Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES Vol.82

2022年09月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES Vol.82

Cleft Butt

Kamisado

pale diary

"Skream!"と"激ロック"を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。今月は、日常に寄り添う感情をきれいなメロディとドラマチックな楽曲に乗せて歌う3人組ピアノ・ポップ・バンド"aioi"、洋邦オルタナティヴ・ロックの影響を強く受けた楽曲が特徴の4ピース・バンド"Kamisado"、2022年6月に始動した東京発4ピース・ポップ・パンク・バンド"Cleft Butt"、"いつか忘れる思い出を"をテーマに活動している2021年結成の神奈川県発4人組バンド"pale diary"。個性溢れる4組を要チェック!

aioi

関西、東海、関東から集ったメンバーで2019年に結成した3人組ピアノ・ポップ・バンド。日常に寄り添う感情をきれいなメロディとドラマチックな楽曲に乗せて歌い上げ、聴いた人が少しでも前を向けるような音楽を届けている。1st EP収録の楽曲「X」は"どうせ、恋してしまうんだ。"(講談社)の公式イメージ・ソング・コンテストにて優秀賞を獲得。9月16日にバンド初となる企画ライヴを赤坂navey floorにて開催し、2nd EP『街にリンドウ』を同時発売予定。

aioi - Konjo (紺青)


Kamisado

2019年12月より都内にてライヴ活動を開始した4ピース・バンド。現在はサポート・ドラムを迎えて活動している。2022年6月に初の全国流通盤となる1stミニ・アルバム『our city dawning』をリリースした。'90s~'00sのロック・リヴァイヴァルやローファイ、パワー・ポップをはじめ、洋邦オルタナティヴ・ロックの影響を強く受けた楽曲が特徴。絡みを重視した2本のギターや、日本語詞を乗せつつも耳馴染みの良いメロディを持ち味とする。

Kamisado / オークワード (Music Video)


Cleft Butt

東京発4ピース・ポップ・パンク・バンド。ポップ・パンクのメロディを爽やかでキャッチーに仕上げ、イージーコアやヒップホップ要素を織り交ぜたサウンドを武器に2022年6月に始動し、1st EP『Hip Drop』をリリース。エンジニアに田浦 楽(SOUL JAPAN)を迎え、ヘヴィさとポップさを両立させた作品は耳の早いリスナーの間で注目を集める。9月9日に渋谷THE GAMEで初ライヴを行い、共催企画"Bootie Camp vol.1"を下北沢LIVEHOLICにて開催予定。

Cleft Butt - 19 (Official Music Video)


pale diary

2021年結成、神奈川県発4人組バンド。"いつか忘れる思い出を"をテーマに活動しており、現在「おやすみ」をはじめとした3つのシングルをデジタル/会場限定で販売中。眠れない夜を遠くに運ぶ歌詞、メロディと力強いサウンドが特徴。音楽より先にフィルム・カメラでの表現を行っていたnino(Vo/Gt)が、作詞作曲だけでなくCDジャケットやグッズなどのアートワークを担当。編曲はnao(Gt)を中心に幅広いジャンルのルーツを取り入れ制作している。

pale diary - おやすみ[Music Video]


  • 1