Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぽんちょこ

2018年11月号掲載

ぽんちょこ

ぽんちょこ

メンバー:鴨川 春子(Gt/Vo) 河尻 明日香(Ba) 大久保 杏珠(Dr)

インタビュアー:稲垣 遥

高校の軽音楽部で結成した、神奈川県出身の大学2年生女子3ピース・バンド"ぽんちょこ"。彼女たちの音楽はポップ・センスに溢れるキャッチーな楽曲に、楽しくて耳に残るフレーズが乗り、一度聴いたら忘れられないインパクトを持ったものとなっている。今回、音楽配信プラットフォーム"BIG UP!"の企画で、TBSテレビ"イベントGO!"の10月度オープニング・テーマに、「ぽんちょこのテーマ」が見事選出されたことを記念し、Skream!ではぽんちょこに初の取材を敢行。仲の良さが窺える、楽曲どおりの楽しいインタビューとなった。インタビュー中、自身のバンドを"アメちゃん"に喩えた3人の真意とは?

-Skream!初登場になりますので、バンドのプロフィール的なところからおうかがいできればと思います。まず、高校の軽音楽部で結成とのことですが、最初からこの3人で組もうということになったのですか?

河尻:最初、鴨川が軽音楽部に入りたくて。私はあんまり興味なかったんですけど、(鴨川に)"仮入部に一緒に来て"って言われて一緒に行ったら、なんかいつの間にか入ってたんです(笑)。

大久保:そこ(鴨川と河尻)は同じクラスだったんだよね。

河尻:そう、私と鴨川が同じクラスで、大久保は軽音部に入ってから会った友達です。

鴨川:気が合うので。

-なるほど。ではみなさんがそもそも音楽を始めたのは、高校で軽音楽部に入ったことがきっかけだったのでしょうか?

鴨川:私はピアノを幼少期からやってたんですけど、なんとなくギターをやってみようって思って始めました。

河尻:私も小学校のときにちょっとだけピアノを習ってて、中学校では吹奏楽部に入ってて、高校でも吹奏楽部に入ろうかなって最初思ってたんですけど、軽音楽部に入ることになったので。パートは、みんなギターを花形なのでやりたがるんですけど、私はあまり興味が湧かなくて、ベースの方がかっこいいなって思ってそっちを選びました。

大久保:私はもともとピアノを、習ってないんですけどなんとなく弾いてて(笑)。中学では吹奏楽部に、みんなが入ってたから私も入んなきゃかな~って義務的に入って(笑)、パーカッションをやることになったんですよ。で、同級生がいたんですけど、その子にずっとドラムのパートを取られてたのが悔しくて、高校ではドラムをやろうって思って軽音部に入りました。

-では、それぞれ好きなアーティストや、影響を受けているアーティストはいるのでしょうか?

鴨川:広く浅く聴いているのでひとりには絞れないというか......。

-それは、例えば邦楽の?

鴨川:邦楽も聴きますが、ぽんちょこを始めた高校のときは80年代くらいのファンクとかR&Bをよく聴いてたと思います。

-親御さんとかの影響でですか?

鴨川:いや、軽音楽部の先生がいろいろ教えてくれました。

-明日香さんと杏珠さんは?

河尻:私もその顧問の先生に、これがいいよ、あれがいいよって教えてもらったのとかを聴いてましたね。

大久保:アーティストっていうより曲を聴いてたよね。

河尻:誰がいいっていうよりかは、"この曲のここのベースがかっこいいから、コピーしてみたら?"とかそういう感じで1曲ずつとかで教えてもらってたので、アーティストって訊かれると、これって人はいないです。

-顧問の先生が結構教えてくださる感じだったんですね。

大久保:詳しいよね。

河尻:詳しいんですよ。

鴨川:たぶん趣味ですね(笑)。

-軽音楽部で活動を始めたころは、コピー・バンドをしていたのでしょうか?

鴨川:1曲コピーやったね。

大久保:バンドを結成してすぐに大会があって。その大会がオリジナルじゃないとダメだったんで、めちゃくちゃ急いで曲を作ったんです。

-では大会ありきで曲を作ろうってことになったんですね。

大久保:最初はそうですね。

-そのコンテストも、先生の勧めで出たんですか?

鴨川:ただライヴをするだけの部活じゃなくて、実績を残していこうねっていうノリだったので、出ざるを得なかったですね(笑)。

-結成してすぐにオリジナルの曲を作るのってすごく大変だと思うんですけど、曲は春子さんが作っているんですか?

鴨川:ほぼ......。

-曲作りはどういうふうに進めていくんですか?

鴨川:頭に残るようなワードから考えて、そのワードに合ったメロディを作り、それにコードをつけていく感じですかね。日本語の語感からメロディを連想することが多い気がします。

-たしかに、ぽんちょこの曲はいい意味で耳に残る曲が多いですよね。

鴨川:はい。それだけなので(笑)。

-その曲のイメージを春子さんがふたりに伝えて、それぞれが各パートを作るみたいな?

鴨川:いや、3人ともそういう頭なので、伝えるというよりかは感覚的に共有されている感じですね。すぐ対応してくれます。気が合うので(笑)。