感じさせるものだが、以下のインタビューで、藤森元生と森野光晴は、"迷っている"と明かしている。売れないことすらネタにして、ここまでマイペースに歩んできたSAKANAMONが今何を思うのか。話を訊いた。

-10周年イヤーを駆け抜けましたね。去年の[SAKANAMON10周年対バンツアー"連々々"]のファイナルでは、KEYTALKとフラカン(フラワーカンパニーズ)を呼んで、"武道館バンドを呼べるSAKANAMONすごい"って自画自賛してましたけど、実際、たくさんの仲間に愛された10年間だったんだなと思いました。

森野:うん、あれは嬉しかったですね。

藤森:"10周年"というネタを限界まで使い切りましたね。[SAKANAMON結成10周年「・・・」リリース記念ワンマンツアー "延々々"]から対バン・ツアーまでやって、ドキュメンタリー映画"SAKANAMON THE MOVIE ~ サカナモンはなぜ売れないのか ~"も作ったし。

森野:10周年をしゃぶり尽くしましたね。

-前回、『・・・』(2018年1月リリースの5thアルバム)のインタビュー(※2018年2月発行のSkream!×BIG UP!特別号掲載)が藤森さん単独だったんですけど、"気がついたら10年が経ってた"と言ってましたよね。森野さんはSAKANAMONの10年をどう振り返ります?

森野:うん、本当に気づいたら10年でしたね。続かないとも思ってなかったし、やめるとも思ってなかったというか。

森野:始まりはヌルッとしてた感じはありましたからね。

藤森:マジなのか、お遊びなのかわからない感じで。

-ちなみに、お互いの最初の印象はどういう感じだったんですか?

藤森:(森野は)クラスの優等生。いわゆるキャンパス・ライフを楽しんでる感じでしたね。友達もいて、楽しそうだった(笑)。

森野:えー、普通だったよ。僕は藤森君のことを天才だと思ってたんですよ。見た目が天才風だったんですよね。ちょっと凡人じゃない感じ。

藤森:若い浮浪者みたいな感じだったので......。

森野:自分の周りにはいないタイプだったんですけど、趣味は合いそうだと思ったんですよ。で、曲を聴かせてもらったときにドストライクだったんです。

-最初に天才風だった藤森さんのイメージは10年一緒にいて変わりましたか?

森野:変わらないですよ。ただ、天才なんだけど、才能と一緒に失った人間性があるなと思いましたね。こんなにダメだと思ってなかった(笑)

藤森:上京したときは、本当の自分を隠してたんです。なるべくボロを出さないように喋らないで、無口な人間を演じてたんですよ。大学デビューで、せっかく周りの人は誰も俺のことを知らなかったから、自分で天才像を作り上げたかったんですよね。

森野:そこにまんまとハマったんです。

藤森:でも、いざバンドをやるなら、どうしてもコミュニケーションをとらなきゃいけないから。入ってもらってからは、森野さんが楽しめるように明るく振る舞ってた。

森野:気を遣ってもらってたんです。

-今はそんなこともないでしょう?

藤森:でも名残はあるかもしれないです。高校生のときにやってたバンドが人間関係の面倒臭さで解散したところがあって、それが結構トラウマなんですよ。またバンドを結成したからには、変な空気にして楽しくないバンドにはしたくないなと思ってたので。そこだけはずっと意識してるんですよね。

-それが、SAKANAMONが10年間バンドを続けられた秘訣ですか?

森野:そうかもしれないですね。わりとみんな気を遣うタイプだし。

藤森:そこが欠点でもあるんだけどね。

-前回のインタビューでは、藤森さんが"森野さんはもっとクールなバンドをやりたいはずです"って言ってたんですけど、それは当たってます?

森野:まぁ......そうですね。

藤森:やっぱり(笑)。確信はありましたよ。

森野:僕が主導だったら、そういうバンドになってたのかもしれない。でも、ユーモアのあるものが楽しいし、藤森君の曲が好きなんです。自分にはないものだから。昔はもっとクールにしないといけないんじゃないかなと思ってたときもあったんですけどね。

藤森:TENGAとのコラボ曲(『・・・』収録曲「DAPPI」)とかもやったしね。

森野:あれは昔の俺だったら、絶対に嫌だったんだろうな(笑)。