Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

2019年08月号掲載

LIVEHOLIC presents PICK UP! ROOKIES

bed time sheep

Official Site

kaamos from tokyo

Official Site

しなだゆかり

Official Site

ヘクトーよるをまもる

Official Site

"Skream!"と"激ロック"を運営する激ロックエンタテインメントによるライヴハウス、下北沢LIVEHOLICが、多数の若手アーティストの中から厳選したこれからに期待するイチオシの4組を"PICK UP! ROOKIES"と題して紹介。今月は、唯一無二の"踊れるポップ"を構築する3ピース・エレクトロ・ポップ・バンド"kaamos from tokyo"、"眠れない夜"を切り取り歌う、大阪を中心に活動中の4人組ギター・ロック・バンド"bed time sheep"、温かく、熱く紡ぐ言葉を柔らかな歌声に乗せリスナーを元気にさせてくれるSSW"しなだゆかり"、90'sオルタナを匂わせるサウンドに、キャッチーで文学性のあるポップ・ソングを展開する"ヘクトーよるをまもる"。個性溢れる4組を要チェック!

kaamos from tokyo

カーモス(=極夜)を軸にした3ピース・エレクトロ・ポップ・バンド。ベースレスながら、シーケンスの重低音と、遊びの効いた上モノとビートで唯一無二の"踊れるポップ"を構築。クラブ・ミュージックなどを経由しつつ、ライヴではロック・バンドと対等な"熱さ"を追求する。em(Singer)がマニピュレーターも担い、シーケンスの上に生楽器を重ねるスタイルが主流。8月13日には下北沢LIVEHOLICで開催の"Scattered light vol.3"に出演する。


kaamos from tokyo - "C'mon" M/V


bed time sheep

2018年結成、4人組ギター・ロック・バンド。大阪を中心に活動中。誰もが経験する"眠れない夜"を切り取り、時には寄り添い、時には共に朝を迎えるようにと歌う。2019年4月にシングル『night owl』、8月に『cockcrow』をリリース。リリース・イベントを8月29日大阪ESAKA MUSEにて開催する。リリース・ツアー"Where is my Beckmann ?"では名古屋、福岡と、下北沢LIVEHOLICを巡り、ファイナルを大阪MUSEで行う。


bed time sheep - night owl ( Music Video )


しなだゆかり

大阪出身、在住の、今年で活動5周年を迎えるシンガー・ソングライター。温かく、そして熱く紡ぐ言葉を、柔らかな歌声、表情に乗せ、リスナーの背中を押し自然に元気にさせてくれる。11月21日に心斎橋Music Club JANUSで、初のフル・アルバム『縁-yukari-』のリリースを記念したワンマン・ライヴを開催する。またワンマンに向け10月3日、高田馬場四谷天窓にて東京での初主催企画も決定。関西のみならず、全国各地に活動のシーンを広げ勢力的に活動中。


しなだゆかり 『夢追い風』Official Music Video


ヘクトーよるをまもる

オサメタクロウ(Vo/Gt)を中心に、2018年東京にて結成。洋邦90'sオルタナティヴ・ロックを匂わせるサウンドに、キャッチー且つ文学性を孕んだポップ・ソングを展開する。2018年7月に1stミニ・アルバムを発表し、レコ発企画兼初ライヴを開催。2019年4月には初のMV「山椒魚」を発表した。現在8月4日まで実施している"BAYCAMP"出場をかけたオーディションに参加中。8月25日、下北沢LIVEHOLICとの共催企画"ヘクトー水色を革命する"を開催予定。


山椒魚 / ヘクトーよるをまもる 【MV】

  • 1