Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SAKANAMON

SAKANAMON

メンバー:藤森 元生(Vo/Gt)

インタビュアー:秦 理絵

-今回、アルバムとしては、どんな作品にしたいと思ってましたか?

漠然と"10周年みたいなもの"っていうぐらいですね。ベストみたいなものを作りたいなっていうのはありつつ。でも、毎回その気持ちで作ってるので、そういう意味ではいつもどおり作ったところもあるんです。

-10周年でベストみたいだけど、いつもどおりの作品でもある?

何も変わらないSAKANAMONを見せるっていうことをしたかったんですよね。僕は前の作品を否定するようなことはしたくないんですよ。そのときに作った作品が完全盤なわけで。今回を最高傑作って言ったら、いままでの作品が最高じゃなくなる気がして。10周年を意識して作ることで、めちゃくちゃいいものができるなら、"最初からそうやって作れよ"って感じじゃないですか。

-ただ、いつもどおりではありつつ、リード曲に「ロックバンド」みたいな、バンドを続けていく意志を表す曲が入ったのは、区切りの年ならではですよね?

この曲は10周年のアルバムを作ろうと思ったときに、いまだから歌える曲を1曲入れておこうみたいな意味合いで書いたんですよね。"なんで僕はバンドを続けてるんだろう?"みたいなことを考えながら書いてましたね。ただ単純にバンドが好きで、音楽が好きで、それをやりたいだけなんだなって。もちろん、たくさんの人たちに聴いてもらいたいとか、売れたいっていうのもあるんですけど。

-この曲のタイトルが"ミュージック"とかじゃなくて、"ロックバンド"であることも重要な気がします。藤森さんはロック・バンドとしての自分が好きなんだと思うし。

あぁ......、最近まで自分たちがロック・バンドだとか言ってこなかった気がするんですよ。あんまり"自分たちってなんだろう?"みたいなことを考えてこなかったから、急に自己暗示じゃないですけど(笑)、"俺たちはロック・バンドだよな?"って思いたくなって。

-そこは、"俺たちはロック・バンドだ!"でいいんじゃないですか?

でも、ロック・バンドって思ってくれるかな? って不安なんです。

-どうして不安なんですか?

この時代ですかね。なんか時代自体に丸みが出てきて、ロック自体にやすりがかかってる感じがするんですよ。どこを触っても気持ちいいみたいな。やっぱり世間が厳しいから。だから僕たちも全然かわいい方なのかなって思ってます。

-もっと尖っていたい?

ロック・バンドというからには、そうですね。そういうことも自分で声高に言うことはできないんですけど、曲の中だけでは言えるんですよね。

-なるほど。サウンド的には「DAVID」とか「STOPPER STEPPER」みたいなブラック・ミュージックからのアプローチもあって、バラエティに富んでますよね。

今回はいつも以上に(バラエティに)富んだ感じがありますね。僕、すごく飽き症なので、あんまり同じことをやりたくないんですよ。いろいろなものを組み合わせたりして、新しいものになっていくのが楽しいんです。ただ、曲を作るだけだったら簡単だったんですけど、より良いものを作るってなったら、全然答えがなくて、結構大変でした。

-一番苦労するのは、制作のどの段階なんですか?

やっぱりテーマを決めるところですね。