Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

アイスカルフ

2019年02月号掲載

アイスカルフ

アイスカルフ

Official Site

メンバー:春木(Vo) 得能 寛尊(Gt) YUTAKA(Ba)

インタビュアー:三木 あゆみ

-また、4月に1st EP『ICE CREAM』のリリースも決定しましたが、こちらはどんな作品になりましたか? 完成させた感想も聞かせてください。

春木:今までにないアイスカルフをお見せすることができる作品になったと思います。

-今作の制作自体はどのように行われたのですか? また、制作期間はどのくらいかかりましたか?

寛尊:制作期間はしっかりとしたデモ曲が来てから1ヶ月くらい。いつもはもっと長い時間かけて作ったりするんですが、作曲者の春木が珍しく苦戦してました。僕のギター・フレーズも何度も却下されたし(笑)。

春木:今まで作ったことない曲がいいってことでかなり苦戦しました! そう、却下しましたね(笑)。でも、最後は寛君(寛尊)が良すぎるフレーズを持ってきてくれて"最高!"ってなりました。

-「夜は短し走れよ大人」は今作の中では一番アッパーで、ロック色の強いナンバーですね。この曲はどのようなテーマで作られたのでしょうか?

春木:"頑張りすぎてる大人"へ向けた曲です。今までの私の曲は、さらりと聴くとポップで爽やかなのが多くて、ポジティヴ人間みたいじゃないですか。でも私の中身はそんなにポジティヴな人間じゃないので(笑)、このタイミングで私の捻くれた部分も出せたらと思ってガラリと雰囲気を変えてみました。歌詞もことわざを皮肉って書いてたりしてます。

-タイトルは、映画化もされた小説"夜は短し歩けよ乙女"から付けたのかと思いました。

春木:実は"夜は短し歩けよ乙女"を読んだことも観たこともなくて......これを機に読んでみます!

-「じゃあね。」は、2番Aメロからベースの動きが加わったり、ギター・ソロが入っていたり、曲の中での変化が面白いです。アレンジにはどんなこだわりがありますか?

春木:切なくなるフレーズやメロディ展開にこだわって、曲の途中から聴いてもグッと引き込めるようなアレンジにしました。

寛尊:僕はこの曲が一番苦戦しました。今回の作品は、春木さんが結構しっかりと考えてきてくれて、ある程度固まった部分にフレーズを入れるという作り方だったのですが、なかなかハマるフレーズを思いつけなくて、いわゆる僕の苦手なジャンルの曲だったんです。曲自体は聴いた瞬間から大好きだったのに思いつかない......ってレコーディングのギリギリまで悩みました。

-アウトロがなく、"じゃあね。"というワードで締まるところにより切なさを感じました。この曲ではどんな想いを表現したかったのでしょうか?

春木:"また会いたい"という想いを一番にぶつけたくて。アウトロで終わるよりも最後にひと言何か言って終わりたいなと思い、前に進んでいく気持ちも、君を忘れないという気持ちも含まれてるんじゃないかなと考え、"じゃあね。"を選びました。

-続いて、ほっこりするような温かい言葉が並んだ「コトバの魔法」ですが、ここに出てくる"とっておきの秘密の言葉"が、どんなものなのか知りたくなってしまいます。何かもとになったエピソードがあるのですか?

春木:秘密です(笑)。大切な人が思わず照れ笑いしてしまうような言葉を当てはめて聴いてもらえると嬉しいです。

-ラストは浮遊感のあるサウンドの「good night , sheep」です。この曲にはどんな想いが込められているのでしょうか?

春木:この曲は迷える子羊、私自身に向けた曲ですね。ライヴや練習が全然うまくいかない時期があって、アイスカルフとして成長できてないんじゃないかとか、目に見える成果がなくて不安で仕方なかった期間があったんです。でも、ライヴで観てアイスカルフを好きになってくれる人が増えて、私Twitterとかですごいエゴサするんですけど(笑)、そういうことをつぶやいてくれてるのを夜な夜な見て、なんとか元気になって。そのときに、私の歌詞が好きっていうつぶやきを見つけたのがきっかけでこの曲を作りました。メンバーや家族は私の歌詞を褒めてくれるんだけど、偶然アイスカルフに出会ってCDを手に取ってくれた人が歌詞を褒めてくれたってことが、本当に嬉しくて。私自身の背中を押すために書いた曲が誰かの曲になった。その瞬間がたまらなく愛おしい。その想いを込めて書きました。

-今作『ICE CREAM』の中でそれぞれの推し曲、推しパートはありますか?

寛尊:「夜は短し走れよ大人」です! 僕のギターがカッコいいので聴いてください!

YUTAKA:そうですね、僕的には「コトバの魔法」のギターもかなりいいと思います。寛君の手癖がもろに出てる曲だと思うし好き!

春木:「夜は短し走れよ大人」のサビ! オクターブで弾くベースも個人的に大好きです! 歌詞は「good night , sheep」が一番気に入ってます。

-4月21日には大阪アメリカ村CLAPPERにてリリース・パーティーも開催されます。こちらはどんなライヴにしたいですか? 意気込みをお願いします。

YUTAKA:今までが比にならないくらい一体感のある、一緒に楽しめるライヴにします!

-アイスカルフのライヴの魅力を教えてください。

寛尊:普段全然喋らない春木さんのMCが聞けます!

YUTAKA:とにかく楽しい! 初めましての人も絶対楽しめます。

-最後に読者にメッセージをお願いします。

春木:読んでいただきありがとうございます。アイスカルフ? 誰? って人もたくさんいると思うのですが、ぜひこれを機に興味を持っていただけると嬉しいです。それといつも応援してくれるみんな、ありがとう! 2019年、アイスカルフをどうぞよろしくね。

RELEASE INFORMATION


icekarhu_jkt.jpg

1stミニ・アルバム
『DON'T WORRY BE HAPPY !』
NOW ON SALE
Apple Music Spotify

1st EP
『ICE CREAM』
2019.04.03 ON SALE
※TOWER RECORDS店舗限定リリース


LIVE INFORMATION


[1st.E.P "ICE CREAM" リリースパーティー]
4月21日(日)大阪 アメリカ村CLAPPER
OPEN 17:00 / START 17:30
※ゲスト・バンド後日発表
[チケット]
オール・スタンディング ¥2,000
■一般発売中
イープラス 手売りチケット予約(特典あり)