Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

JACK=ON=THE=FIDDLE

JACK=ON=THE=FIDDLE

JACK=ON=THE=FIDDLE

Official Site

メンバー:河田 心(Vo/Gt) 角田 國光(Gt) 鬼束 悠(Ba) 川淵 誠(Dr)

インタビュアー:渋江 典子

-新人発掘プロジェクト"GIANT LEAP"で"2nd GIANT LEAP PRIZE"への選出、おめでとうございます。まず、エントリーしたきっかけを教えてください。

鬼束:ありがとうございます。純粋に楽曲が評価されたんだなぁと嬉しく思っています。"GIANT LEAP"にエントリーしたきっかけは、僕が"RADIO∞INFINITY"を聞いていたときに始まることを知ったからです。"GIANT LEAP"が始まった当初はDJが飯室大吾さんから樋口大喜さんに交代する前だったのですが、飯室さんにはJACK=ON=THE=FIDDLEの始動イベントにDJで参加していただいた経緯もあり、番組はよく聞いていましたし、"RADIO∞INFINITY"で自分たちの曲を流してもらうのが目標のひとつだったので、迷わずエントリーしました。

-エントリー曲を「Easy Lazy Groovin'」にした理由はなんだったのでしょうか?

河田:「Easy Lazy Groovin'」はJACK=ON=THE=FIDDLEの3作目のミュージック・ビデオになった楽曲でもあるのですが、"ここらへんでゆるい曲でも挟もう"と気の抜けた楽曲を作ってみたら予想外にしっくりきてしまい、その流れで......ですね。

-「Easy Lazy Groovin'」はメンバーみなさんで作詞されたようですが、今作の他の楽曲はすべて河田さんがおひとりで作詞されていますよね。この曲だけみなさんで作詞されたのには、何か理由があったのでしょうか?

河田:歌詞カードのそこの部分に気づいてもらえるとは! ありがとうございます。僕自身がかなり生真面目で、さぼったり肩の力を抜いたりするのがすごく苦手で、だからこそ自分と同じそういう悩みを持っている人に"たまにはだらけようよ"と伝えたかったんです。けれどいざ歌詞を考え出すと"だらけるって何をすることだろう"って全然わからなくて......相談しましたね。3人に、"やる気ないときって何する?"と。それをノートにメモを取り、僕なりにまとめ直したのが「Easy Lazy Groovin'」です。

-FM802"RADIO∞INFINITY"内"GIANT LEAP THE RADIO"に生出演し、楽曲もオンエアされましたが、反響はいかがですか?

河田:予想外に地元の知り合いから連絡が来たりして驚いています。

角田:最近疎遠になっていた友達が"ラジオ聞いたよ!"と連絡をくれたりして、普段僕らだけの力では届かないところで届いてるんやなぁって思ったので、反響は感じています。

川淵:音楽をしてる友達や学生時代の知り合いにお祝いしてもらいました。インタビューもですが、メディアに載せてもらえることはわかりやすい成果だと思うので、また自慢して祝われたいです。

鬼束:僕もみんなと似たような感じです。さすが関西の音楽好きが聞くラジオ局だなぁと。

-8月6日に専門学校ESPエンタテインメント大阪 Club Gardenで開催される"GIANT LEAP THE LIVE vol.1"への出演が決定しました。意気込みを教えてください。

河田:「Easy Lazy Groovin'」を聴いて僕らJACK=ON=THE=FIDDLEを知ってくれたみなさん! 予想を遥かに上回るライヴをします。お楽しみに! そうそう。サビの"パッパッパラパラッパ~"の部分は一緒に歌ってくれたら楽しいと思います。

角田:第1回で選ばれたLahaha、第2回で選ばれた我々JACK=ON=THE=FIDDLE。普段から仲良く対バンもしている彼らとこういう形でやり合えることはすごく光栄に思いますし、他にもゲストでYAJICO GIRLとU22のまだ見ぬ対戦相手が出るということで、僕らもお客さんも燃える展開になる、そんな日な気がしてならないので、全員で勝ちにいきます!

鬼束:純粋にどんな人たちが見に来てくれるんだろうと楽しみにしています。もともと知っていて、FM802を聞いて、はたまたこのSkream!×"BIG UP!"特別号を見て、きっかけはいろいろだと思いますが、必ず"もう1回見たくなるライヴ"をお見せしたいと思います!

川淵:いろいろと意識してしまいますが、ゲストも豪華でLahahaもいい音楽をしてるので、楽しい1日になるとワクワクしてます。僕らもカッコいい演奏するので楽しみにしてくださいね。

-最後に、JACK=ON=THE=FIDDLEとしてどんなバンドを目指しているのか、目標などを教えてください。

河田:マディソン・スクエア・ガーデン、スレイン・キャッスル、ハイド・パーク、そして日本武道館など、世界で活躍するバンドを目指しています。また、些細だけど本当に難しいことだと思うのですが、僕が大好きな音楽が、誰かの大好きな音楽になったらなと思います。

角田:JACK=ON=THE=FIDDLEの楽曲で誰かを勇気づけたり、前向きな気持ちにしたり、形は人によっていろいろだと思うんですけど、何らかの形で誰かを救えるようなバンドになりたいです。その先にはもちろん4大フェス("FUJI ROCK FESTIVAL"、"SUMMER SONIC"、"ROCK IN JAPAN FESTIVAL"、"RISING SUN ROCK FESTIVAL")や地元大阪でのワンマン・ライヴを成功させるという目標もあります!

鬼束:自分がとあるアーティストに勇気を貰ったように、次は僕自身が夢を体現して、JACK=ON=THE=FIDDLEを応援してくれている人に夢と勇気を与えられるような存在になりたいです。そのためには着実に、まず目先の目標は"MINAMI WHEEL 2018"出演!

川淵:僕もそうですが、サザン・ロックとかルーツ感ある曲ってあまり聴きなじみがないんですよね。でも、知らなかっただけですごくいい音楽なんです。"楽器ってカッコいいんだよー! こんな音楽も楽しいよー!"ってのを、僕らのバンド活動を通して伝えていけたらいいなと思ってます。それと大切なのがもうひとつ、"MONSTER baSH"で地元凱旋ライヴをするのが目標です!