Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SAKANAMON

SAKANAMON

メンバー:藤森 元生(Vo/Gt) 森野 光晴(Ba)

インタビュアー:秦 理絵

-サウンド的にはSAKANAMONらしいストレートなロックですけど、ちょっと爽やか。

藤森:そうそう。どストレートなSAKANAMONのイメージに近いんですけど、僕の中では挑戦できた曲なんですよね。なんか......ブルー・ライトとかで、かっこつけて歌ってそうじゃないですか。ちゃんとワックスで髪を固めてそうなイメージというか。

森野:それ、ちょっとわからない(笑)。

-藤森さん的には、それが正統派なロック・バンドのイメージなんでしょうね(笑)。サビで"新章が"って歌ってますけど......。

藤森:一昨年、岩下の新生姜とコラボしてたんです。

-やっぱり(笑)。

藤森:コラボして、YouTubeの"肴の定理"(※藤森が様々な初体験に挑戦する番組)で動画を上げたんですよ。

-新生姜ミュージアムの1日館長に就任したやつですよね。

藤森:そうそう。あのときから新生姜の曲を作りたいねっていう話をしてたんですけど、めちゃくちゃ時が経って、今っていう(笑)。

森野:社長さんは映画にも出てくれたし、ライヴにも来てくれたしね。そのお礼も兼ねて。

藤森:これ、新生姜の曲ってわかりますか?

-最初、歌詞を見てなくて、"ん? サビで新生姜って言ってないか?"って引っ掛かったんですよ。で、歌詞を見たら、"新章が"だった。

藤森:そっか......どっちかと言うと、新生姜は裏テーマに聴こえてほしかったんですけど。

森野:これだけ連呼してるのに!?

藤森:すぐに新生姜ってわかっちゃうかぁ......。

-すごい残念がってる(笑)。でも、ちゃんとSAKANAMONが新章に向かうんだっていうエモーショナルな部分も感じましたよ?

藤森:うん、今作ってるアルバムの中でも、これが一番生々しく歌えた曲なんです。今までの「ロックバンド」(『・・・』収録曲)とか「テヲフル」(2017年リリースの4thミニ・アルバム『cue』収録曲)にも近いというか。さっき"迷ってる"って言いましたけど、その不安もこの曲では露呈してるのかなと思います。でも、ちゃんと希望を残してる。それが我々なんですよね。

森野:安心しましたよ。まだやる気あるんだなって。

藤森:あ、ほんと?

森野:不安ながらも進むっていう気持ちを持ってるなって。藤森君はあんまり思ってることを言わないので、こういう歌詞から読み取るんです。

藤森:お互い気を遣うのでね。歌詞でコミュニケーションをとってるんですよ。

-SAKANAMONっぽいです。2曲目にリリースされる「鬼」は節分にピッタリですね。

藤森:そうです(笑)。節分だからって作ったわけではないですけどね。この曲を3曲のうちの1曲に入れるってなったら、2月しかないだろうっていうことです。

-そもそも鬼の曲を書こうとしたのがスタートですか?

藤森:"デザインあ展"に行ったんですよ。あれを見たあとの感想としては、視点の奥深さと言いますか。当たり前にあるものでも、集中してそこをピックアップすれば、面白いものになることに感銘を受けたというか。"そうだ、なんでもいいんだ!"って思えたんです。そのとき、めちゃくちゃ曲のネタに困ってたんですよね。で、"鬼が怖い曲にしよう!"って降りてきたんですよ。"鬼怖い"って連呼しようって。

-前作(『・・・』)で言うと、「乙女のKANJOU」みたいな和っぽい感じですよね。

藤森:そうそう。

森野:こういう曲は展開についていくのが精一杯で、自分のものにするのが大変(笑)。

藤森:僕、こういう曲を作るのが好きなんですよ。Eテレが大好きなんです。未だに"いないいないばあっ!"から"忍たま乱太郎"まで見るんですけど。ポップ且つヴィヴィッドで、幼稚なところもありつつ、でも大人が考えてるんだろうなっていうセンスもある。