Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Pororoca / シルエ / YAJICO GIRL / GIVE ME OW / shellfish

Skream! マガジン 2019年08月号掲載

2019.06.21 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 三木 あゆみ

男女混合4人組ロック・バンド Pororocaが、4周年を迎えたLIVEHOLICとの共催イベントを開催。"LIVEHOLICは新たな出会いを音楽で作る場所になっている"と北原魁人(Vo/Gt)が語った通り、ジャンルも出身もバラバラな5組が、それぞれの音楽で繋がったイベントとなった。

トップバッターは、歌モノ・ロック・バンド、shellfish。エモーショナルなミドル・ナンバー「雨中飛行」からスタート。のっけからバンドの強みであるメロディをしっかりと聴かせていく。続く「Spoon Me」では、フロア全体にクラップを巻き起こし、好成(Gt/Cho)がギター・ソロでステージ前方に踊り出てその場を沸かせ、ラストのバラード「君と食卓」では、ひとつひとつの言葉を丁寧に紡ぎ、失くしてしまった大切なものへの切実な想いを伝えた。

続いて美緒(ex-Chelsy)のソロ・プロジェクト GIVE ME OWが、バンド・セットで登場。しっとりとして落ち着いた歌声を時に甘く、時に切なく、そして時に力強く響かせ魅了していく。カラフルな照明と観客の手拍子が彩った「イッツソーイージー」や、浮遊感のあるギターの音も印象的な「夢ばかり」と、最新EPからの曲も披露。ロック・ナンバー「涙とゲリラ」ではパワフルな側面も見せつけた。彼女は"初めてがたくさんの日は嬉しい"と語り、再会を願いながら笑顔でステージをあとにした。

3番手はYAJICO GIRL。この日、四方颯人(Vo)はフロアに向けて"自由に楽しんでいってください"と言っていたが、自身もその言葉通り終始自由に、飾らずに音楽を楽しんでいた。ポップな「いえろう」から始まり、情感溢れるバラード「ニケ」やMVが公開されたばかりの「NIGHTS」など数々の新曲も披露。彼らが描くサウンドスケープは、どこかノスタルジックで心地よく、会場もその音に身を委ねていた。最後はメロウな「ニュータウン」。ラストに向けて徐々に熱量が増していき、ソウルフルな歌声と楽器陣の圧巻のグルーヴを見せつけていった。

新潟のシルエは、激しいストロボに照らされながら1曲目「ハリ」を勢いよく投下。五十嵐一輝(Gt/Vo)の突き抜けるような高音ヴォイス、衝動のままに激情をぶつけるリズム隊に、かき鳴らされる叙情的なギターが、ライヴハウスの空気を一気に変える。新曲と言い披露された「かごめかごめ」では、グルーヴィなサウンドとラップ調のヴォーカルも披露。さらにロック・バラード「Rainy day」では、胸が締めつけられるように切なく繊細な想いを紡ぎ、ラストのスピード感溢れる「ヒーロー」まで、その振り幅の広さと圧倒的なバンド・サウンドで観る者の目を釘づけにした。

トリを飾るのは、このイベントの主催でもあるPororoca。北原の誠心誠意のこもった歌とギターから始まった「ランナー」では、"ワン・ツー!"の掛け声や手拍子が起こり、早くもバンドと観客が一体となる。「HERO」でのメンバー紹介も盛り上がりを見せ、メンバーの笑顔がますますフロアを巻き込んでいく。そして、4人のシンガロングが力強く響く「トラベルワゴン」でラスト・スパートをかけ、北原がすべての力を振り絞るように"音楽は鳴り止まない!"と叫び、まっすぐな想いを伝えた。アンコールでは、再び会場とひとつになり、一緒に踊り、飛び跳ね、ハッピーな空気に満ち溢れたまま、大団円でイベントを締めくくった。

  • 1