Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES Vol.75

2022年02月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES Vol.75

Paper moon Endroll

カワサキケイ

Official Site

マッドネスマンボウ

Official Site

"Skream!"と"激ロック"を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。今月は、1998年生まれ千葉県出身、作詞作曲から録音まですべてをひとりで行うアーティストの"カワサキケイ"、ストレートな8ビート、ロック好きなら誰もがハマるキャッチーな楽曲に、日本語と英語の混ざった歌詞が特徴的な"マッドネスマンボウ"、一度聴いたらクセになるメロディと、心掴まれるヴォーカルの声が魅力的なロック・バンド"Paper moon Endroll"、どこか懐かしい耳に残るメロディと言葉、力強くも繊細なサウンドを奏でる"qee"。個性溢れる4組を要チェック!

カワサキケイ

1998年生まれ、千葉県出身。作詞作曲から録音まですべてをひとりで行う。2020年12月、シャムキャッツが創設したレーベル"TETRA RECORDS"より初のフィジカルとなる1stアルバム『ゆらめき』をカセットテープにてリリース。これまでの繊細なタッチの弾き語りをバンド・サウンドへと発展させ、日常の機微を捉えた詩はそのままにその音楽性を深化させ続けている。

カワサキケイ - 瓶の花 (Official Music Video)


マッドネスマンボウ

2016年、千葉県で結成された3ピース・クラシック・パンク・ロック・バンド。ストレートな8ビートと、ロック好きなら誰もがハマるキャッチーな楽曲に、日本語と英語の混ざった歌詞が特徴的。2021年には"ROAD TO JAPAN JAM 2021"の優秀バンドとして選出され、"JAPAN JAM 2021"にオープニング・アクトとして出演した。12月に2ndシングル「Burning」を配信。今年6月にも新作のリリースが決定している。

マッドネスマンボウ-Burning (Official Music Video))


Paper moon Endroll

メンバーふたりとも2001年1月6日生まれ、茨城県水戸市出身。高校の同級生だった、ヨコスカアラタ(Vo/Gt)とヤマグチハルキ(Ba/Cho)を中心に結成。一度聴いたらクセになるメロディと、心掴まれるヴォーカルの声が魅力的なロック・バンド。2020年12月に初シングル『月面着陸』をリリース。2021年6月からライヴ活動を本格的に開始し、12月に2枚目のシングル「生活のなかで」を配信。現在は東京に拠点に置き、精力的にライヴ活動を行っている。

Paper moon Endroll - 生活のなかで (MusicVideo)


qee

2021年に結成された、伊藤トウイ(Vo/Gt)を中心とした3ピース・バンド。サポート・ドラムを迎え活動中。どこか懐かしい耳に残るメロディと言葉、力強くも繊細なサウンドは、聴くたびに色彩豊かな風景を広げてくれる。2021年12月には1stシングル「そよかぜ」を配信リリース。2022年からは東京を拠点に本格的にライヴ活動を開始。2月16日には下北沢LIVEHOLICにて開催される"好事の没頭vol.3"に出演する予定。

qee -『そよかぜ』(Official Music Video)


  • 1