Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

2019年03月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

"Skream!"と"激ロック"を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。今月は、静と動を共存させ、音像を外へ発信させる4人組ロック・バンド"grumble grumble"、日常を飄々と綴り、血の通った文学的オルタナティヴ・ロックを奏でる男女3ピース"橙々"、新しくもどこか懐かしいポップ・ミュージックを歌う4人組"YMB"、衝動、憂鬱、青春を歌ったキャッチー且つ切ないメロディで観る者を魅了する"harue"。個性溢れる4組を要チェック!

grumble grumble

2015年に岡山にて結成。静と動を共存させ、音像を外へ発信させる4人組ロック・バンド。2016年12月、岡山CRAZYMAMA 2ndROOMで自主企画を開催し、2017年7月に1st EP『albino』を発表。2018年より"machioto"、"JOKAFES"、"でらロックフェスティバル"などサーキット・イベントに多数出演し入場規制となる。7月に1stミニ・アルバム『グリーフ』をリリースし、10月には「灰花」のMVを公開。癖になるメロディと独特の世界観で聴く者を惹きつける。


grumble grumble -『灰花』Music Video


橙々



2011年に京都にて結成。日常を飄々と綴り、血の通った文学的オルタナティヴ・ロックを男女混合の三声のハーモニーで奏でる。これまでに京都のインディーズ・レーベル"BACKSTAGE corporate"よりシングル4枚、アルバム1枚を発売。2017年、the band apart (naked)のワンマンのO.A.を務め、2018年にはavengers in sci-fi、LOST IN TIMEとのツーマンを行うなど、多様なアーティストとも共演している、今注目のライヴ・バンドである。


橙々 -摩天楼スヌーズ- 【Official Video】


YMB



2015年より大阪を中心に活動している、新しくもどこか懐かしいポップ・ミュージックを歌う4人組。引きこもって宅録をしていたyoshinao miyamoto(Gt/Vo)をいとっち(Ba/Vo)が外に連れ出して活動開始。様々なサポート・メンバーを迎え活動していたが、2019年より山口博生(Dr/Cho)、今井涼平(Gt/Cho)が加入し現体制となる。1月には、うまくいかない現実からの逃避願望を詰め込んだ1stミニ・アルバム『CITY』を発表。現在、リリース・ツアーを開催中。


YMB「city」


harue



2018年8月結成、千葉県銚子発のロック・バンド。円Do(Vo/Gt)の唯一無二の力強い歌声と、楽器隊の真向勝負なグルーヴとエモーショナルな演奏が特徴。青春パンクやギター・ロックを彷彿させるサウンド、衝動、憂鬱、青春を歌ったキャッチー且つ切ないメロディは観る者を魅了する。2019年2月に1stシングル『居場所』をリリースし、初のレコ発ミニ・ツアーを発表。初日の鹿嶋MUSICSHOP BOB公演はソールド・アウトを記録した。3月10日には下北沢LIVEHOLICでの東京公演を控えている。


harue - 居場所 (Music Video)

  • 1