Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

2015年07月号掲載

【Skream!×MUSE音楽院特別企画】 アーティストSPECIAL講義

ドラマチックアラスカ

Official Site

夜の本気ダンス

Official Site

ヒジカタ:僕はthe pillowsっていうバンドに憧れて、ギターめっちゃ弾いてライヴしてたんですけど、それを言いまくってたら対バンさせていただく機会がありまして。バンドになったときに初めて合わせた曲もthe pillowsだったりして、そういう話をしたら"ほんとに?"って喜んでくれはって。で、とにかく僕はバンドを続けたいなって思って、昨年メンバーが離脱してるんですけど止まらずやってるし、続けて続けて時間が経って、"(ドラマチックアラスカに)憧れてバンド始めたんです"とか"ずっと好きでした"っていう、自分に憧れてバンドを始めてくれた人とかと大きいステージでやれたら嬉しいなって思います。続けるためには結果は必要だと思うし、頑張って続けます。

三原:フレデリックは4人の音楽性がバラバラで、こういうバンドが好きっていう話はしたことあるんですけど、こういう人たちになりたいよねっていう話を今までしたことがなくて。4人とも話を聞いたときに、このアーティストになりたいっていうのがなくて。それで活動してたんですけど、認めてくれる人が増えてきたときに、フレデリックはフレデリックのままでいいんやっていうことをすごく感じて。それがバンドとしてフレデリックっていうジャンルを作ってやろうじゃないかと。日本にフレデリックっていうジャンルがあって、フレデリックっぽいよねって言われるようなバンドになろうじゃないかと、武道館にも大阪城ホールにも立って行こうじゃないかというところを目指してやらせてもらってます。

質問者:ライヴをやるうえで大事にしていること、大切にしていることを教えてください。

三原:音源を聴くのとライヴを観にくるのって絶対違うと思うんですよね。音源は聴覚があって、ライヴは観て肌で感じられるっていうところで、すごく楽しいっていうものを提示したいし、ライヴハウスにいるお客さんひとりひとりの楽しい気持ちを一緒に共有して、俺たちが1番楽しんだうえでお客さんと楽しみたいなっていうのは常に感じてライヴをさせてもらってます。

ヒジカタ:僕らの日常とみんなの非日常ってギャップがあるじゃないですか。ライヴの30分間でみんなの非日常を僕らは作りたいから、そこにしかない空気を作らなきゃなと思ってやってます。

米田:僕はまず自分自身がライヴを楽しむっていうことでお客さんも楽しんでくれるんじゃないかなって考えてて、だからライヴ中に変な動きとか踊ったりしますけど、自分が踊れへんものでお客さんは踊れないんじゃないかって。だから"一緒に踊りませんか"って感じでやってるんですけど。ライヴ中は俺が1番やって言い聞かせて、例えば今回のツアーでも、ライヴ前はドラマチックアラスカよりフレデリックより俺らが1番やぞって思いながらやってます。

質問者:ライヴ前に必ずやること、ジンクスやゲン担ぎなどがあれば教えてください。

米田:僕らはベタなんですけど円陣を4人で組んで、"今日も落ち着いて楽しんでやっていきましょう"みたいな感じで"おいっ!"って言ってから行きます。これはどのライヴの前でも絶対にやって行きます。

ヒジカタ:それ入れてもらいましたね。ツアー初日の札幌で、1バンド目が夜の本気ダンスだったんですけど、フレデリック、ドラマチックアラスカ、夜の本気ダンスの全員でやりました。円陣いいですよね、憧れるんですけど自分が恥ずかしくてできなくて。個人的には栄養ドリンク一気飲みしてちょっとハイになってから出るっていう。毎回飲んでるから、耐性ついてそんなに効いてないんですけど、気持ち的に飲んでおかないとっていう。

三原:やるとしたら円陣ですかね。4人揃って"誰よりも楽しむぞ!"ってちゃんと声に出して、自分が今日のステージでやりたいことを"せーの、おい"ってときに言ってます。

質問者:3バンドでツアーを回り始めて、お互いのバンドでいいなってところや面白いところがあれば教えてください。

三原:夜の本気ダンスのドラムの鈴鹿君の間を恐れない感じ。

一同:(笑)

三原:何がすごいって、初めは鈴鹿君が自分の間で話して、"行こうぜ、お前らやったろうぜ"みたいなノリでみんなで面白いなって笑って見てるんやけど、ライヴの中盤にあるとみんな鈴鹿君みたいなノリになるねん。巻き込んでる感じというか、(自分らには)ないなって。

米田:たしかにフレデリックにああいうキャラはいない。

ヒジカタ:鈴鹿君って人は本当にすごいなってMC担当として尊敬してて。"鈴鹿君ってMCめっちゃ考えてるんですよね?"って聞いたら"いや、何も考えてない。その場、その場。"って(笑)。

三原:前の札幌の打ち上げでは、"もっとこの3バンドと楽しむために俺にヤジを飛ばして欲しい"って言ってた。

一同:(笑)

ヒジカタ:言ってた言ってた!"このツアーに足りないものはヤジ"って(笑)。対バンで回ることでの面白いことですよね? 鈴鹿君の話じゃなくて(笑)。

米田:俺らはライヴ終わったら反省とかしぃひんけど、(フレデリックとドラマチックアラスカは)結構技術的な面とかで反省せぇへん? 俺らって、"あそこのMCダメだったな"とかMCの反省会が始まる。

ヒジカタ:僕らは忘れないうちに、打ち上げとかなったら楽しくなっちゃうから、楽しくなる前にしんどいことを先にやります。覚えてるうちに今日のライヴの失敗したところとかを先に言うっていう。それは僕らの新しい仮メンバーの爆弾ジョニーから来たスーパー・サブカル男(ロマンチック☆安田/Gt)が課題とかをメモとかで残したりするところを見て、盛んになりましたかね。

三原:これは三原家の親父からの教えやねんけど、"失敗のときの反省はもちろんするべき、成功したときの反省をしなさい"って。良かったときの反省ってしないことが多いから、それをやったらもっと成功の可能性が増えていくから、それこそ良かったライヴほど反省をしていけっていう教えでやらせてもらってる――たぶんこれ以上話しても鈴鹿の話しか出てこないので......これから残り6ヶ所、普段の30分の対バンでは観れないものがツアーだったら絶対起こるんで、例えば広島のドラマチックアラスカ、夜の本気ダンスだったり、福岡のフレデリックであったりというのは、ほんまに景色も違うしお客さんの層が違うから、自分らが対バンでやったことのない曲をやってくれたりすることもあるし、その中でバンドのいいところも新たに見せていきたいと思います。よろしくお願いします。