Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぽんちょこ

2018年11月号掲載

ぽんちょこ

ぽんちょこ

メンバー:鴨川 春子(Gt/Vo) 河尻 明日香(Ba) 大久保 杏珠(Dr)

インタビュアー:稲垣 遥

-ぽんちょこの楽曲は楽しい雰囲気のものが多いと思うんですけど、コンセプトやテーマはあるのでしょうか?

河尻:他のバンドと同じことはしたくなくって、同級生のバンドが結構恋愛の曲とかを......。

鴨川:っていうか、単純に恥ずかしかったんです(笑)。

-高校時代に数々のコンテストのグランプリを受賞されていますが、受賞したときの周りの反応はいかがでしたか?

大久保:誰も観に来ない......(笑)。

鴨川:友達があんまりいなくて(笑)。

-全国で1位になってるのに?

鴨川:他校の人とか、知らない人の前で演奏する機会の方が多くて。だからそういう場ではやりたい放題ですね(笑)。知り合いがいないので羞恥心とかがなくて。楽しかったです。

-それが逆に良かったのかもしれないですね。

鴨川:そうですね。

-そしてその後、1年間の活動休止をしていたとのことですが、受験勉強や進学の時期だったからなのでしょうか?

鴨川:いや、単に忘れてて......。

大久保:大学に入った年だったんですよ。大学に慣れてから再開しようみたいな感じだったかな?

河尻:最後の大会も終わって、受験を機に1回休憩しよってなって、そのまま大学2年生になったころくらいに思い出して、"もう1回やる?"みたいな感じだったと思います。

-それは、誰かが声を掛けたとかではなく、自然に?

鴨川:ずっと動画を上げてなかったんですけど、そのときに過去の大会の動画を公開したらTwitterで結構反応があったんです。で、ライヴのお誘いをいただいたので、出てみるかと。

-そういった期間を経て、今回のTBSテレビ"イベントGO!"のオープニング・テーマ募集企画に応募されたんですね。見事オープニング・テーマに選出された「ぽんちょこのテーマ」について訊いていきたいのですが、そもそもなぜ自分たちのテーマ・ソングを作ろうと思ったのですか?

大久保:これはさっき言ってた、最初に急いでオリジナル曲を作らなきゃみたいになったときに......。

河尻:最初にできた曲なんですよ。とりあえずバンド名を覚えてもらおう、みたいな。

鴨川:違うよ?

大久保:違うの?

一同:(笑)

鴨川:最初ゴジラの曲だったもん。

河尻:知らない。何それ?

大久保:あれはカウントしなくていいよ(笑)。

鴨川:だって嘘ついちゃいけないもん。

-まとまりましたか(笑)?

河尻:もともと大久保が、LINEの名前を"おおくぽんちょこ"にしてたんですよ。そこからぽんちょこのグループLINEの名前が"ぽんちょこピースの会"になって(笑)。

鴨川:で、曲を作ってるときはもともとゴジラの曲を作ろうと思っていて。今は"ぽぽっぽっぽっぽぽんちょこ~"っていう歌なんですけど、最初は"ゴゴッゴッゴッゴゴジラ~"だったんです。で、先輩に"どんなバンドなの?"って聞かれたときに、この人(大久保)が(笑)。

大久保:なんか言ったっけ?

鴨川:"ぽんちょこ"ですって言って。曲も、練習のときに"ぽぽっぽっぽっぽぽんちょこ~"って口ずさんでたら、そのまま流れでそういう曲になりました。

-その自分たちのテーマ・ソングである「ぽんちょこのテーマ」がテレビ番組のオープニング・テーマに選ばれたわけですが、決まったときはびっくりしました?

鴨川:えぇ(笑)!? みたいな。これ、地上波で流していいのかな? っていう不安がありましたね。

-他の楽曲と比べて、明るさとポップさがより際立った曲という印象ですが、やはりテーマ・ソングだから特にキャッチーに振り切ったという感じでしょうか?

鴨川:バンドのイメージみたいなのを頭で考えてて、とにかく明るい曲にしようかなって思ってました。

-3人の声が特徴的なので、コーラスなどで重なった瞬間や、掛け声も耳に残って面白いですね。ヴォーカルに焦点を当てるというよりは、3人ともにフォーカスしたいという意図があったりするのですか?

鴨川:3人しかいないので、豪華にするためには歌ってもらうしかなくて。歌った方が楽しいし。

-ライヴ映像も拝見しましたが、すぐ覚えられるフレーズで、コール&レスポンスもあり、みんなで歌える楽曲になっていますね。資料にも"楽しすぎるライブパフォーマンス"とありますが、ライヴで何か意識していることはありますか?

鴨川:コール&レスポンスは、お客さんと一緒に歌ってもらえたら盛り上がるかなと思ってやっています。

-とにかく盛り上げたいという意識で?

鴨川:そうです。楽しませたいって思って。高校のときとかもそこは結構頑張ってたよね。リコーダー使ったりとか。

大久保:やったね~。

-それは最初に言っていた、"他とは違うことをしたい"みたいなところも影響しているんですか?

河尻:自分たちも楽しみたいし、お客さんにも楽しんでほしいし、思いついたこと全部やるみたいな。

鴨川:そうですね。音楽を届けるというよりは、パフォーマンスを届けるような意識でやってるかなとは思います。